« 鶴田真由 特別プログラム『記憶の底に眠るもの』 | トップページ | 第11回八木美知依箏曲研究室演奏会、大成功への道程7 »

2013年6月 4日 (火)

U・TSU・HO

 金津創作の森にお越し下さいました皆様、どうもありがとうございました。日頃は自作曲や即興演奏が中心の活動でしたが、久しぶりに所謂"contemporary music"と言われる音楽の演奏をしました。初めてお聴き下さった皆様には難解な部分もあった事かと思われますが、その中でも山口紀子さんの作品は堂々とアルペジオの連続があるなど、奇をてらった感じがなく、弾き込んでいくと演奏する側に達成感が得られるという素敵な作品が多かったです。木下正道さんの作品は、箏は弾き歌うという概念の基に作られた曲で、現代とも古典ともつかない個性溢れる作品でした。本番では木下さんが指揮をして下さったので、楽譜中心ではあるものの、かなり自由に歌わせてもらいました。短い期間でしたが、共演者の皆さんや金津創作の森のスタッフの方々とは家族のような温かい関係を築く事が濃い数日間でした。
 写真をこちらに少々まとめました。お時間がある方は見にいらして下さい。

1
終演後、作曲家の山口さん、木下さん、そして共演者の皆さんと

2
森に囲まれた素敵なホールでした

|

コメント

コメントを書く






« 鶴田真由 特別プログラム『記憶の底に眠るもの』 | トップページ | 第11回八木美知依箏曲研究室演奏会、大成功への道程7 »