« 空宇宙室 | トップページ | 4人の打楽器奏者もしくは2人の打楽器奏者と(2トラック)テープのための『四季』(1970) »

2013年2月21日 (木)

梅の雨降る

 3月16日(土)に四谷 喫茶茶会記で行う松浦このみさん(朗読)とのデュオのリハーサルを行いました。リハーサルといっても、このみさんと私の感覚の擦り合わせから始まるので、まるで時間約40分位の空間共同制作をしているようなノリです。やはり一人より二人ですね。新しいアイデアも浮かびます。あっという間のひと時でした。(脳が活性化され、もしかしたら究極のアンチエイジングかも)
 今回は宮部みゆき作「梅の雨降る」です。読み解いていくとハリウッド映画のような仕掛けがあり、さすがだと感じました。あなたも「おえん」や「箕吉」の切ない心情にどっぷり身を任せてみませんか。
0208

|

コメント

コメントを書く






« 空宇宙室 | トップページ | 4人の打楽器奏者もしくは2人の打楽器奏者と(2トラック)テープのための『四季』(1970) »