« 弾き納め | トップページ | 開運祈願 »

2011年12月31日 (土)

振り返って

1月
 私流の正月料理を作りながら、朗読「ごんぎつね」の音楽を作曲。
 太田恵介さん(vl)と恒例の年初めセッション。もちろん来年も大泉学園インFで。
 弟子ひとちゃんの公デビュー。
 埼玉「蔵の音」。

2月
 秋田昌美さん(エレクトロニクス)の演奏を初めて生で聴く。内臓が振動するほどの音量を体感。しびれました。
 ポール・ニルセン・ラヴさん(ds)、ラッセ・マーハウグさん(electronics)とレコーディング。けっこういいものができたと思う。
 ジム・オルーク(g)さんと初デュオ。彼とはLIVE会場でも良く会うので、初めてデュオで共演するという気がしませんでしたが、これも今年の2月だったのですね。夏のような気がしていました。人の記憶って曖昧ですね。

3月
 ロンドンでリサイタル。ホテルの部屋にエヴァン・パーカーさん(s)がリハに来て下さり、その朗らかな大物ぶりに感動。
 永田町の歯医者さんに通い始める。
 高橋と協力して6月の我が教室の演奏会の練習を本格的に進める。

4月
 ソロとユーグ・ヴァンサン(cello)とのデュオを中心にベルギー、スイス、イタリアで公演。ベルギーではEric Thielemansさん (drums, percussion)を含めたトリオ公演も。ユーグはもちろんですが、エリックともまたいつか共演したいですね。
 地震の影響で次々と来日公演が中止。地震当初から海外メディアではしっかりと現実をとらえたニュースが出ており、日本で見聞きする情報との差に驚く。
 そんな状況の中、八木美知依ダブル・トリオ公演には大勢の方々が来て下さり、感謝。

5月
 四谷茶会記 で大谷安宏さん(ラップトップ、ギター)とデュオ。昔からお名前は見聞きしていたのでどんな大御所かと思いきや、柔軟ですっきりした音楽とご本人に少々びっくり。また共演したいです。
 下北「風知空知」で松浦このみさん(朗読)と始めた「箏の顛末」シリーズ。言葉は音楽であると改めて実感。
 アンジェラ・アキさんとレコーディング。気さくで素敵な方でした。
 メールス音楽祭出演に向け、ピットインで八木美知依ダブル・トリオ公演。

6月
 『八木美知依箏曲研究室演奏会』 常滑市民文化会館大ホールにて。ゲストでお越し頂いた松浦このみさんの朗読も私の新曲も好評で良かった。何よりも研究生一同の努力の賜物でしょう。
 八木美知依ダブル・トリオでメールス音楽祭出演。アンコールが時間の都合上できないとわかるとブーイングも出るほどの好評で、とにかく驚く。
 NHK「花鳥風月堂」をKokooで収録。

7月
 母と小旅行。
 本田珠也さん(ds)企画「Bass Voodoo」にゲスト出演。音そのものに生きている実感がある音楽だった。

8月
 八木+珠也さん+吉田隆一さん(s)。
 八木+珠也さん+竹内直さん(s)。

9月
 八木美知依ダブル・トリオ@ピットイン。レパートリーが増えてきました。

10月
 4月にヨーロッパツアーを共にしたユーグ・ヴァンサンさん(cello)が来日。
アケタの店でユーグ、田中徳崇さん(ds)、須川崇志さん(b)とカルテット
久しぶりの横浜ドルフィー。ユーグと珠也さんとトリオ。
 ペーター・ブロッツマン(s)、ポール・ニルセン・ラヴ(ds)、フレッド・ロンバーグ・ホルム(cello)来日。私とジム・オルークさんが加わりピットイン公演。
 ペーターさんと珠也さんとアケタでトリオ。

11月
 オーストリア、ヴェルス市『Music Unlimited XXV』。ペーターの招聘により日本人音楽家が数多く出演。彼が持つ魂は東洋人が言う義理人情と何ら変わりはない。フェスティヴァルの内容も実験的でありながら夫々飽く事がない、素晴らしいものばかりだった。
 渋谷WWWにて坂田明さんのトリオに山下洋輔さん(p)、ジム・オルークさん(g)と共にゲスト出演。

12月
 岐阜県多治見市南姫公民館にて公演。聴きなじみのあるものから始まり、スティックなどを使ったオリジナル曲まで演奏。

 今年もいろいろな事を経験させて頂きました。
 弟子達は、高橋弘子、原田佐知子を中心に様々な公演にとても意欲的に取り組み、成長しました。
 来年もきっと多くの素晴らしい出会いがあるでしょう。今年培った事を大切にしながら進んで行きたいと思っています。
 皆様、どうぞ良いお年を。  

Door

|

コメント

コメントを書く






« 弾き納め | トップページ | 開運祈願 »