« レコーディング | トップページ | ポール・ニルセン・ラヴ エレクトロ・アコースティック・カルテット(その1) »

2013年1月24日 (木)

Everything Happens For a Reason

 1月22日(火)、六本木スーパー・デラックス。外は冷たい風が吹いていましたが、会場内は熱気でムンムンしていましたね。私は1st Setで坂田明さん(サックス、クラリネット)、ラッセ・マーハウグさん(エレクトロニクス)とトリオで、そして2nd Setでは全員の演奏に参加しました。前日にレコーディングでも使用したカナダの職人さんに作ってもらったリング・モジュレーターを使いました。モジュレーターはジム・オルークさんも持っており、彼の使い方は非常に勉強になりました。次回に早速生かしたいと思っております。という事で、マクフィーさんら来日最後のセッションは今週土曜日、公園通りクラシックスです。私も演奏しますので是非、お越し下さいませ。

Sdlx
左から私、ジム・オルーク(g)、坂田明(s)、ポール・ニルセン・ラヴ(ds)、ジョー・マクフィー(s)、大友良英(g)、ラッセ・マーハウグ(electronics)。写真は矢部瑞保さんから頂きました。

Photo
見た目は可愛いです。

|

コメント

コメントを書く






« レコーディング | トップページ | ポール・ニルセン・ラヴ エレクトロ・アコースティック・カルテット(その1) »