« 春の嵐とポール・ニルセン・ラヴ | トップページ | 『混民サウンド・ラボ・フォーラム』 »

2010年4月 7日 (水)

花吹雪2010

4月2日(金)
 ノルウェーからポール・ニルセン・ラヴ(d)がやって来ました。「この人と共演したい。」と思う数少ない音楽家の一人です。初共演からもう5年の友人関係ですが、何度か欧州ツアーをした仲なので、久しぶりに家族に会ったような感じになります。
 ポールは会うたびに成長しています。こんなに鋭い音のドラマーはいない、といつも思いますが、ますます鋭くなっていました。スピードは以前のままですが、細かいニュアンスが増え、さらに複雑な音楽を演奏しています。この日の演奏は千葉Candyでのソロとデュオ。デュオは初めでしたが、今後の二人での活動も想定できる音楽が構築できたのではないかと思っています。こじんまりしたこだわりのお店の中の温度がいっぱいのお客さんと音楽で一気に上がりました。

4月3日(土)
 アケタの店で2daysの初日です。東京はどこも桜が満開。車の窓越しに静かに桜を見て音楽について考えているだけで幸せな気分になります。
 約20分のポールとのデュオに続いて本日のゲスト、坂田明さんに入って頂きました。即興演奏なのだから何も決めていないのですが、3人で漕ぐ船はいつでもどんな所へも行ける。演奏する側としてはそれが一番の醍醐味ではないかと思います。やんちゃな天才だと思っていたポールが私の利き耳を覚えていてくれて、いつもとモニターの位置が違うけど良いのか、と案じてくれたので少々驚きました。一昨年は365日中280日が本番。そんな生活が楽しくて仕方がないという彼。音楽生活を通して人生を学び歩んでいるのだなぁ、と節々に感じ、姉さんはなんだか切ない気持ちになります。

4月4日(日)
 いつも即興演奏ばかりしているわけではないので、この3日間が長く感じるかと思いましたが、全くありません。朝、もう最終日なのか、と寂しい気分でした。持続力といい、音といい、ポールほどぴったりくる共演者はあんまりいませんから。今更ながらですが、彼との共演を最初に勧めてくれた家人に感謝しています。
 という事で、出かける前から今日のデュオではポールのエネルギーに答えようと思っていました。そしてゲストはジム・オルークさん。ジムと共演すると、私はまだまだ私はやるべき事がある、と頭がさがると同時に、勇気と力をもらいます。昨夜のトリオとは全く違う面白さの展開になりました。
 またポールとツアーがしたい、と心から思う3日間でした。お世話になった皆様、ありがとうございました。
Michiyo_paal

Akira_paal_michiyo

Jim_paal_michiyo

 さて、今日からポールはアトミックのメンバーと合流し、まずは京都で演奏。アトミックは絶対に聴いた方が良いと思います。1年は寿命が延びた気持ちになりますよ。
 
4/7(水) 神戸 Big Apple
開場18:30/開演19:30
予約4500円/当日5000円 + drink
神戸市中央区山本通3-14-14 トーアハイツB1 http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple
Tel/Fax: 078-251-7049
Email: big-apple@i.bekkoame.ne.jp
◎Tel(留守電時も可)/Fax/Emailで予約受付中。前日までに代表者のお名前と人数をお聞かせ下さい

4/9(金) 名古屋 Tokuzo
開場18:30/開演19:30 前売4500円 当日5000円 + order
名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F
http://www.tokuzo.com Email: info@tokuzo.com
Tel: 052-733-3709
◎店頭及びチケットぴあ(Pコード: 100-009)にて前売り中。メール予約も可(HP参照)

4/10(土)、4/11(日) 東京 新宿ピットイン
開場19:30/開演20:00 前売4500円/当日5000円(ドリンク付き)
新宿区新宿2-12-4 アコード新宿B1
http://www.pit-inn.com
Tel: 03-3354-2024
◎新宿ピットイン、チケットぴあ(Pコード: 101-538)にて前売中

|

コメント

神戸のatomicを聴きに行きました。
寿命が1年伸びた気がします。
来日してくれて、ありがとう。

投稿: tomato1966 | 2010年4月 8日 (木) 14時54分

でっしょ〜!折角の機会ですから、聴いて頂けて良かったです。

投稿: michiyo | 2010年4月 8日 (木) 18時02分

コメントを書く






« 春の嵐とポール・ニルセン・ラヴ | トップページ | 『混民サウンド・ラボ・フォーラム』 »