« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月14日 (木)

The Devil Plays DeVille

2月12日(月)
 『CHICAGO TENTET AT MOLDE 2007』(Okka Disk)を聴く。ペーター・ブロッツマン(s)がやっているバンドの新作、やっぱりすごい。
 夜、中目黒の楽屋で酒井俊(voc)とテリエ・イースングセット(perc)のセッションを見に行く。夫々の良さが出ており、素晴らしかったです。

2月13日(水)
 明日グラスゴーに飛びます。 結局、16日に控えた("Instal 08"での)3時間セッションで使うアンプはMarshallではなく、いつも使っているFender Hot Rodより大きいDeVille 212を20絃箏用に、Fendar Bassman 250を17絃箏用に借りる事にしました。3日間の音楽フェスティバルですが、日本人以外の出演者は殆どしらない方ばかりなので、自分が演奏するだけでなく、その人達の演奏を聴くのもとても楽しみです。

Brotzm_pete_atmolde20_101b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

Let's go everywhere!

2月4日(月)
 ステン・サンデル・トリオを聴きに新宿ピットインへ行きました。
 やはり昨夜とは全く違う内容でしたが、フリー・ジャズからフリー・インプロへ瞬時に3人で移行していく様は見事で何度も息を飲みました。
 しかし、それを聴いているうちに徐々に不安にかられたのも事実。というのも、4月1日からペーター・ブロッツマン(sax)、ポール・ニルセン・ラヴ(ds)とのトリオでノルウェー10都市ツアーが控えており、毎晩のようにこういった世界で第一線を築く音楽を作り上げている人達と共演するのかと思うと身が引き締まります。
 それにしても新宿ピットインはいつ行ってもその日のバンドの良さが出ており、聴く音としてちゃんとプロデュースされているところがいいですね。演奏場所の音を知るという事も、自分がどんな音楽をやるかという意味で重要な意味を示します。
 帰宅後、好きなバンドの一つ、IsisのライブDVDを見ました。彼らの映像を見るのは始めてでしたが、やっぱり、と言いましょうか。小さめの会場というせいもあってか、体をうねらせて演奏するギター勢がそれぞれ巨人に見えました。

2月5日(火)
 ポールが新宿のウルガで演奏するというので聴きに行きました(Paal Nilsen-Love + Kelly Churko + Government Alpha + Astro)。ここのところ、私は時間が許せばLIVE会場に足を運んでいます。次のアルバムのための準備でもありますが、やはり人間が能力のすべてを使って音楽を作る姿はその音楽がどんなジャンルのものであっても感動するからです。最近LIVEを聴きに行っていない方は、寒いこの時期だからこそ出かけて、眠っている細胞を起こしてあげましょう!
 さて、この日のポールも絶好調で、生きている証明を聴いた思いです。彼は一時、大病のため休暇をとっていましたが、そのときも強く明るく、そして回復した今は更に強く明るく、命ある限り演奏し続けるんだというけがれのない信念は聴いている人に力を与えます。
 うん、ノルウェー・ツアーだけでなく、ペーターやポールと一緒に演奏するのは人生勉強みたいなものなのです。

2月6日(水)
 今堀恒雄(g)さんと吉田達也(d)の最新デュオ・アルバム 『DOTS』が2月17日にリリースされます。
 以前、Doubt Musicの沼田社長から、彼らのミキシングやマスタリングへの力の入れ方に関して聞いていたので、どんなに濃厚で聴く方の体力を要するものかと思っていたら…と〜んでもありません。素晴らしい音の切れで、次々と押し寄せる音楽の波が痛快。かっこよすぎる作品です。
 もちろん濃厚ですが、その音は現代を拒否している濃さではなく、現代に息づく彼らの非凡さを象徴するものです。ホントかっこいい〜。全17曲、最も長い曲が8分50秒、あとは短めの曲が占めていますが、短かかったと思わせる曲は1曲もありません。下世話ではありますが、これで2,310円とはあまりにも安いです。

2月7日(木)
 来週、Instal 08というフェスティヴァルに出演するためスコットランドに飛びます。ソロ公演に加え、8名による3時間の即興音楽プロジェクト“Energy Births Form”に参加します。
 現地で借りるアンプはもしかするとマーシャルのスタック(20絃用にMode Four、17絃用にMB4410)…えッ!私よりも大きなアンプ?キッスか、ジェフ・ベックか。ひたすら大音量を出すつもりはありませんが、万が一という事もあるので。
 空港で耳栓を購入しなければ。

2月8日(金)
 本日から本田珠也さんが新宿ピットインで"2 Days"を開催。初日は大友良英(g)さんとデュオ。大友さんの音はどれも美しく、珠也さんのシンバルを始めとした音の粒子が会場中をうめつくし、素晴らしかったです。
 帰宅後、私にとってはエレクトリック・マサダでの活躍で有名なジョン・メデスキー(key)、そしてビリー・マーティン(ds)、クリス・ウッド(b)のトリオ、MMWの最新作『Let's Go Everywhere』を聴いてみる。
 何と子供向けの作品で、実際にメンバーの子供等も一緒に歌ったりしており、可愛くて仕方がない。でも、可愛らしいだけではない。複雑であり知性と美しさに溢れています。傷ついた大人向け。

2月9日(土)
 今日もまた雪。
 出かけるのがちょっと心配でしたが、結局、車で新宿ピットインへ本田珠也さんの2日目、Elvin Jones Tribute Bandを聴きに行きました。
 面白かった〜。本田さんはもちろん素晴らしいですが、荒巻茂雄さんのベースも《低音の帝王》という感じですごく良かったです。

2月10日(日)
 You Tubeで友人シェティル・メステル(sax)の貴重な映像を見つけました。彼は一昨年、トロンハイム・ジャズ・オーケストラやMZN3のメンバーとして来日を果たしましたが、他にも多数のバンドに参加しています。そんな中の一つ、Datarockの映像。メンバー全員、上下赤のジャージを着て演奏。シェティルはサングラスをかけ、マラカスを振りながらご機嫌に歌っていました。本当に彼なのか半信半疑でしたが、そのうち上半身裸になってサックスを吹き出し、そのでかくて野太い音は正にシェティルでした。
 笑い転げてしまいました。元気そうでなにより。

Isis
Dots
Mmw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

ステン・サンデル・トリオ 箏の次第レビュー

 寒がりなうえ風邪をひきやすい私の防寒対策はいつも念入りで、外出先で暑い思いをする事がしばしば。昨夜も六本木スーパー・デラックスに出かけるため、体にはカイロを貼り、保温効果が高く汗のむれを防止する下着を着込み、ハイネックのセーター、ダウンコート、毛糸の帽子と手袋、マフラーという出で立ちでしたが、最寄りの電車に乗ったその瞬間から恥ずかしい気持ちになりました。
 外は雪が積もってしんしんとしているのに、人間って結構薄着で外へ出かけるのだな、と実感した次第です。
 さて、昨夜の演奏ですが、とても良かったですね。
 ステンのピアノは点と点を繋ぐモノフォニックなものであったり、楽器を手で叩きそれに近い音で鍵盤と呼応させたり、声明ともホーメイともつかない声を出したりと、前半の殆どはハーモニーから遠ざかった演奏でした。しかし、それは現代音楽が根底にあるといった彼のバックグラウンドを感じさせるものでもない、彼独自の音であり、そこに私は一番感心しました。
 世界規模の交流が著しい現代で、異なった国の人達でバンドを組むという事はごく当たり前です。私のような楽器でさえ、他のアジアの楽器の人達だけでなく様々な国の人達からとバンドを組まないかという持ちかけは結構あります。とはいえ、表面上の各国の文化交流といった時代は遠い昔に終わっていて、自分自身は何者であるかというしっかりした音楽をもっていないことには何も起こらないと思います。そういった意味でステンの演奏は感動的でした。
 ポール・ニルセン・ラヴ(ds)。彼とはバンドをやっていて、昨年はヨーロッパ・ツアーまでした仲なので充分知っているつもりでしたが、毎回毎回いい意味で裏切られます。ステン・サンデルの上記の様なアプローチの中、ステンの音楽を実現する為の耳と能力を十二分に発揮していました。ポールの最大の魅力は音の瑞々しさとでもいうのでしょうか、「ピチピチして生きている」というエネルギーに満ちあふれている事でしょう。共演している時もそのオーラが隣の私に押し寄せて来て、隠れていた自分の力を引き出してもらったり、考えもつかなかった音楽を一緒に作って行けます。このような体験をすると、もう何も食べなくてもこれだけで生きていける、というような充実感でいっぱいになり、足の先から頭のてっぺんの細胞すべてが呼吸をしているような感覚になり、でも結局すごくお腹がすいてよ〜く食べる事になります。(笑)
 ちょっとはずれてしまいましたが、このポール・ニルセン・ラヴというジャンルにはかなわないな〜、と脱帽の夜でした。
 さて、今夜は新宿PIT INN。多分昨夜とは全く違う内容になるでしょう。明後日は京都でも公演するそうです。研ぎすまされたい方は、是非足をお運び下さい。

2月4日(月)
東京・新宿ピットイン
http://www.pit-inn.com
開場 19:30、開演 20:00
前売 3500円、当日 4000円(共に1ドリンク付き)

2月6日(水)
京都・カフェアアンデパンダン
http://www.cafe-independants.com
http://parallaxrecords.jp
開場 19:00、開演 19:30
Loupe Vol. 4/出演: Sten Sandell Trio、Jazkamer、Justice Yeldham (Lucas Abela)、Jojo 広重 + Culpis
チャージ: 3000yen(1ドリンク付)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

ステン・サンデル・トリオ 箏の次第レビュー

 大雪の東京、出かけるには少々身が引き締まりますが、今夜六本木スーパー・デラックスでスウェーデンのピアニスト、ステン・サンデルの初来日ライブがあります。
 所謂ジャズとは全く異なる世界観を持つ彼のトリオの根底にはクラシックやクセナキスやジョン・ケージ等に影響を受けた現代音楽があります。
 昨夜、彼と少々話しをしましたが、4ビートの感覚を身につけたのはその後だとうかがいました。
 北欧では有名な彼も日本ではこれからでしょう。
 とはいえ、才能ある彼にスウェーデン政府が協力し初LIVEとなりました。
めったにないチャンスですので、めったにない大雪の日に出かけられては如何でしょう。
 きっと印象的な一夜になること間違いありません。
明日は新宿PIT INNで演奏します。
2月3日(日)
東京・六本木スーパーデラックス
http://www.super-deluxe.com
開場 19:00、開演 19:30
前売 3500円、当日 4000円(共に1ドリンク付き)

2月4日(月)
東京・新宿ピットイン
http://www.pit-inn.com
開場 19:30、開演 20:00
前売 3500円、当日 4000円(共に1ドリンク付き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »