« ポール・ニルセン・ラヴ エレクトロ・アコースティック・カルテット(その1) | トップページ | パパラギ・ミーティング »

2013年1月28日 (月)

ポール・ニルセン・ラヴ エレクトロ・アコースティック・カルテット(その2)

 1月26日(土)『ポール・ニルセン・ラヴ エレクトロ・アコースティック・カルテット』にお越し下さいました皆様、ありがとうございました。今回ポールさん達が地方での公演を予定していなかった事もあり、大阪、三重、和歌山、新潟など遠方からのお客様が大勢来て下さいました。彼らにとってはもちろん、私にとっても思い出深い来日最終公演になりました。終演後ジョーさんが「俺は本当に悲しいよ。今日が最終日だなんて」と首をうなだれて仰ったのが印象的でした。73歳。やはり音楽が生き甲斐であるという証をしみじみ聴いた瞬間でした。

Classics21
ポールは芸術的鉄鋼場に進化していました。ラッセさんはプロデュース能力にも長けた才能ある音楽家だと改めて感じました。

Photo_2
ラッセさんの楽器。やはり今日も最先端と手作り楽器などの組み合わせ。

Photo_3
終演後のご機嫌なひと時。

Photo_5
こうしてみるとみんな大きいのですね。といいますか、私が小さいのかな?

|

コメント

八木さん!ステキなライブをありがとうございました。八木さんの音楽、手さばきを一番近くでみれて本当に満足でした。またジョーさんをはじめてみて感動しました!パワフルだけど、とってもやさしさが感じられる音楽だったと思います。また、写真も載せてもらってありがとうございます。(ちょっと恥ずかしい!)他の写真についてもお尋ねしたく、また、私のカメラで撮った写真もお送りしたいので個人的にメールいただけませんか?

投稿: おぎまさよ | 2013年1月31日 (木) 07時23分

コメントを書く






« ポール・ニルセン・ラヴ エレクトロ・アコースティック・カルテット(その1) | トップページ | パパラギ・ミーティング »