« 20ヘルツ〜18000ヘルツ | トップページ | 壷井彰久さんとデュオ »

2007年6月30日 (土)

密息

6月28日(木)
 密息とは、日本人が帯を腰に締め、着物を身につけていた時代に誰もがしていた日本独特の呼吸法の事です。
この密息の講座を聞きに朝日カルチャーセンターへ行きました。
 講師は私と共演歴の長い尺八の中村明一氏。米川裕枝さんの地唄の演奏と橘芳慧さんの舞が実技として拝見できました。とはいえホールではなくいわゆるカルチャースクールの教室での実技ですから、間近で見聴きする事ができ、あらためて日本の伝統芸能の素晴らしさを体験できました。
 日本の伝統音楽は輸入文化の宝庫で、そのあいまいな土壌の上に成り立っており、私は「日本独自の文化」という確信を持ちにくいまま古典を演奏・教授し、今日に至っていました。ところが、国土の75%が山岳地帯という我が国で発達したこの密息という呼吸法を知り、これが日本の伝統芸能の底辺にあった為、箏の絃が中国のように雑音が少ないスチール絃に変わらなかった事や、関東と関西の半音の音程感が違ったまま現代に残っている事など、自分の知識とそれに付随した疑問と答えが結びつき、なおさら日本音楽の神秘に魅了されました。
 しかもこの呼吸法を学び、一時でも身につくと、不思議な事に自分が自然の中の一つの物体の様なありようで、まわりの音にとても敏感になれるのです。ですから、小さな音の変化を楽しんだり驚いたりできるのです。
 日常において呼吸するという事はあまりにも当たり前の動作で考えもしませんでしたが、約2時間にわたって実践し講義を聞いた事によって、体の中の酸素が全部入れ替わったような感じがしました。これからもこの感覚は忘れずにいたいと思っています。

写真は最近購入したマイナスイオンを放出するらしいサンスベリア。

私の次のLIVEは下記です:

7月8日(日)
午後7時開場、8時開演
東京、大泉学園「In "F"」
八木美知依(箏)+ 壷井彰久(ヴァイオリン)
2800円 + ドリンク代
 是非お越し下さいませ。

2007_0630_004

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 密息:

コメント

コメントを書く






« 20ヘルツ〜18000ヘルツ | トップページ | 壷井彰久さんとデュオ »