« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月30日 (日)

リハーサル&内橋さんと道場!

 4月5日(土)、神奈川県の常福寺でのコンサートのリハーサルを須川崇志さん(b)と田中徳崇さん(ds)としました。リハの後は、須川さんはLIVEへ。徳さんは家人とブラインドフォールド・テストで盛り上がりました。
 ノリさんの音楽と音響の知識量、耳の良さは本を書いた方が良いと思うほど。才能豊かとは言え、なぜドラマーがこれほどまでに音響知識に富んでいるのか。それはある時、自分が録音された音に不満を抱いた所からと始まった、と。私も同じ様な経験はありますが、その先が私と全く違いました。音について語るのは時間があってもあっても足りません。6月にもこのトリオで演奏を予定しています。

1
須川さんと田中さん

2
本田珠也さん夫妻から頂いたコーヒーカップ

 そして明日はこちら!ぜひお越し下さいませ。

Classics033114rev

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

内橋和久さん(g)を迎え道場!

 昨日のワークショップ&春のコンサートでは以前習っていた生徒さんや現在産休中のいくちゃん、東郷町の皆さんにも会う事ができ本当に心温まる一日になりました。余韻に浸っていたい今日この頃ですが、来週の今日は公園通りクラシックスにて内橋和久さん(g)を迎え本田珠也さん(ds)とのバンドっていうのでしょうか。道場のLIVEです。皆様、是非、楽しみにお越し下さいませ。
1890587_10203535826941319_174660027

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

ワークショップ&春のコンサート2

Photo
美結ちゃん、七緒ちゃん、恵子ちゃん
4
宮田さんも三重県から来て下さいました。宮田さんの列はひろみちゃんが丁寧に指導しました。美結ちゃん、アシスタントとしての気配りもバッチリでした。

Photo_2

久しぶりの「Rouge」ダブルトリオよりも生音で凄みがあると言って下さった方もいました。17絃箏のマーカス・ミラー、ウィリアム・パーカーの高橋弘子。
Photo_3
沢井忠夫作曲「黒田節による幻想曲」

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

ワークショップ&春のコンサート1

 お天気にも恵まれ、大勢の皆さんに参加して頂きました。私、そして生徒一同より心からお礼申し上げます。
1
 最年少参加、あいるちゃん3才の爪を選んでいます。美結ちゃんは私のアシスタントを務めました。なっちゃんも「螺鈿」では1箏のトップ。みんな、上手く大きく成長してくれたものです。私は、嬉しくて仕方ありません。爪は琴光堂諏訪支店さんから沢山お借りしました。
2

 あいるちゃん1時間の授業を最後まで集中力を切らさず、ずっとテンポをキープしていました。すごい!!この列の担当は恵子ちゃん。
3

 大勢の皆さんが参加して下さり、楽しい一時でした。

| | コメント (0)

2014年3月21日 (金)

ワークショップ&春のコンサート準備

3月23日(日)に常滑市多屋公民館で行うワークショップで教える人たちのリハーサルを行いました。教室一同で皆さんのご来場を楽しみにお待ちしています。
1

 そして、久しぶりの箏のみで演奏する「Rouge」!マーカス・ミラーも顔負けの?高橋のグルーヴとキープ力に乞うご期待。
2

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

八木美知依箏曲研究室ワークショップ&春のコンサート

 ご好評につきワークショップは定員になり応募を締め切らせて頂きました。コンサートはあとわずか数席ですがご用意できます。お時間のある方は、是非、高橋(090-4184-6879)までご連絡下さいませ。
Rev1

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

ブロッツマン・八木・本田

3月16日(日)

 最終日。私と珠也さんとのトリオ。演奏前に珠也さんとの会話の中で気づかされた17絃箏の音色について。今までに気づかなかった特性だったので参考にして耳の意識を少々変えてみました。結構、上手くいったのではないかと思います。珠ちゃん、ありがとう。

Photo_6
2_2
3
4

魂を揺さぶられる1週間でした。皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

ペーター・ブロッツマン ソロ

3月15日(土)下北沢レディージェーンにてソロ。ソロなのにハーモニーもドラムスまで聴こえてくるような音楽でした。なかでも倍音をコントロールしてピッチを変えて行く音色は彼の絵を思い起こさせる美術的なものでした。
Photo_3

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

ブロッツマン来日総括

 私は千葉Candy以外のLIVEを全て聴きに行きました。自ら参加したものはさておき、すべての公演が世界的なジャズ・フェス等で聴かれるレベルの水準であったのではないかと感じています。そして公演の一つ一つが全く異なる音楽であった事。それはどんなに有能な音楽家であってもなかなかできるものではありません。本当に凄い人です。まだはっきりとわかりませんが、今度会えるのは秋の東欧で本田珠也さんとトリオでしょうか?またびっくりさせてやるから待ってろよ、と本人には言えませんが、心の中で思った次第です。

 3月14日(金)、公園通りクラシックスでの坂田明さん(s)、ジム・オルークさん(g)とのトリオは今回のツアーの中で最も芸術的だったと思います。坂田さんは100人切りのようなソロを演奏されたかと思うと、まろやかなクラリネットのロング・トーンを吹き、誘われるようにペーターも今まで聴いた事がないような、倍音が少ないソフトな音色で応召。ジムさんの音選びの思慮と鋭さは聴く者の耳を研ぎすませました。ペーターさんにとってとても刺激的な夜だったのではないでしょうか。 

Photo
Photo_2


 そして打ち上げは新宿の居酒屋さんで。私はその日の内に帰宅しましたが、残る皆様午前様。お酒を飲まないペーターさんも珍しく最後までいらしたとか。よほどくつろげたのではないでしょうか。

1
2

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

ブロッツマン・八木・本田

 ペーターさんと珠也さんのトリオ。少々の努力をしてこの本番を迎えました。その成果は出せたのではないかと思います。演奏面だけでなくエフェクトにもうるさいペーターさんですが、それも面白がってくれたようでした。珠也さんはエナジーだけではなく構成力も優れており、会う度に凄いな〜、と感じます。ペーター親父に「今日はどうだった?」と尋ねたらよそ見をしながら、まるで他の人に話している様に「Today was the best so far, I think.」と。打ち上げに中華へ行きましたが、浮かれる訳でもなく淡々と食事をする親父を見て、ますます嬉しくなりました。自分への音楽の借りは音楽でしか返せないと感じた夜でした。
 本日、明日とペーターさんは場所を変えて演奏し、最終日は西荻アケタの店で昨夜と同じメンバー。次の来日はたぶん来年でしょう。海外のフェスで会う時は記者や多くのファンの方々に囲まれてなかなか話す事がままならないペーターさん。来日中はとても貴重な一時です。最後の公演に向けて本日も明日も聴きに行こうと思います。
Photo

3月16日(日)
『ブロッツマン・八木・本田』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏)、ペーター・ブロッツマン(サックス、クラリネット)、本田珠也(ドラムス)
会場: 西荻窪アケタの店
東京都杉並区西荻北3-21-13吉野ビルB101
Tel: 03-3395-9507

開場19:00、開演19:30
料金: 予約3000円、当日3500円(1ドリンク付き)

Broetzyagihonda

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

SDLX SuperSessions

 昨夜、六本木スーパー・デラックスにお越し下さいました皆様、どうもありがとうございました。伝説のバンド「Guru Guru」のドラマー、マニ・ノイマイヤーさとは本番直前にお会いしました。ハードな音楽を想像していましたが自然界すべての音をドラムキットで表現されるような懐の深い方でした。どのような音楽でも共有できるような方なので、またドイツでも共演できたら良いな〜、と思っております。そして、ペーターさんと近藤さんと豊住さんのトリオ。ペーターさんと近藤さんは、共に管楽器ですがアプローチの仕方が違うものの、そこは長年の仲間だけあり見事な展開を見せました。ここのところ、ペーターさんを中心にした音楽をいろいろ聴いていますが、毎日共演者によって音楽が異なる所はさすがに長年、ペーター・ブロッツマンという名前を君臨させているだけの確かな裏付けがあります。
 本日は、私と本田珠也さん(ds)とのトリオ。来日中のこれまでの公演ともまた違う音楽になるでしょう。お天気が心配されますが横浜で皆さんにお目にかかりたいと思っています。

3月13日(木)
『ブロッツマン・八木・本田』

出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏)、ペーター・ブロッツマン(サックス、クラリネット)、本田珠也(ドラムス)
会場: 横浜Jazz Spot Dolphy横浜市中区宮川町2-17-4 第一西村ビル2F
Tel: 045-261-4542
開場19:00、開演19:30
料金: 予約4000円、当日4500円(+オーダー)
1965560_10203386327723932_198864344

Photo
マニ・ノイマイヤーさんとおでこが広い私。

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

 明日3月12日(水)は伝説のジャーマン・サイケ・バンド、グルグルのマニ・ノイマイヤーさん(perc、ds)と初共演です。がっぷり四つに組んで臨みます。場所は六本木スーパー・デラックス。皆様、楽しみにお越し下さいませ。

『SDLX SuperSessions!』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏)&マニ・ノイマイヤー(ds, perc)デュオ、ペーター・ブロッツマン(sax, cl)+近藤等則(elec-tp)+豊住芳三郎(ds)トリオ
会場: 六本木スーパー・デラックス
東京都港区西麻布3-1-25 B1F
Tel: 03-5412-0515
開場19:30、開演20:00
料金: 予約3300円、当日3800円 (ドリンク別)
Sdlx_supersessionssm

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

訃報

 昨年の秋、トロンボーン奏者サミュエル・ブレーザーさんと同行された際にとても親しくなったばかりだったのに、今年の1月に突然亡くなられたマネージャー/パブリシストの内田泉さん。
 その訃報に続き、またも大切な方が天国へ召されました。

 長年に渡り新宿ピットインで素晴らしい音響を担っていた藤村保夫さんが昨日亡くなられました。
 音楽家の調子が良い時も悪いときも、いつも音響ルームから間近に寄り添ってくれていた藤村さん。私の演奏後はいつも具体的に「ここが好きでした」などと何かしら言ってくれました。
 「新宿ゴールデン街」の歌詞を家元制度批判に変えて歌った時は「いや〜、今日はすごいものを聴かせてもらいました!」と笑ってくれたり、ローディーの女の子達の飲み物を買おうとしたら「スタッフもミュージシャンと同じですから」とディスカウントしてくれたり、いつも楽しくて優しい方でした。
 心から音楽好きだった藤村さんの魂は、きっといつ迄もピットインに宿り続けるでしょう。

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

独り言

 ここよりもツイッターに書くような事かも知れませんが、少々スランプに陥っていました。でもそれを明るい気持ちにさせてくれたのは尊敬する先輩方の言葉、何でも真摯に受け入れてくれる友人、そしてやはり音楽でした。坂田明さん、ペーター・ブロッツマンさん、アブドゥーラ・イブラヒムさん、松浦このみさん。そして昨夜のピットインでの音楽。感謝しつつ Go! Go! Next! Next! 

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

ブロッツマン来日

 ペーター・ブロッツマン(s)さんが来日しました。いろいろな状況が重なり、ナント私が成田空港へ迎えに行く事になりました。(一人では心配だったので車には陽子さんにも乗って頂きました。)そして東京へ戻りMarkも合流して青山beaconでランチ。私のちょっとした悩みを言うとペーターさんは長旅で疲れているでしょうにドン・チェリー(tp)との経験を話してくれました。いつも驚く事に彼の回答は抽象的な内容ではなく明確で具体的なアドヴァイスです。
Photo

3月12日(水)

『SDLX SuperSessions!』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏)&マニ・ノイマイヤー(ds, perc)デュオ、ペーター・ブロッツマン(sax, cl)+近藤等則(elec-tp)+豊住芳三郎(ds)トリオ
会場: 六本木スーパー・デラックス
東京都港区西麻布3-1-25 B1F
Tel: 03-5412-0515

開場19:30、開演20:00
料金: 予約3300円、当日3800円 (ドリンク別)

Sdlx_supersessionssm

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

興味深い内容

だったのでチラシを大きく貼ってみました。
1965560_10203386327723932_198864344

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

ブロッツマン来日に向けて

 さて、私の次のLIVEは3月12日(水)六本木スーパー・デラックスにて「SDLX Super Sessions!」でマニ・ノイマイヤーさん(ds,per)とのデュオ。(マニさんは東京タワーの蝋人形館にもビートルズやフランク・ザッパらと共に飾られているという伝説のドラマーだそうです。)そして翌13日(木)は横浜ドルフィーにてペーター・ブロッツマンさん(s)と本田珠也さん(ds)とトリオ、そして16日(日)には東京、西荻アケタの店でもこのトリオ「ブロッツマン・八木・本田」です。熱い週になりそうです。体力もつけて皆様にお会いしたいと思っております。
Sdlx_supersessionssm

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »