« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

Evan Parker その二

3月3日(木)
 Evan Parkerとリハーサル。時間よりも少々早く来て下さったエヴァンさんは片手にクラリネット、片手に花束を。先日アップした沈丁花の様な花は彼がプレゼントして下さったものです。彼は園芸好きとのことですが、リハに花束を持参してくるなんて、にく〜い!背中姿は同胞のペーター・ブロッツマン氏と同じ香りするのに、この粋な演出は随分とペーターのスタイルとは違います。でも、きっとハートは共通するものがあるのでしょうね。エヴァンさんはペーターさんの事を「すごく良い仲間で、一度も喧嘩をした事がない」と仰っていました。
 さて、リハーサルは共演する「十六夜」の進行を私が演奏しながら話しただけで、あとはエヴァンさんが考える音楽についてや、ご自身のこれまでの事をたっぷり聞き、それで終わってしまいました。音楽の評論やプロデュースをする立場にある家人は、滅多に聞けない珍しい話に大喜びでした。
 言うまでもなく5日の本番は皆さんの御陰で素晴らしい一時を経験する事になりました。私にとって歴史的な一夜であった事は言うまでもありません。
 写真は公演終了後にエヴァンと共に撮ったものです。その後、エヴァンさんからは地震による心配のメールを頂きました。東京では普通に過ごすだけでもエネルギーを要する毎日ですが、一つ一つ丁寧に動いていきたいと思います。Evan

| | コメント (2)

2011年3月26日 (土)

日々

 未曾有の震災で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに、被災した方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 イギリスから帰国早々、お礼の文章をアップする予定でしたが、テレビで知る様々な情報に強いショックを覚え、言葉が見つからない日々を過ごしていました。被災地で強く生きている方々を見ながら、自分に何ができるのかと考え、それとは裏腹に理不尽な会見の様子を見ると、それらを変えられない自分の無力さに気分が悪くなる、といった繰り返しです。
 とはいえ、私の日常はいつものように音楽に溢れています。日本に住んでいるというだけで世界中の友人、知人から心配のメールを頂き、感謝しています。
 そして、このような状況の中にあっても、被災地の方々の笑顔を見た時、人間の強さと美しさ・尊厳に感動します。まだまだ不安な状況が続きますが、現実を受け止めながら、皆様とともに歩んでいきたいと思っております。Photo

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

Evan Parker

3月2日(水)
 夕方、ロンドンの日本大使館にて演奏。5日(土)に共演して頂くサックス奏者のエヴァン・パーカー氏も来て下さり、初めて挨拶をする事ができました。音と写真でしか知らないエヴァンさんですが、いつもお世話になっているペーター・ブロッツマン(sax)やポール・ニルセン・ラヴ(ds)、ハン・ベニンク(ds)、インゲブリグト・ホーケル・フラーテン(b)、キース・ロウ(g)ら共通の共演者は大勢います。
 Tzadikより『Shizuku』を発表した1999年にはエヴァンさんにすぐ会えるような気がしていましたが、結局12年もかかってしまいました。その間、共通の共演者(特にペーター)から随分いろいろな事を勉強させてもらい、そろそろこの重鎮に会わせてやってもいいだろう、と神様が声をかけて下さったような気がします。精神的に孤独だった頃、「箏の可能性」つまりは「自分の音楽で生きて行く可能性」をエヴァンの演奏の中に見つけたのを思い出しました。挨拶はあまり上手にできませんでしたが、きっと気持ちは伝わっているのではないかと思います。写真を一緒に撮りたかったのですが日本大使館のセキュリティの関係上できませんでした。4日に軽いリハーサルをする事になったのでそこで撮ってみます。
 さて、3月3日(木)に愛知の生徒たちが大野保育園でひなまつりコンサートを行いました。子供たちだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんも来て下さり、最後は楽器に触れたりして演奏者共々楽しい一時を過ごしたようです。曲は「うれしいひな祭り」「崖の上のポニョ」など7曲。伺ったのは高橋弘子、原田佐知子、加藤卓子の3名でした。「来年はうちでも」と考えていらっしゃる方は気軽にお声をかけて下さい。甘酒と箏の楽しいひな祭りコンサートなんて如何でしょう。なお、この公演で最初に声をかけて下さった桑山勝つ代さん、そして関係者の皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。
 こうしてロンドンにいても箏を弾いている生徒の瑞々しい人生に触れる事ができて幸せを感じます。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

Happy Birthday 紗知さん

2月26日(土)
 ロンドンの練習と箏スタンドの海外用梱包、事務をした後、なんとか早坂紗知さん(sax)のBirthday Liveの後半に間に合いそうだったので、急いで出かけました。江古田Buddyに入ると超満員のお客さんの熱気でムンムンしていました。
 紗知さんの音は、あの華奢な体からどうしてこんな分厚い音がでるのだろうと驚かされる低音と、どこまでも伸びやかな高音。男っぽさと女性らしさを兼ね備えた音色は、考えてみればあまり聴いた事がないバランスです。
 会場にはスペシャル・ゲストの原田芳雄さんがいらっしゃいました。「こんばんは、原田芳雄です」と一言仰られただけで凄いインパクトでした。

3月1日(火)
 きっとEvan Parker(sax)のファンが私の最初のCD『Shizuku』を聴いたら、彼の影響を受けているとすぐに気付くでしょう。その通り。私が最初に挑戦した箏の共鳴に対する考え方は、めちゃくちゃEvan氏の影響を受けています。それから12年後、ようやく共演のチャンスが訪れました。干支一回りですね。しかも彼の祖国、イギリスで。改めて聴いた彼の作品は最近のソロとKeith Rowe(g)とのデュオ。期待に胸が高まります。という事で、今は機上です。
1_2
ロンドン到着後、水を買いにマーケットへ。白いニンジンの様なパースニップを見つけました。味は蕪のようだそうです。
Photo
生の青いチリも一袋に大量入っています。やはり、円高なのですね。どの野菜もとても安いです。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »