« 静寂と沈黙 | トップページ | Ney-Zen »

2009年11月28日 (土)

『ブロッツフェス 2009』等々

11月19日(木)
 池上秀夫(b)、田中徳崇(ds)とのトリオ。先月の須川崇志(b)の時もそうでしたが、初共演の人とはいろいろな意味で緊張します。そんな新鮮な気持ちをも大切にして音楽を作る事ができたらいいな、と思っています。そして、若い彼らだからなのか共演中にどんどん伸びて行くというか、変わっていく、という実感があります。また、須川さんは驚くほど弓が美しく、池上さんはとことん即興家を貫いたという印象で、夫々すでに卓越した技術があるというだけでなく、飛び抜けた個性があるところが素晴らしいです。その個性を音楽場でちゃんと出しているところも凄いな〜、と感じます。田中ノリくんは毎回その器の深さ、生きる指針の高さを感じる人です。
 これがニューヨークだったら、もっと掘り下げるために近所のスタジオでセッションできるのに、東京はマンハッタンに比べ広いだけではなく、いろいろな意味で努力がいります。

11月20日(金)
 以前、藤野芸術の家で共演させて頂いた松浦このみさん(朗読)と、 今度は桐朋学園小学校にてセッション。
 本は芥川龍之介作『杜子春』とひがしなおこ作『ロージン』。松浦さんの深い人間性なのでしょうね、どの役柄の声も全く別の人生を背負ってきた人として私達の耳に届きます。『ロージン』は会場のお母様方の涙を誘い、私も演奏しながら楽器に涙が落ちました。
 お世話になりました寺澤さん始め、学習の会の皆様、松浦さんとの出会いを作って下さった藤野芸術の家の櫻井さん、そして、ひたむきで熱〜い松浦さん、改めてお礼を申し上げます。

11月21日(土)
 誕生日とあってレッスン後、恵比寿のアタゴールへ。
 このところ疲れるとすぐに気管支炎になってしまい、この日もたまっていた疲れがどっと湧きだしたのか、食事中に何度も咳き込んでしまいました。申し訳なく思っているとシェフがこれを噛みながら飲んでみて下さい、と言って出して下さったのがミントの葉とミントが入ったお水。これがとても良かったです。気持ちも楽になりました。そして、最後にミントを煮だした汁にかりんシロップを混ぜた温かいジュースを出して下さり、本当に助かりました。人の痛みがわかる人はどの方も素晴らしい仕事をなさる、とこのところ感じています。
 さて、気管支炎は完治。しばらくパソコンの前に座っていられなかった大きな理由に肩の痛みがありましたが、これも完治。
 明後日からベルリン。本日ANAスカイポーターで楽器とスーツケースを成田空港に発送しました。帰国後の私の予定は下記のとおりです。ペーター・ブロッツマンとの共演は久しぶりで、とても、とても楽しみです。絶対に聴いた方がいいです。今年の八木美知依聴き納め、というよりも、来る年の先取りと言えるもので、私にとって12月はすべて来年を視野に入れた活動です。
 余談ですが、ベルリンからの帰国はマリーノ・プリアカス(b)とミヒャエル・ヴェルトミューラー(d)と同じ便だそうです。
 皆様、風邪に気をつけ、会場でお会いいたしましょう!

12月9日(水)
『ブロッツフェス 2009』 @ SuperDeluxe

出演: ペーター・ブロッツマン、坂田明、ジム・オルーク、八木美知依、本田珠也、マリーノ・プリアカス、ミヒャエル・ヴェルトミューラー、田中徳崇、トッド・ニコルソン、荒巻茂生

12月12日(土)ブッロツマン忘年ブロ〜!
ブロッツマン/八木/本田 @ 横浜エアジン
ペーター・ブロッツマン(サックス、クラリネット、タロガート)
八木美知依(20絃箏、17絃箏)、本田珠也(ドラムス)

12月13日(日)ブロッツマン忘年ブロ〜!
ブロッツマン/八木/本田 @ アケタの店
ペーター・ブロッツマン(サックス、クラリネット、タロガート)、八木美知依(20絃箏、17絃箏)、本田珠也(ドラムス)

 
12月14日(月)ブロッツマン忘年ブロ〜!
ブロッツマン・八木 デュオ @ 埼玉・Barber Fuji
ペーター・プロッツマン(サックス、クラリネット、タロガート)、八木美知依(20絃箏、17絃箏)

12月15日(火)
坂田・オルーク4重奏
+α @ 新宿ピットイン
坂田明(アルト・サックス、クラリネット、voc)、ジム・オルーク(ギター他)、井野信義(コントラバス)、山本達久(ドラムス)
ゲスト: 八木美知依(20絃箏、17絃箏)、吉田隆一(バリトン・サックス)

 Photo_3
フランスからきた山ウズラ


2

|

コメント

おちかれっす(。ω゜)

投稿: ゆき | 2009年12月 1日 (火) 10時39分

コメントを書く






« 静寂と沈黙 | トップページ | Ney-Zen »