« Farewell to Kari | トップページ | 6月6日(土)演奏会写真の追加 »

2009年6月22日 (月)

太田/ニコルソン/田中トリオ

6月21日(日)
 レッスン後、郷里の友人から頂いたビョークのパリでのLIVE DVDを見ました。先月共演したクリス・コルサーノ(ds)が大活躍。人間業とは思えないテクニック、漲る知性、そして美しいフォームにほれぼれ。
 繰り返し見ていたらだんだん体が覚醒してきて、来週、西荻窪の音や金時で太田恵資(vln)さんのライヴにゲストとして呼ばれていることを思い出し、彼のスケジュールをチェック。奇しくも今夜、同じ《音金》で田中徳崇(ds)、トッド・ニコルソン(b)とトリオ・ギグ。急いで電車を乗り継ぎ、なんとかセカンド・セットに間に合いました。
 素晴らしい演奏でした。
 曲あり即興ありでしたが、そういった垣根を感じさせない音楽で、東京ではあまり聴けないタイプの演奏でした。垣根を縦横無尽に行き来するのは容易ではありませんし、シリアスになりすぎず、終始崇高さを保った音楽だったのはやはり優秀な人たちのトリオだからだと思いました。
 終演後、ノリさんとドラムスのチューニングについて話したら、私が考える箏と立奏台、ステージの床、会場の壁との関係などの共通点が多く、興味深い一時となりました。
 太田さんは毎月異なるゲストを迎えて『ビオロンの太田恵資 ややっの夜』をここ音金で開催しているそうですが、今まで女性ゲストは全員ヴォーカリストだそうで、楽器奏者は私が初めてだそうです。どこまで万能怪物太田恵資に食らいついて行けるか、2人でどのような音楽を作り上げるか、どうぞお楽しみに。

6月30日(火)
『ビオロンの太田恵資 ややっの夜』
会場: 音や金時
Tel: 03-5382-2020
出演: 太田恵資(violin)
ゲスト: 八木美知依(20絃箏、17絃箏)
時間: 20:00~
料金: 2300円+オーダー

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田/ニコルソン/田中トリオ:

コメント

コメントを書く






« Farewell to Kari | トップページ | 6月6日(土)演奏会写真の追加 »