« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月19日 (日)

『身体表現ワークショップ』

4月9日(木)
 昨年、テアトル新宿で公開された若松孝二監督の『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』。音楽を担当したジム・オルークさんからお誘いを受けていたのですが、上映終了が午前3時!翌日の仕事もあって断念してしましたが、ようやく自宅でDVD鑑賞することができました。私にとっては、映画館で見なくて良かった、と思うほど強烈でした。ジムさんの音楽はとてもカッコよく、全体を構成する要素として機能している点など、とても良い勉強になりました。クリス・コルサーノ(ds)やダリン・グレイ(b)もスコアに参加しており、5月10日(日)の新宿ピットインでのセッションがますます楽しみです。
 
4月11日(土)
 このところ家人が作る食事は絶好調。ポトフ、ドライ・カレー、そしてゴルメ・サブジー。後者は初めて経験する味でしたが、なんとも味わい深い料理でした。大量のパセリやほうれん草、コリアンダー、乾燥レモン、ライム汁などで羊を煮込むペルシャ料理。おいしくてありがたいけれど、なかなか痩せられません。
Photo
Photo_2
 
4月17日(金)
 東京経済大学での『身体表現ワークショップ』。今回で3回目になります。さすがに回数を重ねると調布への道のりも含めなじんだ場所になります。調子が悪かった巨大スピーカーも修理して下さったとの事。小さなアンプでふくよかな音を出す事に苦労している日常に比べると、調整を何もしなくても良い、贅沢な音の空間が広がり…箏ってなんて良い音なのだろう、と嬉しい気持ちになります。学生の中には、すでに粉川教授の生徒ではないのに再び聴講に来たという人達もいて、終始あたたかい雰囲気の中で演奏や話をしました。箏を習いたいと言ってきた人たちもいましたので、こちらを参照して気軽に問い合わせて下さいね。
 この場を借りて粉川哲夫教授にお礼を申し上げます。

4月18日(土)
 演奏した翌日は、体はだるいのだけれど神経は興奮が冷めず、いつも早起きになってしまいます。
レッスン後、自由が丘のTIME & STYLEで行われた竹内直(s)さんのトリオを聴きに行きました。ドラムスは珠也さま、ベースは荒巻茂生さん。昨年、珠也さんと荒巻さんとペーター・ブロッツマン(s)とアケタの店でカルテットを組みましたが、後にその時のDVDを見たら、とても面白い内容になっていたので、今日ののトリオもきっと面白いだろうと楽しみにしていました。
 ファースト・セットから聴く予定だったのですが、何と車が路上で故障。急きょJAFのお世話になり、修理工場へ車を届け、タクシーで会場へ駆けつけましたので、後半しか聴けませんでした。それでも緑でいっぱいの素敵なお店の中で素晴らしい音楽に酔いしれました。ふだん買い物をネット上ですませる私には、手にとって商品を選ぶという行為が新鮮で楽しく、お店のタオルを何枚か購入。行き当たりばったりで入ったシェ・ソーマの夕食も美味しく、一日の締めくくりは車の心配を忘れさせてくれるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

大した珠や〜

4月4日(土)
 レッスンの後、6月13日『Jazz Art せんがわ 2009』で共演するトッド・ニコルソン(b)と簡単な打ち合わせのため新宿ピットインへ。この日は同フェスティヴァルでドラムスをお願いしている本田珠也さんが板橋文夫4重奏のメンバーとして出演していたので《八木美知依トリオ》の初顔合わせでもありました。
 久しぶりに聴かせて頂いた板橋さんのサウンドには持ち前の郷愁の香りが漂うだけでなく、パワーと疾走感も凄かったです。それに一役も二役もかっていたのはやはり珠也さんの音に他ならないと思いました。いつも素晴らしいと感じていますが、音の抜けといい、キックの重厚さといい、音作りのセンスといい、今まで聴いた中で最も良かったと思います。
 ここ1年間の珠也さんの進化の度合いは凄まじく、これからも更に前進し続けるでしょう。置き去りにされないようにしなくちゃ!
 珠也さんを除くこの日のメンバーは彼のお父様、故・本田竹広(p)とほぼ同世代。客席からは「珠也!」と何度も声がかかり(私も、もちろん呼びましたよ)さながら歌舞伎座の「成田屋!」。ステージ上も含め珠也さんを温かに賞賛する雰囲気に包まれていました。きっと天国のお父様も微笑んでいらしたでしょう。

4月4日(日)
 レッスン後、紀尾井町でお花見を兼ねて夕食。もちろんいつものAux Bacchanales。白アスパラのグラタン風と鴨のコンフィ。ロゼのシャンパンを勧められ、1杯で出来上がってしまいました。夜桜?見たような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

教室のご案内

 『八木美知依 箏・三絃教室』では箏を見た事も触れた事もない方からプロを目指す方まで年齢、性別を問わず生徒を募集しております。
 当教室には、1歳からリトミックも兼ねて通われているお子さんから、プロを目指している方、ゆとりある人生を過ごすために弾かれる方など様々な人が箏、三絃を楽しんでおります。楽器をお持ちでない方にはレンタルもしております。(楽器は取りに来て頂きます。)場所は下記のとおりです。3ケ所でお一人お一人、丁寧に教えております。
 
 東京教室(世田谷区宮坂:世田谷線宮の坂より徒歩5分)
 愛知県常滑教室(愛知県常滑市原松町: 名鉄常滑駅より徒歩10分) 
 愛知県東郷町教室 (名古屋市営地下鉄 赤池駅より名鉄バスで10分、東白土 下車。徒歩10分。駐車場4台分有り)
 
 月3回〜4回レッスン 
 レッスン時間 45分間
 月謝 4,500円〜13,500円(年齢と経験により異なります)
 月会費 1,000円
 年会費、入会金は頂いておりません。
 
レッスン日は私のスケジュールにより前月に翌月のレッスン日を決めております。代稽古の先生のレッスン日もある為どの生徒さんも無理なく月に3回〜4回レッスンが確実に受けられるよう考慮しております。

詳しくは下記の情報を添えてこちらまでお問い合わせ下さい:

・ レッスン希望の場所(東京もしくは愛知)
・ お名前
・ ご住所
・ 電話番号
・ 生年月日
・ Email アドレス
・ 経験の有無
・ ご質問など
 電話でのお問い合わせは愛知県教室(0569)34-5127八木宅
            東京教室(03)5450-0881まで   
見学についても、お気軽に問い合わせ下さい。


 さあ、あなたも私たちと一緒にお箏を弾いてみませんか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

箏曲演奏会の打ち合わせ

 朝、高橋と6月6日(土)に予定している教室の演奏会について打ち合わせ。何せ1時間半の間にのべ52面分(箏は1面、2面と数えます)の楽器を使いますが、実際に使う箏の数は42面。足りない面数で演奏会を速やかに進行させるには入念な準備が必要となります。しかもプロの舞台演出家やお箏屋さんには手伝ってもらわず、地元の方々と生徒達だけで運営するため、楽器の持ち方や備品の名前を覚えて頂く簡単なワークショップを事前に設けます。もちろん生徒達も演奏するだけでなく、時と場合に応じて様々なスタッフに変身します。
 一昨年は、その慌ただしさに影響されたのでしょうか。小学生の生徒たちがお弁当や差し入れのお菓子を出演者、照明さんなど、すべての関係者に自発的に配ってくれるなど、微笑ましい光景が見られ、思い出深い演奏会となりました。
 簡単な手順を説明しますと、箏はオープンチューニングなので、演奏する曲の調弦をとって舞台に配置されます。演奏者は終了後、自ら楽器をステージから調弦室へと運び、そこで調弦係が次にその楽器で演奏する曲の調弦をとります。その楽器を別の人がステージ脇に運び、順番が来たらステージ係が舞台にセッティングします。また、役目が終わった箏は、手違いが生じるといけないのでどんどん担当者が片付けて行きます。それらの作業をしながら、生徒達は衣装やヘアメイクをし、着物で演奏する人は着付け室にて着替え。着付け室には、自分で着物を着れない生徒のために着付けをして下さるボランティアの方々も。自分で着れる人にとっても、急いで着た後の胸元や帯のチェックをして下さる方がいるというのは心強いものです。
 演奏者の皆さん、いざステージに立ったらいっさいを忘れ音楽に集中しましょう!
 アマチュア中心でこのような催しを行うのは大変ですが、夫々のポジションで力を発揮すると意外に上手く行くもので、この綱渡り感覚はけっこう楽しいものです。今ごろ生徒たちは、この日の成功のために練習に励んでいるところでしょう。ちょっと先になりますが、是非お越し下さい。
 そしていつか、私たちと一緒に演奏しませんか?
 09

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »