« 八木美知依 箏曲演奏会への道程(4) | トップページ | 八木美知依 箏曲演奏会への道程(5) »

2009年6月 4日 (木)

仏蘭西 et ジャポン

5月30日(土)
 朝方、激しい雨音で起きた。
 今日は水も滴るいい女のコンサート、な〜んて思ってみたりしたが、その後ぴたりとやんだ。私と矢沢さん、どちらが晴れ女かは定かではないが、お越しいただいた皆様が負担にならず本当に良かったと思います。
 矢沢朋子さんの演奏はリゲティ好きというだけあって、印象派の曲の中にもその片鱗をうかがわせていた。本性むき出しの演奏もいつか聴いてみたい、と思わせる素晴らしい演奏。
 横井一江さんのお話は限られた時間の中で楽しくわかりやすい内容。もっと時間に余裕があればこういった時しかできない会話をしたかったのですが、そういった欲望はどんどんふくれるばかり。結果的にコンパクトで良かったかも知れません。久しぶりにお会いする方々も何人かいらっしゃって下さり、素敵なひと時を過ごしました。

5月31日(日)
 東京の生徒たち、演奏会前の最後のレッスン。
 曲の練習を始めてから今日までがあっという間だった事でしょう。本番は、初めての事ばかりでしょうが、これを機に大きく飛躍して欲しいと願っています。

6月1日(月)
 帰郷すると目の前にやるべき事が山積みですが、生徒達が整理してくれているので随分助かっています。

Photo_2
ベルギー料理屋、ベルギービールで打ち上がりました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏蘭西 et ジャポン:

コメント

迫力満点!
久し振りに、新鮮な音に合わせて頂きました。
夢プラ以来ですね。
ご自分の、そして講師の方々の演奏もさることながら、生徒さんの力!!
改めて、酔いしれました。
情景が、目に・耳に残り、眠りに付く事が出来ませんでした。
また・・・どこかでお会い出来ましたら、幸せです。
本当に有難うございました。

投稿: 田島道子 | 2009年6月 7日 (日) 08時25分

田島さま
ご来場ありがとうございました。
亀の歩みではありますが、一昨年に比べいろいろな意味で成長したのかも知れません。
それもこれも本当に皆様に支えられての日々のおかげです。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

投稿: michiyo | 2009年6月 9日 (火) 09時31分

コメントを書く






« 八木美知依 箏曲演奏会への道程(4) | トップページ | 八木美知依 箏曲演奏会への道程(5) »