« Chocolat Chaud | トップページ | 緊急ライヴ告知 »

2007年10月14日 (日)

おんがくのたね

 今月の29日、岐阜県多治見市文化会館の依頼により、笠原小学校と滝呂小学校の2校で公演を行います。

 将来を担う子供達に音楽家の生の演奏や話に触れてもらうという音楽体験の授業です。

 今回は、私が普段演奏しているオリジナル曲の他に、教科書に掲載されている「春の海」、そして皆さんが知っている曲をかっこよくアレンジしたものなど、独奏や箏のデュオで5曲演奏します。

 演奏と語りに加え、子供達にも少し楽器に触れてもらおう、な〜んて調子だと45分の公演はあっという間でしょうね。

 とても楽しみです。

 「春の海」は昔からよく弾いていますが、今回は2年前にワシントンのスミソニアン博物館で演奏して以来となります。久しぶりに練習をしました。

 CDではなく生の音楽に触れるという事は子供達にとって、いや大人にだってとても重要な機会だと思います。

 耳だけでなく、体全体で感じる音楽は、きっと様々な感覚を呼び覚まし、豊かさに通じるだろう、と信じています。
 
 これからも依頼があれば、このような公演をお引き受けしようと思っています。

 ご興味のある方は、気軽に下記までご連絡下さいませ:
idiolect@mac.com

Ontaneposter

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんがくのたね:

コメント

子供達に、音楽家の生の演奏に触れてもらおう
というこのプログラム、とても夢があって素敵だな
と思います。
保育園等で演奏させていただいた時の、子供達の
キラキラ輝いた瞳や笑顔、一緒に歌ってくれた歌声等、どれも私にとっての宝物です。
おんがくのたね・・・。音楽家と子供達との間での
たくさんの‘たね’のプレゼント交換の場所として、
どんどん拡がっていくといいなあ・・・と思います。

投稿: こーたろー | 2007年10月17日 (水) 09時37分

こーたろーさん
早速、書き込みをありがとうございました。
ほ〜んと、広がるといいですね。
こういった、教育が充実した社会になればキレル子供も大人も少なくなると思うのですよね。

投稿: ぴょんこ | 2007年10月17日 (水) 11時33分

コメントを書く






« Chocolat Chaud | トップページ | 緊急ライヴ告知 »