« ソナタは善き人ですか? | トップページ | 早稲田、箏カフェ »

2008年6月12日 (木)

檜チャリティーコンサートホール

 6月8日(日)、湯河原までお越し下さった皆様、ありがとうございました。ずっと雨だと思っていたのですが、天気は回復しました。やはり母は晴れ女なのだな、と実感した次第です。そう、この日は愛知県から母が聴きに来てくれただけでなく、新潟県から来て下さった方もあり、本当にありがたいなぁ、と思いました。
 それにしてもこのホールは見た事もないほど贅沢な作りでした。すべて檜で作られているのです。ステージだけではなく、壁も天井も、通路もトイレも…いやぁ〜驚きました。ホールに一歩足を踏み入れたとたん、檜のお風呂に入ったようなうっとりした気分になったのは私だけだったでしょうか?残響も本当に心地よいのです。真鶴駅からタクシーに乗った母が運転手さんに行き先を告げると「あそこは日本一のホールですよ」と言われたそうです。地元の誇りですね。でも真鶴町のホールではなく、お寺のホールなのです。
 東京のLIVE HOUSEや手頃なホールがどんどん減って行く中、豊かな気持ちにさせられる会場でした。
 今回のコンサートはトーマス・ストレーネンの来日を機に、すべて巻上さんがセッティングして下さいました。巻上さんを始め、大勢のボランティアの方々のおかげで演奏ができた事を心より感謝しています。
 さて、次の私のLIVEは下記のとおりです:

6月25日(水)
八木美知依(17絃箏、20絃箏)& 内橋和久(ギター)デュオ

場所: 大泉学園 イン"F"
Tel: 03-3925-6967

開演: 20:00
チャージ: 2800円(+オーダー)

 内橋さんとはとても久しぶりです。現在はウィーンに住んでいらっしゃいますが、たまたま来日時期と私の日程が合い、共演する事になりました。なかなかないチャンスなので是非お見逃しなく!

Yugawara12
巻上さん、トーマスと

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 檜チャリティーコンサートホール:

コメント

コメントを書く






« ソナタは善き人ですか? | トップページ | 早稲田、箏カフェ »