« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月23日 (土)

年頭の音楽

 さすがトーマス・モーガン(b)。鬼才の音楽家達から鬼才と言われるだけの感性の持ち主でした。以前にも増して音楽の構成にとらわれなくなっているような気がしました。とはいえ(彼に楽器を貸し最後まで聴いてくれていた須川崇志さんも同意見でしたが)それでも着実に音楽が進行して行くのです。ゆったりしたペースですが、とどまっているわけではない。年の初頭から新鮮な音楽との出会いでした。
 初めて使ったBoseのL1システムのお陰で箏の音質がさらに良くなりyukariさんのフルートの音色ともマッチしていました。
 終演後、いつか田中徳崇(ds)さんと須川さんとトリオをしようという話になり、楽しいひと時を過ごしました。
 さて、次は新宿ピットインにて坂田明(s)さんと芳垣安洋(ds)さんの誕生日LIVE!なんとお二人とも2月21日(日)が誕生日だそうです。ちなみに私は大好きなビョークと同じ誕生日です。余談ですが、以前来日中のクリス・コルサーノさんからビョークの誕生パーティーへ行かないかとお誘いを受けましたが、残念ながらすでに仕事が入っており行けなかったのです。がっくり。
 さてさて、以前取材の模様をブログに書きましたが、月刊『ミュージック・マガジン』2月号の松山晋也さんのコラム「目かくしプレイ」を見て頂けましたでしょうか?知っているのになかなか当たらなかったギターリストの名前はエリオット・シャープでした。10年一昔といいますが、音楽の傾向が変わっていると思い出せないものですね。
 1月23日(土)にペーター・ブロッマン(s)とポール・ニルセン・ラヴ(d)とのトリオ『ヴォルダ』が発売になりました。といっても、みんな国籍も住んでいる国も違うバンドなので発売記念LIVEがあるわけでもなく、静かなものです。私の友人、知人はHMV、アマゾンやタワーレコードのサイトで予約をして下さったとの事。ありがたいです。4月にはポールがアトミックというバンドで来日しますので、その折に彼とのセッションを予定しています。CDを聴いて元気になり、LIVEで絶好調になる!という予定をたてて頂くのは如何でしょうか!

| | コメント (3)

2010年1月18日 (月)

本田珠也&Thomas Morgan@ピットイン

1月16日(土)
 以前、北欧のトリオMZN3と共演しましたが、そのサックス奏者シェテイル・メステルが最近専念しているデータロックというバンドで来日しているというので、自宅レッスン後、彼に会いに新宿へ。シェティルはオスロで名を挙げた後、一時南アフリカに住んでいましたが、今は故郷でもある西ノルウェーのベルゲン市に住んでいます。ベルゲンへは一度訪れた事がありますが、海沿いのとても美しい街でした。
 この日のピットインの催しは『本田珠也&Thomas Morgan 2 Days』 の2日目。急きょシェティルが後半のゲストとして参加することになりました。メンバーは本田珠也(ds)、トーマス・モーガン(b)、そして石井彰(p)。前日はピアノが佐藤允彦さんで、これも行きたかったのですが、どうじても都合がつかず聴けませんでした。
 さて、シェティルのテナー・サックスの加わった音楽は渋かったです。でも渋い中に加齢臭のないかっこいいサウンドでした。久々にシェティルの音を聴きましたが、彼独自のサウンドを持っており、ジャズ/インプロへの本格的なカムバックに期待しています。 
 休憩中、トーマスとも興味深い会話を交わしました。水曜日「音や金時」での共演が楽しみです。

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

Yukari, Thomas, Michiyo

 ちょうど一年前、渋谷公演通りクラシックスで異色の共演をしました。ジョッシュ・バーマン(cornet)、田中徳崇(ds)、ジェイソン・レブキ(b)、トーマス・モーガン(b)とのセッション。
 中でもジェイソンとトーマスの演奏スタイルの違いはとても興味深いものがありました。シカゴのジェイソンとニューヨークのトーマス。ジェイソンの独特の持ち味は空間の尊さであり、演奏中の音すべてを聴衆にも共演者にも聴こえさせる不思議な魅力があります。はっきり言うと音数はとても少ないのだけれど、すべての音を音楽にする素晴らしい人です。その魅力は変わりませんでしたが、この日はけっこう弾きましたね。トーマスの演奏は、どちらかというといつものジェイソンを思わせる演奏だったのですが、ジェイソンのように哲学をイメージさせるものとは違い、自ら空間に身を委ねているようなふわりとしたたたずまいで時折鳴らすそのベースはとても骨太!という初めて出会うタイプの音楽家。
 本当にこの日の演奏は面白かったですね。誰一人、器用に音楽を構築しようとする人がいなく、自分自身を音楽にぶつけている様は共演していて清々しい気持ちになりました。
 さて、そのトーマスと久しぶりの共演です。もう一人のメンバーはトーマスの紹介でYukariさんというフルート奏者。先日ピットインで偶然彼に会った時も「Yukariは素晴らしいからトリオが楽しみだ」と言っていました。
 詳細は以下の通りです:

1月20日(水)
Yukari(フルート)、トーマス・モーガン(b)、八木美知依(箏)トリオ
場所:音や金時
Tel: 03-5382-2020
開場18:30/開演19:30
チャージ: 2600円+オーダー

 Yukariさんとは初共演。私も楽しみです。是非お越し下さい。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

箏初め

 私の手料理生活は4日目で終止符を打ちました。その最終日、お昼は早朝から作った鶏ガラスープと煮豚を作った時に使ったスープを混ぜてラーメン。夜は豚しゃぶ。今までの材料をふんだんに使ったエコなメニューだったのではないでしょうか。
 翌日愛知県へ行き母と食事をして帰京。

1月8日(金)
 愛知教室は5日から高橋が教授をしていましたが、この日は青海保育園にて高橋弘子、原田佐知子、加藤卓子が新春お箏コンサートに伺いました。今年は加藤の提案でいつもと趣向を変え、園児の皆さんに日本古謡も知ってもらおうという事で、プログラムは下記の通り:
さくら
かぞえうた
お江戸日本橋
こもりうた
ほたる
こきりこ節
たきび
となりのトトロ
崖の上のポニョ

 園児の皆さんの大合唱でお箏が聴こえないほどになったり、素朴な質問が沢山飛び出したりと、演奏者が元気を頂くほどでした。また、公演終了後おいしい給食をご馳走になったそうで、「懐かし〜い」と声があがりました。お世話して下さった先生や関係者の皆様この場を借りてお礼を申し上げます。習ってみたいな〜っ、という方がいらしたらいつでも気軽にお声をかけて下さいね。
 来月23日は、三和西保育園へ伺います。皆さん、楽しみにしていて下さいね。
Lpg
 
1月9日(土)
 「田村夏樹・藤井郷子 4タイトル・一挙同時リリース / 4バンド・一挙同日ライヴ」を聴きに新宿ピットインへ。以前より家人と親交があるネルズ・クライン(g)と少々談話しているところに今月共演するトーマス・モーガン(b)に「昨日日本に着ました」と話しかけられ、そこへ昨年の秋にユトレヒトで私の演奏を聴いたというオランダ在住のアメリカ人のおばさまに話しかけられ、愛する湯浅学さまと話し、いつも変わったところで会うニュージャージーのお箏オタクのスティーヴと話し、敬愛する北里義之さん、鈴木美幸さん、悠雅彦さんともごあいさつ。新年早々一度に大勢の知人に会い、驚きました。
 それにしても田村さんと藤井さんの相変わらずエネルギッシュな活動ぶりに尊敬の念を抱かずにはいられません。

1月10日(日)
 東京教室のお稽古初め。
 みんなが力一杯弾いている姿を見るだけで私も元気をもらいます。

| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

お正月

 いつもなら何かしら公演の為の練習をしている年明けですが、今年は念願の家事をしています。でも、家事って意外と大変なのですね。おかげでいつも書いているはずの賀状は失礼してしまっています。という事で、大晦日から今日までに私が作った料理は下記の通り。
 お節料理は「買ったり作ったりしたら責任とって最後まで食べてね」と言われるほど家族全員好きではないので、これといって用意しませんでした。
 • 煮豚(大葉や白髪ネギと一緒に)
 • 八宝菜ならぬ八宝スープ
 • 年越しそば(えびの天ぷら、大根おろし、ネギ、三つ葉、かまぼこ、ゆずを入れます) 
 • オニオングラタンスープ(生のタマネギを4時間かけてキャラメル状に炒めました)
 • 温野菜(文字そのものです)
 • いくら丼
 • お味噌汁(もちろん赤みそ、昆布とかつおでだし汁をとります)
 • じゃがいもとバジル、黒ごま、レモンのソテー
 • きな粉餅
 他に家人がローストチキンを作ってくれました。恥ずかしながら私にとって3日間連続で料理をするという楽しい珍事でした。
 お料理は知恵と創造ですね。
 
Photo_16

1_9
2_2

| | コメント (2)

2010年1月 2日 (土)

明けましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い致します。
 昨年後半は、文字通り怒濤のような日々が過ぎ、時折気管支炎にも悩まされました。今年は健康にも留意し、丁寧に日々を過ごせるよう努力をしたいと思っております。
 さて、昨年を少々振り返りますが、12月21日(月)東京経済大学『身体表現ワークショップ』でも試みたような長いソロでの展開を、今年はさらに発展させたいと思っています。
 22日(火)〜27日(日)は愛知県での通常のレッスンの他、生徒達が1月に演奏する曲のリハーサルなど。新しく入られた方もいました。箏によって人生が豊かになるよう願っています…いや、なるでしょう。
 12月28日(月)松山晋也さん来宅。『ミュージック・マガジン』の「めかくしプレイ」の取材でした。ニューヨークの友人の昔の音源が現在と音楽的思考が異なっていたため当てるのに結構時間がかかりました。くっそ〜!詳しくは、2月号で。夜は青山のBeaconにて国連開発計画の山崎女史と久しぶりに会食。
12月29日(火)は吉野弘志(b)、鬼怒無月(g)とのトリオ。このところ様々なトリオでの演奏をしましたが、このメンバーならでわのサウンドを築く事ができたひと時だったと思います。
 帰りの車で、この年のベストライブという話題になりました。思い出深いLIVEは本当に沢山ありますが、(私も含め車に乗っていた3名とも)強烈に印象に残っているのが新宿ピットインでの『内乱の内覧』。坂田明(s)、ジム・オルーク(g、p)、クリス・コルサーノ(ds)、ダーリン・グレイ(b)とのセッションでした。その他には甲乙つけがたいですが下記が印象に残っています:

• 太田恵資(vln)とのデュオ@音や金時(1年に1度のペースでゆったり共演してきましたが、新たな形に踏み出せた実感がありました)
• Humcrush、巻上公一との共演@湯河原・檜ホール
• 八木美知依トリオ+田中徳崇(ds)&ユーグ・ヴァンサン(cello)@新宿ピットイン
• Alan Silva Celestrial Communication Orchestra 2009@六本木スーパーデラックス
• ペーター・ブロッツマン(s)とのデュオ@六本木スーパーデラックス&上尾バーバー富士
• ペーター・ブロッツマン(s)、本田珠也(d)とのトリオ@アケタの店
 
 今年は4月にポール・ニルセン・ラヴ(ds)とのデュオ等を予定しておりますが、他にも様々な出会いがある事でしょう。
 皆様の健康と繁栄を願っております。
Photo_15
晋也さん、綺麗に撮ってね。

| | コメント (5)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »