« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

湯河原、檜チャリティーコンサートホール

 ゆるやかな沈黙と静寂、そして北欧の海原のうねりを思い起こすサウンド。日曜日の昼下がり、檜のホールにふさわしいコンサートだったのではないかと思います。
 トーマス・ストレーネンとは、昨年のレコーディング・セッションから今回で3度目の共演。世界は狭いな、と感じますが、昨今の北欧音楽ラッシュから鑑みても、経済と芸術が影響しているのは確かです。大変だと言いながらも、自分の音楽に邁進できる北欧の音楽家の姿は、日本のそれとは大違いです。しかしながら、今まで日本の音楽家にとって過ごしやすい時代があったかというと、それもあまり記憶になくて、経済に翻弄された人々が大衆に目を向け、切り口を変えたり進路変更に舵をとったほんの一握りの人が成功したまでの事。昔から、独自の意見を貫く事が大変な国だと思います。
 木漏れ日が優しいホールの中で、Humcrushや巻上さん独自の音を聴いていると、大衆に目を向ける事なく自分自身の音楽で演奏できる事を尊い事だと感じました。
 演奏終了後、Humcrushの2人としばし談笑。結局、その短い時間以外に彼らと話す事は殆どありませんでしたが、音楽で会話できたので充分でしょう。次回の共演はいつになるかわかりませんが、その時が楽しみです。
 帰りは、高速料金がどこまで行っても1000円という言葉に踊らされた人々の渋滞に巻き込まれ、帰宅は深夜。即興演奏をした後は、体中の細胞が目覚めてしまった感じでなかなか寝付けません。熱めのお風呂に入って力を抜き、就寝。

4_7
Yugawara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

Humcrush @ 青山 Cay

 青山Cayにお越し下さった皆様、ありがとうございました。トーマスとの久しぶりの再会がかないました。ここで演奏するのも久しぶり。数年前にイントキシケイトのイベントで演奏して以来だと思います。
 音響は、巻上公一さんのはからいでBOSE社が設置して下さったL1 Model I Systemを使いました。これが凄く良かった。ステージ上から客席後方まで、どこで聴いても音のバランスが殆ど変わりません。とても快適でした。
 Humcrushのサウンドは、この2人でしか成立しない独自のもので、勉強になりました。今の世の中、独自を見いだすのは大変な事です。巻上さんの鋭くもありたゆたうようでもあった変幻自在ぶりにも脱帽。同メンバーによる演奏は3月29日(日)、湯河原でも行われます。きっと青山よりも更に密度の濃い展開になるでしょう。とても楽しみにしています。

3月29日(日)
Humcrush in Japan:
Thomas Strønen(ds、electronics)& Ståle Storløkken(key)

ゲスト: 八木美知依(箏)、巻上公一(voc、theremin)

会場: 湯河原檜チャリティコンサートホール
開場: 15:00、開演: 15:30
前売り予約: 2500円、当日: 3000円、20歳まで: 1000円、未就学児: 無料
Fax: 0465-62-0427
Email: ticketdesk@makigami.com
企画: 巻上公一オフィス(Tel: 0465-63-0578/Fax: 0465-62-0427)
 Thomas StrønenとStale Storløkkenの先進エレクトロ・アコースティック・デュオに、ゲストとして超絶声楽家・巻上公一とハイパー箏奏者・八木美知依が加わる。心地よい湯河原檜ホールで快適音像の極地を体験せよ!
 
 
Humcrushcay

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

微分音王国

 毎朝、簡単なストレッチをした後、掃除好きなのでざっと掃除機をかけ、花粉が気になるため、時間があれば雑巾がけまでします。続いて高橋と打ち合わせ。本日はそれに加え正午まで三味線の稽古。気分爽快!
 さて、箏はオープンチューニングなので半音の幅を自分で決められ、調弦の段階から自分の好きな世界観を描く事ができる贅沢な楽器であると、これまで幾度となく書いてきました。でも、決めてしまえばその1曲に関しては、殆どの場合その調弦の中で音楽を作る事となります。ところが三味線ときたらどうでしょう。自分の指で毎回つぼを押して音を作るので、選択肢は激増し、地唄となれば三味線に歌が加わり、さらなる組み合わせが増える。おまけに曲中の拍の長さが歌詞に寄り添ったり、手付け(楽器)に寄り添ったりと、本当に複雑…とはいえ、続けていると、徐々に楽器の糸と糸の間にある深い神秘が見えてきます。

 先日、愛する湯浅学さまの自伝的音楽小説『あなのかなたに』を頂き、いま読んでいます。「じゃがたら」を始め、知らなかったバンド名を沢山知りました。勉強になるだけでなく、湯浅さんのキュートさ全開の実に憎い本です。以前、我が家に取材に来て下さった時、湯浅さん/船橋英雄さん/根元敬さんが共同で書かれた『お色気ディープ東京』を「サインして下さい」と差し出したら「どうしてこれがここにあるの?もう絶版だよ〜」と驚かれ、そして「じゃあ他のやつらの分まで俺がサインしとくよ」と、夫々の方々の筆跡をまねてサインをしてくれました。きょとん。

 明日(火)は青山CayHumcrush公演です。

Deep_tokyo 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

Humcrush

 田中一村の絵を初めて見たのは、内弟子時代の事。師匠が彼の画集を購入し、「この人、凄いよ」と仰った一言からでした。自分の能力が足らず、終わらない毎日をひたすら走っているような中、その画集を見せてもらった時、どこか異次元に吸い込まれていくような感覚を覚えました。
 リビングに置かれたその画集を見る機会は何度もありましたが、結局一度として開ける事はありませんでした。それは、禁断の空気を嗅ぐようなとてつもない悪事をする衝動にかられたからです。
 その後、田中一村が描いた「だちゅら」という花と同名の曲を師匠が作曲し、それを弾く事によって田中一村の絵画の匂いを思い描いたものです。
 最近、ふとしたきっかけで田中一村の画集や彼についての本を何冊か購入。久しぶりに開けてみると、やはりソテツもアダンの木も蝶も鳥も、奄美の空気を吸って生きていました。

 さて、3月24日(火)、ノルウェーの素晴らしい打楽器奏者 Thomas Strønenを含むデュオ Humcrush の公演があります。才能ある人たちの音楽にふれるとエネルギーをもらいます。私はゲストとして演奏します。Ståle Storløkkenとは初共演でもあり、とても楽しみにしています。

Humcrush in Japan: Thomas Strønen(ds、electronics)& Ståle Storløkken(key)
ゲスト: 八木美知依(箏)、巻上公一(voc、theremin)会場: 青山Cay、開演: 21:00、前売: 3000円、当日: 3300円、予約はCAYに直接お願いします。お問い合わせ: 03-3498-5790

 Humcrush1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

箏購入

 久しぶりに、とても気に入った楽器に出会ってしまい、購入しました。
 数名の生徒が楽器を購入したいというので、お箏屋さん(琴光堂諏訪支店)に何面か持ってきてもらいました。私は低い調弦のとれる「万葉」という楽器のみを購入する予定でしたが、他の楽器も私が気に入るような固めの素材で木味が良く洗練された箏ばかり。その中で一目惚れしてしまった木があり、ついつい財布の紐が緩みました。楽器は財産だし、もちろん、今後の活動におおいに反映させます!(と家族にも誓いました)。生徒達は、6月6日(土)私の郷里愛知県常滑市、常滑市文化会館に向って練習に励んでいます。練習し始めて間もない方(6歳〜)からベテランまで、プログラムもバラエティーに富んでいます。まずは、生の演奏を聴いてみたいという方々、お近くの方、ちょっと先ですが是非足をお運び下さいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

殺しの烙印

 3月4日(水)はお天気が悪い中、渋谷公園通りクラシックスに足を運んで下さった皆様。ありがとうございました。
 オリジナル曲、カヴァー曲、即興、歌もの、MCをやった私は体のあらゆる部分を使いつくした感じで、終演後に声は出るのだけれど「ありがとうございました」以外思いつく言葉がまったく見当たらず、放心状態でした。特に即興で使う頭と、曲で数を数えながら演奏する頭は使う部分が随分違うようで、私にとっては新しい感覚でした。
 坂田明大将(sax、cl)と本田珠也さま(ds)、お二人の才能とエネルギーと愛情に感謝!特に鈴木清順監督『殺しの烙印』の主題歌「殺しのブルース」(作詞 具流八郎、作曲 楠井景久)を下敷きとした曲の中で、お二方のの想像以上に臨場感溢れるセリフのやりとりに感動しました。才能ある方々は、何をやっても凄いです。きっと、料理を作っても上手いんでしょうね(話がそれました…)。
 というわけで、私にとって収穫の多いセッションであり、学んだことを今後のセッションでも生かしていきたいと思います。
 次は3月24日(火)に青山Cay、3月29日(日)湯河原檜チャリティーホールでノルウェーのエレクトロアコースティック・デュオ、ハムクラッシュのゲストとして演奏します。このデュオでドラムス/エレクトロニクスを担当しているトーマス・ストレーネンとは昨年オスロでホーコン・コーンスタ(sax)のレコーディングでご一緒して以来、今回で3度目の共演となります。ノルウェーを代表する即興集団スーパーサイレントのメンバーとしても知られるシンセの達人ストーレ・ストルレッケンとは初共演。とても楽しみです。
 また、ちょっと先ですが、5月10日(日)には《坂田明&ちかもらち》と《ジム・オルークと恐山》の集合体のゲストとして新宿ピットインで演奏します。ドラマーは最近までビョークのバンドにいたクリス・コルサーノ。クリスとは以前からメールのやり取りを通して共演を約束していたので、貴重な日になりそうです。
Classics_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

Talon: Koto Power Trio、明日です

 明日、公園通りクラシックスにて坂田明(sax、cl)と本田珠也(ds)とのトリオで演奏します。
 「Monsoon」「MZN3」「殺しの烙印」「Dream Man(For Knut Buen)」「Rouge」など、新曲や日本初演曲もあります。熱くなりたい方、是非お越し下さいませ。
34flyerj

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »