2017年2月23日 (木)

第13回 八木美知依箏曲研究室演奏会 5

 1月に大阪浄願寺で須川さんがお寺から頂いた箏2面。

1面はくり甲でしたが保管されていた漆塗りの桐箱から出しておいたら数時間後に乾燥で裏板がぱっくり開いてしまいました。かなり強烈なバキッ!という音がしリハーサル中でしたが皆さん、気づいたほどです。その楽器を東京に持ち帰り琴光堂さんに尋ねて私とMarkで応急処置。木工用ボンドを使い箏全体をロープで壊れるのではないかと思うほどの力でしばり、裏板側にピアノ椅子とエヘクトボードで重し。ダメでもともと、というつもりでやってみましたが、なんとこの楽器壊れず表と裏がくっついたんです。

 その後、琴光堂さんに持って行ってもらい糸締めとさらなる修理をして頂きました。皆さんの周りでも乾燥などで裏板が外れてしまった楽器は修理をすれば演奏が可能ですからどうぞお近くの楽器屋さんに相談してみてください。修理費を支払いのはもったいない、という事であれば、いつでも修理方法をお教えします。が、まずは絶対に女性では無理だと思います。男性の力が必要です。楽器によっては壊れる可能性もありますが、それでもよろしければいつでもご連絡くださいませ。どんな楽器であっても弾いてこそ価値がありますから。

 さて、八木美知依箏曲研究室演奏会のチラシは松浦このみ(朗読)さんにご紹介いただいた方にいつもお願いしています。

その大村幸代さんの作品。

Images
Unknown
 関根勤さんのカンコンキンシアターのインパクトばっちりのものから。

永遠の名作。お菓子のヨックモック。

Sim

ヨックモックの紙袋のデザインもされているそうです。


この振り幅。私の世界観にぴったりです。

今回は、薄紫で裏に出演者のプロフィールも入れます。

高橋が今頃、文字情報を送っている事と思います。
楽しみです。

 また、今回に限り日本を代表する箏、三味線の楽器屋さん。琴光堂さんにステージを助けていただく事にしました。あとは肝心の音楽ですね。私も張り切って指導と演奏をしたいと思っています。


 さて今週末はこちら!
16836541_10212112360349294_38613455
 このトリオ。実は初共演です。

とても楽しみです。皆様、是非いらしてください。



|

2017年2月21日 (火)

第13回 八木美知依箏曲研究室演奏会 4

 愛知県では連日、高橋と打ち合わせ。いよいよ現実味が帯びてきました。

Photo

 東海市芸術劇場まで届けて下さるお弁当屋さんを試食。500円です。家の会ではいつもより少々奮発しているそうです。ベジタリアンさんは当日、係と一緒に隣接されているスーパーへ買いに行ってもらいます。
Photo_2
 梨桜ちゃん、毎日頑張っているそうです。
Jp

東京ではひとちゃんが有菜ちゃんのレッスン。
16831922_1464513500239208_580319806
16830866_1464513450239213_528062557


Photo_3

 そうちゃん。押し手のピッチが気に入らないと決まるまでやり直し続けるそうです。次回、私のレッスンが楽しみです。


さて、今週末は楽しみな強力トリオ!

是非、お越し下さいませ。

16836541_10212112360349294_38613455

2月25日(土)

八木・坂田・須川トリオ

八木美知依(17弦箏、21絃箏)、坂田明(s)、須川崇志(b)
会場: アケタの店 telephone 03-3395-9507
開場: 19時30分〜、開演: 20時〜
料金: 3,000円(1ドリンク付き)


|

2017年2月19日 (日)

海流 常滑レッスン

Photo

 皆さん、スティックのコントロールがとても上手いです。

2
 低音の迫力が我が教室の魅力の一つです。

|

«第13回 八木美知依箏曲研究室演奏会 3