2018年5月19日 (土)

稽古風景さまざま

 愛知で私が東京では小山がレッスンをしていました。

Photo_3

 みあかちゃん。「先生の子供何歳?」と尋ねられ「ごめん。いないんだよね。」と私。「そうか〜、ドッヂボールのメンバーが足りないから入ってもらおうと思ったんだけどな〜」と。可愛いです。
Photo_5
 安井七緒子さん。17絃箏を弾くようになったら箏の音がさらに
しっかりしてきました。
Photo_6
 有菜ちゃん。勉強会は立って弾けばばっちりです。
Photo_7

 宗一郎くん。「花筏」の前に即興演奏をします。
テンポをキープしたりアウトにしたり意図的な演奏に驚きました。


|

2018年5月14日 (月)

さまざま

Photo

 クリストファー・ハーディー(per)さん、来宅。
来訪して下さった方で初めてこのお菓子のブランドをご存知でした。しかも、とても喜んでいただけて良かったです。
 クリスさんはMarkとバーガー談義が止まりませんでした。カープ、映画、そしてもちろん音楽。固有名詞と年月日の情報になかなかついていけません。
 

 このところは本当にミーティング続き。会話の大切さを痛感。
ひとちゃんは、作業の連続。そのやる気に私も背中を押されています。

Photo_2
  Katさんがニューヨークから帰ってきました。教室が華やかになります。

 勉強会が近いのでみんなで読み合わせ。中島衣美さんはデビュー戦なので軽い任務。芝くん、力仕事を頑張ってもらいたいです。

Photo_3
 そして5月23日はこちら。パクヤンさんはインサイドピアノでの演奏が多いので、弦楽器のデュオのようになるのではないでしょうか。
楽しみです。

|

2018年5月 9日 (水)

打ち合わせ

 昨日、本日。パスポートを更新などの事務、打ち合わせの連続。成城学園スタジオQ藝術。Photo

 渋谷 Mary Jane。都市開発のため今年10月にいよいよ閉店です。Markは39年通い、人生と共にあるジャズ喫茶ではないでしょうか。跡形もなく街自体が変貌する。空恐ろしいです。
2
3
 美味しぎるパンナコッタ。苺のソースがもう〜〜〜!!
この美味しさにも期限があるなんて。渋谷なのに渋谷とは思えないちょっと重い雰囲気。通い続けている人には無くなてはならない店でしょう。

 その客層の中にあって私は、最も明るい珍品種の人間だったでしょう。
 お時間のある方々は、是非足を運んで頂きたいです。2020の残酷。ここに集った魂はどこへ行けばよいのだろう。

Photo_3

|

«パクヤン・ラウさんとデュオ