« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

Floating Worlds ツアー終〜了!

 大勢の方々のお陰で先月オランダ・アムステルダムに始まった22公演が昨夜、横浜エアジンにて終了致しました。今日は久しぶりにゆっくりしています。ツアー後半は音楽に集中する事で精一杯だったため写真をアップする事ができませんでしたが、後日思い出を掲載させて頂きます。どうもありがとうございました。

| | コメント (1)

2009年10月20日 (火)

玉名・高瀬蔵ホール

10月18日(日)
 今回お世話して下さっているアラン・サザーランド教授のお宅で昼食会。庭に何とご自分で作られた石釜があり、食いしん坊の私は焼きたてのピッツァ・マルガリータを山ほど頂きました。アラン先生の専門は社会学で、九州看護福祉大学で教鞭をとられていますが、音楽に関しても家人曰く「久しぶりに同等の知識と情報を持つ人に出会えた」と大喜び。
 さて、高瀬蔵というだけであって今夜のホールは素晴らしい会場でした。かつて米俵を運んだトロッコのレールが地面に歴史を刻んでいます。
 素敵な一日でした。
Oven
これがお手製石釜とアラン教授

Soon
待ちどおし〜。

Hall
Rice

| | コメント (6)

2009年10月17日 (土)

丸山の傾城舟を傾ける

 これは、今回共演しているアブ・バース(s)さんの曲で「Schoonheid」の題材になった川柳。かつて出島にあった丸山という遊郭に傾城(遊女で絶世の美女)がおり、舟に乗っていたオランダ人が見とれて片方に集まり、舟が傾いた、という意味になります。
 さて、「Floating Worlds」日本初演の熊本。良い人ばかりとの出会い。Extravaganzaは熊本市内で行われているフェスティバルですが、皆さんとても親切。例えば箏を楽器車に乗せていると、通りがかりのおじさんが「演奏終わったの?」と声をかけてくれ「いえ、これから。今日の5時半からなんです」なんて言ったら「ごくろーさん!」と言って箏を運ぶのを手伝ってくれました。熊本人のあったかい心に感動するばかり。
 そして繁華街のド真ん中にあり、デパートにはさまれている現代美術館!館長さんはもちろん、どなたに聞いても「熊本の現代美術館は、へんぴなところにないのが自慢」と仰られます。日常生活と美術館の間に隔たりのないところが素晴らしいです。オランダではすべてMCをイグ・ヘイネマンさんにお願いしていましたが、日本では私。調弦とのタイミングを見計らいながら今日はなんとかうまくいきました。
 明日は玉名市高瀬蔵ホールです。2日前に下見に行きましたが、とても素敵な場所でした。楽しみです。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

Extravaganza 2009

 明日(17日)17時30分より熊本現代美術館ホームギャラリーにて演奏致します。今日はExtravaganza 2009の企画をなさっている葉山さん、音響の渡辺さんと打ち合わせをしました。地元の商店街を盛り上げようと張り切っている素晴らしい方々でした。期間中、様々な場所でいろいろな演奏が繰り広げられるます。
 熊本で演奏させて頂くのは初めてです。お近くの方は是非お越し下さいませ。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

Floating Worlds 日本ツアー

 オランダ国内とドイツ・ケルンでの11公演に続き、ツアー後半が17日から日本国内で始まります。俳句やオランダの民謡をモチーフにした新曲をヴィオラ、箏、サックス、クラリネットという珍しい編成で演奏します。お近くの方は是非足をお運び下さい。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

Ney-Zen

10月11日(日)
 トッドさん、須川さんとのトリオ、刺激的でした。2人の才能溢れる演奏に感謝。そしてこのトリオを企画して下さったインFの佐藤さん、ありがとうございました。

10月12日(月)
 レッスンに続き打ち合わせ多数。その後、しばらく行きたくても行けなかった美容院へ直行!スッキリ!

10月13日(火)
 12月に予定されているベルリン・フィルハーモニー・ホールでのコンサート『Ney–Zen』のリハーサル。ネイ、尺八、箏、17絃箏、カヌーン、パーカッションという編成で演奏します。共演する磯貝真紀ちゃんに久しぶりに会い、楽しいリハーサルでした。

 さて、アブ・バース(sax/clarinet)とイグ・ヘイネマン(viola)が企画して下さった『Floating Worlds 日本ツアー』が目前に迫ってきました。楽器の修理が九州への発送に滑り込みセーフで間に合い、ホッとしています。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

八木美知依(17絃箏)トッド・ニコルソン(b)須川崇志(b)トリオ

 毎日が怒濤のように過ぎて行き、ゆっくりオランダ・ツアーについて書こうと思っていてもなかなか時間が見つかりません。あ〜、いつになったら時間ができるのか?...と思いながら明日の告知。大泉学園の"In F"で17絃箏+コントラバス2名という珍しい編成のギグです。トッドさんとは先月のピットイン以来。須川さんとは初共演。"ベース・トリオ"をとても楽しみにしています。

10月11日(日)
八木美知依(17絃箏)、トッド・ニコルソン(b)、須川崇志(b)
場所: 大泉学園 "In F(インエフ)"
Tel: 03-3925-6967
開演: 20:00〜
チャージ:3000円
 

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »