« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月10日 (月)

Rain

 雨が降っています。私は、幼い頃から雨の日が大好きです。
 雨の音や、窓から見る外の景色は飽きないですね。

3月9日(日)
 昨日作った箏爪を使って、始めて個人レッスンをした若人3名チーム。あまりに上達が早いので、当初考えていたカリキュラムを変更しようかと思う程でした。終了後も地下のレッスン室は元気のオーラがいっぱいで、私自身の活力になりました。
 来週の渡米に向けて、ようやく主な詳細が決定しましたが、ニューヨークってやっぱりヴィレッジなのね〜。すでに音楽家の友人数名から、ニューヨークで演奏すると聞いたので会わないかというメールがきています。ネッド・ロセンバーグ(sax)からも連絡があり、時間があれば以前マーク・ドレッサー(b)とトリオでレコーディングした音源をミックスしようという話もあります。さすがにニューヨーク、無駄がありません。どこへ行っても友人がいるのは本当に嬉しいです。

3月10日(月)
 ニューヨークに3月16日(日)に出かけ24日(月)に帰国、愛知県で1公演し、その3日後にブロッツマン/八木/ニルセン・ラヴのノルウェー10都市ツアーが始まります。4月1日(火)〜12日(土)は移動/本番の繰り返し。7日と9日に休みがありましたが後者はレコーディング日になりました。また、13日(日)〜17日(火)はオスロでいくつかのレコーディングにゲスト参加する他、私もゲストを迎えて自分の曲の録音をする予定です。
 このツアーは、ノルウェー政府や共演者ポール・ニルセン・ラヴ(ds))のはからいで、ノルウェーで最も優秀なサウンド・エンジニアの1人であるアウドゥン・ストリーペ氏が初日から最終日までずっとついていて下さるので、優遇された状況でツアーができると言ってもいいでしょう。
 現在、ツアー中に限定販売するCDの制作作業もいよいよ架橋に入ってきていました。
 この限定CDとは、昨年のヨーロッパ・ツアーの最終日(ドイツ、ショーンドルフで)の演奏をポールが録音したものを、いつも忙しいジム・オルークが特に忙しい時期にもかかわらずミキシング/マスタリングを引き受けて下さり、CDジャケットデザインはペーター・ブロッツマン(sax)が担当。ペーターはカメラ好きで、時間があれば本を読んでいるか写真を撮っていますが、前回のツアー中も私の爪箱(ケルンで購入したチョコレートの缶を改造)を撮ったり、サンドイッチを食べているところを撮ったり、遊び心いっぱいの方で、その中の1枚をジャケットに採用。随分家内工業的作品ですが、なんだか贅沢な限定販売作品であるような気がしてきました。
 今のところ一般流通の予定はないので皆様にお見せできないのが残念ですが、今回のツアー中、スタジオに入ってサウンド的に完璧なものを1枚分レコーディングし、また、アウドゥンも全ギグを録音する予定なので、近いうちに少なくとも2枚の《正規盤》がリリースされると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

春一番

3月7日(金)
 渋谷アップリンクXで『すみれ人形』上映最終日の演目の一つとして、短い即興ソロを演奏しました。金子監督はさわやかで、初々しい風情が漂い、奥底のエネルギーを感じさせる方でした。映画自体はおぞましい怪奇映画かと思っていましたが、ホラーというよりはファンタジーで、映像がとても美しく、その色彩美にハッとする瞬間がしばしば。
 私は自分なりの感想を音にしました。

3月8日(土
 箏を始めて触るという3名の若人のレッスン。
 みんな筋が良く、あっという間に合奏もできました。箏を弾くための爪も作って帰りました。昨年、小学校の音楽公演に行った折「箏が日本の楽器だと初めて知った」という子供達を目の当たりにし、やはりプロとして演奏者を育成していくのも大事な仕事だと改めて自覚するようになりました。今日からスタートした生徒さんたちの人生が箏を通して少しでも豊かになれば、と心から願っている次第です。
 私は演奏家としての活動を優先しているので、レッスン日や時間は不定期となり、生徒さんには事前にアポイントをとってもらっています。そのような状況でもよろしければ、題名を「レッスンについて」と記してお気軽にメールして下さい。場所は東京都内です。
 また、私の郷里、愛知県常滑市では月4回制のレッスンをしております。こちらでは月に1度の私のレッスン以外は、私の優秀なスタッフが親切丁寧に指導しております。電話は0569-34-5127(八木美知依箏曲研究室)、メールでの問合せもOKです。
 さあ、春です!お箏を始めましょう!

 さて、以前も書きましたが、ニューヨークで『春一番』というフェスティヴァルに出演します。詳細をやっと皆様にお伝えできる事となりました。
• 3月18日(火) 八木美知依ソロ+デュオ w/ Elliott Sharp(guitar)
• 3月21日(金) 八木美知依ソロ+デュオ w/ Raz Mesinai (percussion & electronics)
 場所はイーストサイドの新しいクラブ「Drom」。エリオットとは久しぶりの共演になります。ラズ・メシナイとは初共演。いろいろと東奔西走して協力して下さっている皆様に心から感謝し、この公演を楽しく意義あるものにしたいと思っています。なかなか聴く事ができないセッションなので、是非多くの皆様に聴いて頂ければと思っています。

Michiyoelliott
エリオットと。

Mesinaiportraitlargefile
ラズと彼の最新作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

すみれ人形

 突然ですが明日3月7日、渋谷アップリンクXにて金子雅和監督作『すみれ人形』のレイトショー上映直後、短いソロ演奏をする事になりました。最終日なので金子監督らのトークや舞台挨拶も予定されています。是非お越し下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

Brave New Music

 久しぶりの書き込みとなってしまいました。季節はやはり春に向かっていると感じる今日この頃です。私のこのページも芽吹いた感じで、とても素敵になりました。担当して下さったニフティの方々にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

2月14日(月)
 St. Valentine's Dayのこの日、100kgの荷物と共に成田空港からスコットランドへ出発。

2月15日(火)
 INSTALというこのフェスティヴァルはサブタイトルが"Brave New Music"(勇敢で新しい音楽)とあるように、日本では考えられないほど実験的(例えばチューバ奏者が少しずつベルに砂を入れてピッチを微妙に変えて行き、最後には音が出なくなるという演奏)。様々なコンサートが昔の汽車倉庫(The Arches)や印刷工場(Stereo)を再利用した素敵な会場で行われました。The Archesというクラブでは、会場をさらにいくつかに区切り、聴衆が移動して次々とコンサートを聴いていくというスタイルでした。
 この日、私はStereoでソロ演奏。こんなに意欲的な試みが多い中に入ると、普段はかなり過激な演奏法をしている自分が何だかフツーに思えます。聴衆の方々が音階や進行やハーモニーに退屈してしまうのではないか、と少々不安でしたが、演奏終了後の喝采にほっと一安心しました。
 初日の公演の滑り出しが良いと、明日への活力にもなります。

2月16日(水)
 9人で3時間の即興演奏、というプロジェクト"Energy Births Form"に参加。
 内容はともかく、この大音量はちょっと慣れません。私のみのサウンドチェックでさえ、エンジニアが耳栓をして対応しているほどです。
 耳栓をしなくてはいけないほど箏の音を大きく出したというだけで世界始めての試みではないでしょうか。
 とはいえ、こういった機会でしかお会いできない(フリー・ジャズの生き字引)アラン・シルヴァ(b)さん〔写真1〕を始め、多くの人達と出会えた事は本当に嬉しい。
 ドラマーのベン・ホールさんとはいつかまた共演するような気がしました。

2月17日(木)
 友人でサックス奏者のレイモンド・マクドナルド教授〔写真2〕と遅めのランチ。以前ピアニストの藤井郷子さんの紹介で彼のプロジェクトに参加しましたが、現在郷里のここグラスゴーで、地元グラスゴー・カレドニアン大学で教鞭をとりながら独自の音楽活動をしています。私の出演した2日間とも足を運んで下さり、感想を聞きました。まぁ、こういった席であまり悪く言う人もいないと思いますが、世界中どこへ行っても友達がいて、考えを共有できたり、話し合えたりできるのはとても幸せだと思っていますし自分の考えを貫く勇気ももらいます。ただ、風邪をひいてしまい、ビールを飲む事を控えましたが、乾杯を地ビールArranで。ムール貝とスモークした鰻が入ったチャウダーやmince 'n' tattiesと呼ばれるスコットランドのひき肉のおふくろ料理。どれもおいしく、演奏後の疲れた体のご褒美でした。

2月20日(日)
 代官山のレストラン、プティ・ブドンにてイギリス在住の作曲家、高野敬子さんとランチ。
 一仕事終えたという事もあり、シャンパンで乾杯。ウサギのテリーヌ、ホウボウのムニエル、デザート3種、コーヒー。
 地下ながら、地上の日差しが取り入れられたこの明るすぎない空間が大好きです。マネージャーのパトリック・パッションさんの人情味溢れるもてなしに、しばしくつろぎました。

2月29日(金)
 イギリスの『Songlines』というワールド・ミュージック系の雑誌社から《世界の演奏家オールスター50人》に選ばれた、と連絡がありました。パコ・デ・ルシア(g)、トニー・アレン(ds)、ラヴィ・シャンカール(シタール)、ザキール・フセイン(タブラ)といった方々を含むリストに自分も名を列ねているなんてちょっと信じられません。とても光栄です。

3月1日(土)
 新大久保「Earthdom」にて吉田達也さんとデュオ。
 30分という短いセッションでしたが、とても楽しかったです。即興をするという事は、イメージした音型や全体のサウンドが自分の何かしらの技術で瞬時に再現できなくてはならないので、手のウォーミングアップをしてから出かけました。ピアノで言えば、「ハノン」を15分、といったところでしょうか。
 私はドラマーとのセッションが意外と多く、夫々の方と夫々違ったサウンドを作る事を理想としています。吉田さんとは無理なく簡単に2人独自のサウンドができたように感じました。
機会があれば一緒にスタジオに入り、素敵な1枚のアルバムを作りたい、なんて(勝手に?)思いました。

3月2日(日)
 上記音楽雑誌『Songlines』が選んだ50人によるAllstar Orchestraを描いたイラストが3月号に載っているというので、見てみたらびっくり。私の姿は、まるで映画『カンフー・ハッスル』に登場する、琴から刃物を飛ばす殺し屋みたい!
 このイラストを見ていると、サウンドチェックだけでも世にも不思議な音になりそうで、わくわくします。でも本当にこんな顔ぶれを集めたら、個性の激突で大変なことになりそうですが…

3月3日(月)
 ひな祭りなんですね。その話題と全く関係のない、私の次のLIVEの告知です。
 突然ですが3月18日(水)と21日(金)、ニューヨークのDROMというクラブに出演します。両日ともソロに加え、ゲストとのセッションも予定しています。どちらかの日はエリオット・シャープ(g)とのデュオ。もう1日のゲストはまだ決まっていません。ニューヨークってやはり凄いですね、候補が多すぎて、スタッフが調整中なのです。どなたになっても緊張感と楽しさでいっぱいの演奏になると期待しています。

Alan

RaymondInstal3_alan_silva_and_michiyo_yagi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »