2014年10月25日 (土)

SHIZUKA5

 秋の穏やかな空気が漂う中、初日を終了致しました。横浜トリエンナーレ中のBankARTは常に様々な作品を見る人の往来があり芸術と名がつく多種のイベントが行われています。例えば下記。
Photo
 精進料理教室が1Fで行われていました。胡麻豆腐作りに参加したかったですが、まさかそんな余裕はありませんでした。

1

 という訳で、出来立ての胡麻豆腐をデリバリーしてもらいました。紙コップでしたが、中には美しく茶巾絞りの形をした程よい堅さの胡麻豆腐が鎮座していました。左から木野彩子さん(ダンス)古矢涼子さん(照明オペレーション)悲しそうに海を見つめる人。

2
 夕焼け。明日もお天気が良さそうです。
皆様にお会いできる事を心より楽しみにしております。

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

SHIZUKA4

10月23日(木)
 木野さんとビデオの中川さんから送られてきた映像を見て音楽の長さのチェック。それ以外にも私の靴の音が気になる等、注意する点が多かったので本番は黒のスニーカーにしようと思いました。

Photo
 美容院で少々カット。本当はこの後、松永先生のところへ伺って上半身の関節を緩めてもらい、眉や顔も整えて頂く予定でしたが、打ち合わせが目白押しで断念。キャンセルの連絡をするとお優しいメールの返信が。お言葉の裏に「仕事しすぎるな〜!」の先生のお声が聞こえてくるようでした。

Photo_2

 公園通りクラシックスにてトッド・ニコルソンさん(b)、太田恵資さん(vln)、田中徳崇さん(ds)の公開レコーディングがトッドさんの帰国直前に急遽行われる事になり、駆けつけました。録音するとあって通常のライヴでは見られないメンバーの位置。
 演奏は素晴らしい、の一言でした。私はよく独自のサウンドという言葉を使いますが、独自の音楽というべき内容でした。この編成で独自のスタイルを築くのはとても難しい事と思いますが、それができてしまうのはメンバー3人の音楽性によるものです。互いの音の意味を熟知しており、それらの音をどう進行させていくかの阿吽のやりとりは、こういう凄い人たちにしかできない技です。トッドがニューヨークへ帰ってもぜひ活動を継続させて欲しいです。

Photo_3
 そして本日!お天気も良いし、目と耳を楽しませにお越し下さいませ。

| | コメント (0)

2014年10月23日 (木)

SHIZUKA3

 この「静SHIZUKA」という作品に限らず照明デザインも木野作品の重要な位置づけになっています。という事で、リハーサルは完全に日が落ちた午後8時から始まりました。

1
2
同じフロアのトイレ内にある黒田大祐さんの作品。ものすごい数の扇風機が動いています。首を振る時のカチッカチッという音も音楽のように聴こえます。

3_2
鍵盤が美しいです。触ってはいけないそうですが、ちょっとばかり音が気になって弾いてみました。もっと鈍い音がすると思っていましたが普通にピアノと認識できる音でした。
4
青田真也さんの作品。気が遠くなる様な作業の連続だった事と思います。

 という事でダンス公演以外も、いろいろ楽しめる企画です。どうぞ、皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0)

«SHIZUKA2