« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月 9日 (月)

壷井彰久さんとデュオ

 昨夜、大泉学園インFにお越し下さいました皆様、ありがとうございました。体調が万全ではなかったので、少々不安ではありましたが、本番前に共演の壷井彰久さん(ヴァイオリン)とリハーサルを重ねていくうちにアドレナリンがぐわ〜っと出てきたのでしょうか。周囲が明るくなり、アドリブのアイデアもどんどん出てきました。
 もちろん彼の演奏と音楽が素晴らしい事は言うまでもありません。
 私の曲「Rouge」、「Bicycle Ride」、「MZN3」での壷井さんのソロはとてもカッコよかったし、「First Greeting」を始めとする彼の曲はロマンチックだけどそれだけでは終わらない魅力がそこかしこにありました。
 また是非ご一緒したいです。

 さて、私の次のLIVEは来月になります。

8月9日(木)午後7時開場、7時30分開演
東京、渋谷「公園通りクラシックス」
八木美知依(17絃箏、20絃箏)+ 加藤文子(ダンス)+ 秋山徹次(ギター)
3000円(1ドリンク付)

 ダンサーの加藤文子さんと始めてお会いしてから4年になります。3年前から夏目漱石の『夢十夜』をテーマにダンスと音楽の共同プロジェクトを始め、3回公演をしましたが、コンサートの準備期間と本番しかお会いしないのに、人間て不思議ですね。何故か家族の様な間柄です。
  
 感情豊で慈愛に満ちた彼女のダンスは知的で構成力に富んだものです。
 今回の作品は『夢十夜』ではありませんが、十夜のうち第五夜の為に書いた曲をギターの秋山徹次さんと共に演奏する予定です。静かな熱い夜にしたいと思っています。
 お時間のある方は是非お越し下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »