2014年10月30日 (木)

Dave Miller Tokyo Night Owl Trio&道場

 さて、私の次のLIVEは11月5日(水)Dave Millerさん(ds)と天田透さん(fl,afl,bfl,cbfl)とのトリオで千葉県稲毛市のCandyです。Daveさんはニューヨークで活動を続けているドラマーで「ペットボトル人間」のメンバーでもあります。昨年の「せんがわジャズ2013」で初めてお会いしました。その後、来日した折に私のLIVEを聴きに来て下さったりしていましたが、その時から彼は私と天田透さんとトリオをしたい、と言っていました。私は天田さんの事をあまり知らなかったので共演歴のある今堀恒雄さん(g)から聞いた事などを参考に彼の音楽を少々、聴きヨーロッパを中心に活動なさっている事などを知りました。

 チラシにコントラバスフルートも記されています。本当にあの巨大な楽器を運んでいらっしゃるのでしょうか。コントラバスフルートと言うと見た目が楽器というよりは装置とか工場。そしてドラムスのDaveさん、私の楽器は冗談でもコンパクトとは言えません。場所はLIVE HOUSEというよりは普段はジャズを聴くバーですから広くはありません。2面は入らないから前半と後半で楽器を入れ替えようかな、と思っていたらアメリカ出国直前のDaveさんから楽譜が届きました。テンポが速く変拍子の部分もあり作れない音もあるやるき満々の長い曲でした。私も彼の気持ちに答えようと楽しみながら自分用の楽譜に書き直しています。大きな楽器ばかりなので、その波動だけで臨場感極まりないLIVE。是非、お越し下さいませ。

Candy
Dave_miller
photo:  Peter Gannushkin
 さて、その翌日は本田珠也さん(ds)と「道場」です。こちらは掛け値無しに、ものすごい臨場感です。下北沢APOLLOです。狭いので入ったら途中では出にくいです。いつもの怒濤のスウィングはもちろん、個人的には次のアルバムを見据えた今までとは違うアプローチを珠也さんにして見ようと思っています。是非、お越し下さいませ。
Photo_2

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

Long Day

6
午前6時30分
8
午前8時お茶の水へ。そして午後また永田町へ戻り。
Photo
旧 李子王家邸。李氏朝鮮の歴代国王を出した家柄とはいえ赤坂のど真ん中にこの様なお宅があったとは。感慨深いです。

Photo

旧赤プリの隣にある森の中を抜けて紀尾井町へ。
Photo_2
2

 夜、六本木スーパー・デラックスでイ・オキュンさん(cello)と。(リーと発音するのは中国読みだから違うらしい。)オキュンさんはジム・オルークさん(エレクトロニクス)とデュオでした。かたくなにアコースティックにこだわるオキュンさん。こだわるだけあってエフェクトで出す様な音も弓と指のみで実現。しかもすごいスピード。「あの人は、全然発展していない。だめだ。」と人の音楽について言いきるだけあって以前とは違う音色、音楽を獲得していました。身が引き締まります。  しかし、長い一日でした。
   

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

SHIZUKA6〜CDジャーナル取材

10月25日(土)
 BankARTにお越し下さいました皆様、ありがとうございました。現代アート作品を身近に見る事もでき、リハーサルを含め充実した日々でした。写真はひとちゃんによるものです。

1
2
映像作家の中川泰伸さん
3

ひとちゃんが撮ると空の色も美しい。

10月26日(日)
 午前中レッスン。 

Photo
 まゆみちゃんは山本邦山作曲「上無」を合格していきました。着々と腕を上げています。

Syuzai
 その後、渋谷メアリージェーンにて『CDジャーナル』誌の取材。音楽評論家の松山晋也さんと、本田珠也さん(ds)と。松山さんは私が以前、話した事を覚えていて下さったり、的確な質問の仕方に評論家としての仕事の丁寧さに感動しました。改めて珠也さんの心情を聞く事もでき、充実した一時でした。

| | コメント (0)

«SHIZUKA5