« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

『Proletarian Meeting Vol. 16 at Kid Ailack Art Hall』

 昨日(6月29日)の演奏は秋山徹次さん(ギター)、田中悠美子さん(三味線)とのストリング・トリオでした。ちょっとセンチですが、昨晩といい、先日の内橋さんとのデュオといい、演奏している時に最も生きている実感が湧く今日この頃です。何もかも失ったとしても、こういった気持ちに支えられてこれからも生きて行けるのではないかと思っています。
 ところで悠美子さんとは本当に久しぶりでした。いろいろな意味で尊敬している音楽家の一人ですが、音楽を共有できて嬉しかったです。秋山さんの多彩な音色にも感動しました。

 さてさて、次の私の公演は下記のとおりです:

7月6日(日)正午開場・開演、午後4時終了予定
東京、お台場「東京カルチャーカルチャー」
『八木美知依の箏カフェ』
八木美知依(箏、20弦箏)、八木美知依箏アンサンブル
前売券: お抹茶 + お菓子付き 2300円(ほか飲食代別途必要)
問い合わせ: tcc@list.nifty.co.jp

 演奏、レクチャーや箏演奏体験コーナーもある参加型LIVEです。(早稲田大学での講演を除くと)しばらく即興が続いていましたが、この日は古典から私のオリジナル曲まで書き譜のものが中心です。久しぶりに箏アンサンブルも加わります。 一応午後4時までとなっていますが、たぶんもう少し早く終了すると思います。お天気も良さそうですし、日曜の午後はお台場で過ごされては如何でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

久しぶりの内橋さんとのデュオ

 安定したグルーヴの中の激しくも美しい語らい、とでもいいましょうか。どんな時も折り目正しい内橋さんのはからい、とても勉強になりました。また共演したいです。
 さて、次の私のLIVEは、下記のとおりです。

6月28日(土)
『Proletarian Meeting Vol. 16 at Kid Ailack Art Hall』
秋山徹次(ギター)、八木美知依(箏)、田中悠美子(太棹三味線)[当初出演を予定していました Lars Myrvoll は急遽帰国せざるを得なくなり出演できなくなりました]

午後7時開場、7時30分開演 東京、明大前「キッド・アイラック・アート・ホール」

Tel: 03-3322-5564
前売: 1800円、当日: 2000円

 ギター/エレクトロニクスのLarsはやむを得ない状況が発生し帰国する事になってしました。残念ですが、秋山さん、そして久しぶりにお会いする田中悠美子さんとともに意義ある公演にしたいと思っております。是非お越し下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

明日は名手と共に

 ガソリン代が高騰したせいなのか、このところ東京は渋滞が減ったように思います。楽器が大きいため車での移動が必須の私にとって、とてもありがたい…と言いたいところですが、このちょうしだとお財布から涙がちょちょ切れそう。
 さて、明日はいつもは混雑している環八を通って大泉学園イン“F”に向かいます。久しぶりに名手・内橋和久さん(g)とのセッション。とても楽しみです。
 写真は好物の一つ、セップ茸。先日、ブラッスリー・オザミでがっつりソテーにして頂きました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

早稲田、箏カフェ

6月17日(火)
 早稲田大学での講演、充実した一時でした。共演の元井美智子さんは子育てで忙しいというのに見事な演奏でした。2年前に演奏した時と比べると、大隈講堂はとても美しくなっており、エレベーターがあり、冷暖房まで完備されていました。ちょっと画像は悪いですが、携帯カメラで楽屋に飾られていた大隈重信公の写真と歴史を感じさせる窓をパチリ:
1
2
 菅野先生他、皆様ありがとうございました。
--------------------
 このところ東京の生徒さん達の上達は目覚ましいですねぇ。
 もっとみんな上達しないかなぁと、より高度なテクニックを教えたくなる気持ちをぐっと押さえて、基礎がしっかり身に付くよう指導しています。やはり、真の国際的人間は、まず日本文化を身につけている事から始まりますからね。とはいえ、聴きに行く事は気軽にできても、習うのはちょっと敷居が高いという方に朗報です。7月6日(日)、東京お台場で参加型LIVEを行います。私の演奏を聴いて頂き、興味のある方は弾く事もできます。赤坂「塩野」さんのお菓子と茶銀座さんのお抹茶までついています。初めての試みだけにとても力が入っております。一人でも多くの方にとって箏が身近な存在になったらいいな、と思って行うLIVEです。貴重なこの機会にぜひ足をお運び下さいませ。
Photo
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

檜チャリティーコンサートホール

 6月8日(日)、湯河原までお越し下さった皆様、ありがとうございました。ずっと雨だと思っていたのですが、天気は回復しました。やはり母は晴れ女なのだな、と実感した次第です。そう、この日は愛知県から母が聴きに来てくれただけでなく、新潟県から来て下さった方もあり、本当にありがたいなぁ、と思いました。
 それにしてもこのホールは見た事もないほど贅沢な作りでした。すべて檜で作られているのです。ステージだけではなく、壁も天井も、通路もトイレも…いやぁ〜驚きました。ホールに一歩足を踏み入れたとたん、檜のお風呂に入ったようなうっとりした気分になったのは私だけだったでしょうか?残響も本当に心地よいのです。真鶴駅からタクシーに乗った母が運転手さんに行き先を告げると「あそこは日本一のホールですよ」と言われたそうです。地元の誇りですね。でも真鶴町のホールではなく、お寺のホールなのです。
 東京のLIVE HOUSEや手頃なホールがどんどん減って行く中、豊かな気持ちにさせられる会場でした。
 今回のコンサートはトーマス・ストレーネンの来日を機に、すべて巻上さんがセッティングして下さいました。巻上さんを始め、大勢のボランティアの方々のおかげで演奏ができた事を心より感謝しています。
 さて、次の私のLIVEは下記のとおりです:

6月25日(水)
八木美知依(17絃箏、20絃箏)& 内橋和久(ギター)デュオ

場所: 大泉学園 イン"F"
Tel: 03-3925-6967

開演: 20:00
チャージ: 2800円(+オーダー)

 内橋さんとはとても久しぶりです。現在はウィーンに住んでいらっしゃいますが、たまたま来日時期と私の日程が合い、共演する事になりました。なかなかないチャンスなので是非お見逃しなく!

Yugawara12
巻上さん、トーマスと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »