« 半島の唄、島の唄 | トップページ | 須川/八木/Manganトリオ »

2010年4月29日 (木)

委ねる

 流れている音楽に身を委ねるという事はあっても、言葉に身を委ねるという経験は初めてではなかったでしょうか。はたして私自身が吉増剛造氏の言葉をどこまで言語として認識していたかは、はっきりと言えないのだけれど…
『半島の唄・島の唄』。つくばカピオホールで行われたこのコンサートでの共演者は、初めてお会いする方ばかりでした。
 朴美妍さんのピアノも素晴らしいけれど、なんといっても朴在千さんのしなやかで研ぎすまされた打楽器演奏は本当に素晴らしかったですね。
 また、吉増剛造さんの詩と映像とステージ床に置かれた作品により、五感の扉を開く刺激的な一夜となりました。難しい内容にとられがちな興行だったと思いますが、まるでヨーロッパのフェスティヴァルのように、ほぼいっぱいの客席の皆さんの温かい気持ちがステージにも届き、心身ともに充実したコンサートとなりました。とはいえ、ここに至るまでには野口修さんを始め、大勢のボランティアの方々のお力添えがある事は言うまでもありません。改めてお礼を申し上げます。
 打ち上げでは、吉増さんが仰った一つ一つも興味深く、最後まで刺激的な日でした。
Hantou1
Hantou2
Hantou3
 
 さて、5月1日に横浜エアジンで『横浜国際インプロ音楽祭』があります。随分神々しいタイトルだなぁ、という感じですが、私はベースの須川崇志さんからお誘いを頂き、ザック・マンガンさん(ドラムス)とトリオで演奏します。ザックさんとは初めての共演です。以前、トリオの難しさに悩んだ事もありますが、この頃は、まるで3人で行う将棋の手を考えるような楽しさがあります。GWまっただ中、是非お越し下さいませ。

5月1日(土)
『横濱国際インプロ音楽祭』

• 八木美知依(20絃箏、17絃箏)

• 須川崇志(コントラバス、チェロ)

• Zach Mangan(ドラムス)

会場: 横浜エアジン

開場: 19:00、
開演: 19:45

チャージ: 2500円(+1ドリンク)

|

コメント

コメントを書く






« 半島の唄、島の唄 | トップページ | 須川/八木/Manganトリオ »