« 坂田、本田、八木トリオ(前書) | トップページ | The Town »

2012年3月24日 (土)

坂田、本田、八木トリオ(後書)

3月23日(金)
 5時半頃にピットインに入ると、珠ちゃんはすでにウォーミングアップ中。ひとちゃんは走って会場入り。私が「会社は忙しい?」と尋ねると、元気に「はい、今週は残業祭りです!」と。そんなこんなで本番前からテンション高し。
032312
 珠ちゃんと私は様々な音楽家と組みますが、サックスと共演するとどうしてもペーター・ブロッツマン(s)とのトリオを想像します。しかし坂田さんとはそれとは全く違う、独自のサウンドを創る事ができました。これも音楽性がとても広い坂田大将、そしてますます多彩になりつつある珠也さんのおかげです。
 終演後、大将は若人勢を相手にいろんな話をして下さいました。若輩ながら同じように考えている事もあり、かなり勇気づけられました。歴史をご自分で作り上げた方の話には真実の重みがあります。皆に対する応援歌は午前2時まで続きました。坂田さんの温かい人柄にも心が熱くなった一夜でした。このトリオに関して音楽評論家の北里義之さんがレビューをして下さっています。よろしければ、こちらもご覧下さいませ。

 さて、遅ればせながらSound Pot Partyの模様をマイフォトにアップしました。お時間のある方はお立ちより下さいませ。

|

コメント

コメントを書く






« 坂田、本田、八木トリオ(前書) | トップページ | The Town »