« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月18日 (日)

東京コンフラックス番外編:《日米インプロ条約》

 即興音楽を演奏していて他の音楽と違うと感じる点は、その日初めて会ったであってもその人の本質と向き合って音楽を作っていく事だと思います。そして、私にとっての醍醐味はそれだけでなくその人の「今」を感じられるという事です。今回はその醍醐味を満喫したなぁ〜、という強い印象を残すLIVEとなりました。
 コルネットのジョシュ・バーマン、ベースのトーマス・モーガン、同じくベースのジェイソン・レブキ、ドラムスの田中徳崇。新鮮さと知性と勇気を感じる素晴らしい音の群れを体感しました。
 いろいろなセッションがありましたが、その中でもジェイソンとトーマスもベースデュオは、興味深かったですね。彼らはお互いの名前は知っていたものの、今回東京で初対面、そして初デュオ。とても貴重な場面に遭遇しました。
 トーマスは、このところニューヨークでうなぎ上りの評判で、かのゲイリー・ピーコックも絶賛するその実力と感性。ニューヨークで、音楽のみで生きて行けるという事は、つまり出身国ではトップレベル。どのジャンルの音楽に誘われてもA級の腕を披露しなくてはやっていけません。がそれだけでなく彼の評判はその個性にありました。ですから、どんな豪傑が来るかと思ったら、初々しく恥ずかしげに話す27歳の若者。ちょっと驚きました。
 ジェイソンは(この日だけだったかも知れません)以前よりも音を多く使って表現しているような気がしました。もちろん音の重さは健在で、しかも華がありました。
 また変わった編成の一つとして、箏とコルネットもありました。私は、初めてでした。ジョシュは自由で鋭い感性をもった方ですが、それを音楽として実現できるのは、根底に高い技術力が当然あるからだと感じました。
 終盤、ノリ田中くん独自のビート感に満ちた長〜く心地よいソロがこの一夜の締めくくりとなりました。
 今後の彼らの活動にとても興味があります。

 さて、私の次のLIVEは3月4日(水)、同じく公園通りクラシックスに坂田明さん(サックス、クラリネット)と本田珠也さん(ドラムス)を迎えたトリオです。是非、お越し下さいませ。
 

Myjr
Tmjbnt
All

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

レッスン/日米インプロ条約

 伝統楽器を演奏する者の責任の一つとして教授活動も重要と思っています。老若男女、様々な職の人たちが近所や遠方から通って下さっています。
 教えを請う事も好きですが、教える事も好きです。自分以外の人がこの楽器に集中している姿を見るのがとても好きなんですね。少しでも生徒が上達するようにと力が入るので、レッスンを終えるとぐったりくる日もありますが、成果が表れた音を聴くとそんな疲れもすっとんでしまいますね。しかも人によって全く音質が違う。爪を使って音を出すのですが、その人の手の形、体型、骨、精神、すべてが作用し、面白いくらい違う夫々の音に、その人のルーツを思い浮かべる事さえあります。

 さて、次のLIVEは16日(金)、渋谷の公園通りクラシックスです。詳細は下記。ジェイソン・レブキ(b)との共演は久しぶり。音楽は非日常であり日常でもある、と考えさせられた人です。他に初共演者が2人、ジョシュ・バーマン(コルネット)とトーマス・モーガン(b)です。是非お越し下さいませ。

1月16日(金)
マーク・ラパポート(じゃずじゃ)presents:
《日米インプロ条約》
開場: 19:00 開演: 19:30

場所: 公園通りクラシックス 03-3463-2701
料金: 3500円(1ドリンク付き)

出演: ジェイソン・レブキ(b)、田中徳崇(ds)、トーマス・モーガン(b)、ジョシュ・バーマン(cornet)、八木美知依(17絃箏、20絃箏)

 ベースの禅僧、ジェイソン・レブキ。ポスト邦楽を担うハイパー箏奏者、八木美知依。東京とシカゴを行き来する敏腕ドラマー、田中徳崇。 菊地雅章やゲイリー・ピーコックが絶賛する逸材、トーマス・モーガン。 挑発的コルネット奏者、ジョシュ・バーマン。個性豊かな5人の演奏家が渋谷に集結した時、美しく刺激的な即興演奏が繰り広げられる。
 Jr
Jb
Tm

Nt2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

インF

昨晩寒い中お越し頂いた皆様、どうもありがとうございました。
昨年もこの時期に共演し、「他のセッションでもお会いできるといいですね」と言いつつ1年が過ぎてしまいましたが、今年こそは大泉学園以外の場所でも共演したいと思わせる素晴らしい音楽家の太田さんでした。
また、この日箏アンサンブルのメンバーは愛知県常滑市青海保育園でミニ・コンサートを行いました。「崖の上のポニョ」では大合唱だったとの事。子供達にとって箏がもっと身近な楽器になれば、と願いつつ、高橋弘子、原田佐知子、加藤卓子の3名が演奏しました。園長先生をはじめ関係者の方々に感謝申し上げます。


Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

明けましておめでとうございます

 寒い中、元旦の常滑市競艇場には多くの方々が遠方から聴きに来て頂さり、また、3日の表参道ヒルズには外の喧噪を押しのけて聴きに来て下さった皆様、夫々とても感謝しています。
 そんなわけで、私そして箏アンサンブルのメンバーは年明け早々、充実したひと時を過ごす事ができました。ありがとうございました。
 さて、1月4日、5日とひさしぶりに休みをとり、小旅行に出かけました。温泉に浸かり、遅ればせながら初詣で長野県の善光寺へ。宿では殆ど寝ていたので疲れがすっきりとれ、おみくじは大吉をひき、早速ギアチェンジです。
 さて、本年はCD制作が中心の年になりそうですが、興味深いLIVEも多数あります。まずは1月8日(木)大泉学園イン“F”にて怪物ヴァイオリニスト太田恵資との(恒例になりつつある)年明けデュオ。 お正月はずっとBGMで鳴り続けていた箏ですが、その音色に飽きた人も飽きなかった人も是非お越し下さいませ。

Oh
Zenkoji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »