« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

長岡 八木美知依ソロ

 新潟県長岡市で水瀬さんがソロLIVEを企画して下さいました。通常ソロで演奏している曲の他にMZN3などトリオやダブルトリオで演奏している曲をループなどを使いソロで挑戦。すべて上手くいき自信になりました。また、せっかくの機会なのでお客様に弾いて頂きました。皆さん「結構、力が要るんですね〜」と。少しでも楽器を身近に感じて頂けたら嬉しいです。
Photo
2

 来週末には長岡花火で100万人の観光客が訪れるという長岡市。市役所にお勤めという事もあり経済、水質並びに土壌、なんでも延々と語れる水瀬さん。本当にお世話になりました。
そんなすごい花火。いつか見てみたいです。

|

2014年7月30日 (水)

FUJI ROCK FESTIVAL '14  26日

2_2

Photo_4
という事でブレードランナー調で出演する事にしました。

22

マニキュアも溶ける暑さ、絃も溶けそうです。後ろ姿は巻上公一さん。

2_3

Photo_5

26
本田ユカさんと。ステージ脇でずっと聴いて下さいました。ありがとうございました!
Photo_2
ヒカシューの皆さん、フーン・フール・トゥーの皆さん、坂田明さん、太田恵資さん
27
暑い、暑い2日間でした。汗びっしょりでいつも一緒にいてくれたひとちゃん、小山君、そして多くの皆様、ありがとうございました。また呼んでね〜。


|

2014年7月30日 (水)

FUJI ROCK FESTIVAL '14  25日

ヒカシューのゲストとしてフジロックフェスティヴァルに出演しました。

1
すでに30数回出演の歴史を持つROVOの勝井祐二さん(vl)と。痩せてます。かっこいい。

2

坂田明さんと

3
5

3日間で9万人の観客動員だそうです。
Photo

夜、Mark Ribotの新しいバンドTHE YOUNG PHILADELPHIANSを聴いた後、バックステージで。左から本田ユカさんMark Ribot, Nels Clineさん。
Ribotさんの音、ちょっと聴いただけで胸がギュ〜〜ンと鳴ります。やっぱり独自のサウンドを持つという事は大切ですね。マルセイユで聴いた時、スロヴェニアで聴いた時等の自分を思い出しちょっぴり切なくなりました。観客を意識した構成もご立派!

多くの写真は、https://www.facebook.com/michiyo.yagi.50?fref=photoに掲載致しました。

|

2014年7月24日 (木)

アブサン中毒

7月23日(水)

 カーシャちゃんがベルン空港でアブサン入りのチョコレートを買っていたので私もまねて買ってみました。という事で試食〜。アブサンとはいったいどんな味なのか知らないので「たしかにアブサンが入っていました。」とは言えません。成分の一つでもあるアニス味とでもいいましょうか。とにかく、このチョコをいっぱい食べてもアブサン中毒にはならないでしょう。
1
2
7月24日(木)
 27日(日)に新潟県長岡市で演奏する吉沢検校作曲「千鳥の曲」がようやく自分らしい作品になってきました。機会があれば東京でも演奏したいと思いました。
 Markが田中徳崇君宅で音源をミックス中です。今夜中に戻って来なければ明日は苗場まで私が運転しようかと思い始めています。ネルス・クライン(g)さんや山岸潤史(g)などいろいろ人から明日会おうね、と連絡が入っているそうです。また、Mark Ribotの新しいバンド「The young philadelphians」を聴くのが楽しみです。メンバーにアンソニー・ブラクストンの生徒でメリー・ハルヴォーソン(g)さんがいます。彼女の演奏はNYのStoneとドイツ・ベルリンのア・ラーム フェスティヴァルで聴きましたが、したい事が明確なサウンド。楽譜も強いしリボーさんの信頼を得ているのだな〜、と思いました。リボーさんとはスロヴェニアでお会いして以来ですが、その時のインタビューの受け答えに音楽家としての強い意志に感動した事を覚えています。たしか「音楽家は、いい時も悪い時もある。金がある時もない時もある。でも、状況が悪くても歩き続けなければいけない。とどまっていてはいけないんだ。それが音楽家だ。」と言っていました。間違っていたら、ごめんなさい。

7月26日(土)

『Fuji Rock Festival
会場: オレンジコート
時間: 13:20~14:30
『ヒカシュー・インプロヴィゼーション・サミット』
出演: ヒカシュー: 巻上公一(vocal, cornet, theremin)、三田超人(guitar)、阪出雅海(bass)、清水一登(piano, synthesizer, bass clarinet)、佐藤正治(drums)
ゲスト: 坂田明(alto sax, clarinet)、太田恵資(violin)、八木美知依(electric 21-string koto, 17-string bass koto)
チケット: 先行発売 3日間通し券40,900円(税込み)、1日券17,200円(税込み)/一般発売 6月14日(土)より 3日間通し券44,000円(税込み)、1日券18,300円(税込み)
問い合わせ: http://www.fujirockfestival.com

7月27日(日)

『八木美知依 箏の世界』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、歌)
会場: Jazz Cafe 音食(ねじき)
住所: 長岡市東坂之上町2丁目1-2 末広ビル2F
ご予約、問い合わせ:  音食 Tel:0258-36-7655 http://hwsa8.gyao.ne.jp/nejiki
時間: 16:30開場、17:00開演
料金:  3000円(1ドリンク付き)
曲目:  「Song of the Steppes」、「通り過ぎた道」、「水晶の夢」(八木美知依作詞、作曲)他
1551780_456722607801150_63699313267

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

さすがに

ちょっと疲れました。岩国空港発午前7時35分の始発で羽田へ飛び午前11時には世田谷の自宅に帰っていましたが眠いやらだるいやら。コーヒーとあっという間にチョコレートを2パック食べてしまいました。
Photo
夕方、ひとちゃんが打ち合わせに来てくれました。眉をコンシーラーで塗りつぶしてお化粧をしていたので、かなりびっくりさせてしまいました。
Photo_2

なぬ〜〜!!ひとちゃん驚きの表情激写!
今週末、皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

7月26日(土)

『Fuji Rock Festival
会場: オレンジコート
時間: 13:20~14:30
『ヒカシュー・インプロヴィゼーション・サミット』
出演: ヒカシュー: 巻上公一(vocal, cornet, theremin)、三田超人(guitar)、阪出雅海(bass)、清水一登(piano, synthesizer, bass clarinet)、佐藤正治(drums)
ゲスト: 坂田明(alto sax, clarinet)、太田恵資(violin)、八木美知依(electric 21-string koto, 17-string bass koto)
チケット: 先行発売 3日間通し券40,900円(税込み)、1日券17,200円(税込み)/一般発売 6月14日(土)より 3日間通し券44,000円(税込み)、1日券18,300円(税込み)
問い合わせ: http://www.fujirockfestival.com

7月27日(日)

『八木美知依 箏の世界』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、歌)
会場: Jazz Cafe 音食(ねじき)
住所: 長岡市東坂之上町2丁目1-2 末広ビル2F
ご予約、問い合わせ:  音食 Tel:0258-36-7655 http://hwsa8.gyao.ne.jp/nejiki
時間: 16:30開場、17:00開演
料金:  3000円(1ドリンク付き)
曲目:  「Song of the Steppes」、「通り過ぎた道」、「水晶の夢」(八木美知依作詞、作曲)他

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

結婚式

 甥っ子、正典君の結婚式に出席しました。身内だけの心温まる式と披露宴。お嫁さんの純ちゃんはお父様を亡くされており、私と少々似た境遇でした。お母様が「この場所にもしもお父さんがいたら...」というスピーチの下りで、ぽろぽろと涙がこぼれる私。も〜っ、年をとると涙もろくていやだね。

Photo
義兄さんとツーショット。新郎の父です。山崎努似のダンディさん。戦時下、『仁義なき戦い』で有名な呉市で生まれ育ちました。怒ると、かなり恐いらしいです。

2
末永くお幸せに!

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

レッスン、羽田〜岩国〜広島

 午前中にレッスン二人。そのうちの一人だったひとちゃんは9月25日(金)に本番を控えている事もあり良く練習してありました。なんといっても前回のレッスンで注意した手の形がすべて直っていたのですが、これは長く他流派で学んだ方ほど大変なんですね。今までついた癖をとりながら新しい手の形を習得していきますが使う筋肉が違うだけに並大抵の努力ではなかったでしょう。本当にそんな事できるんだ〜、と密かに感心した次第です。そして左手の音のコントロールについて教えました。響きを変えるのは、まず左手に感じる振動を繊細に捉える神経も必要だと。ひとちゃんの頑張りに元気をもらったレッスンでした。

そのひとちゃんの本番。


7月25日(金)
インスト三昧の夜 第五弾
会場:高円寺 U-hA
http://coffeeuha.web.fc2.com/index.html

出演:田山翔太 g、田井中圭 g、小山和朗 g+小山ひとみ 箏、haruk_a  g
開場 18:00 開演 18:30
1500円+ドリンク(500円)

ご興味のある方は、足を運んでやって下さい。他流派だった方でもここまでになれます。内容は沢井忠夫作曲「鳥のように」と即興を演奏するそうです。

Photo

そしてその後、私は羽田空港から岩国空港へ行きそこから広島へ入りました。

Photo_2

3


Photo_4
山陽本線から見た宮島。かき小屋が点在しており見る度に口の中に唾液がいっぱいいなりました。
7月26日(土)

『Fuji Rock Festival
会場: オレンジコート
時間: 13:20~14:30
『ヒカシュー・インプロヴィゼーション・サミット』
出演: ヒカシュー: 巻上公一(vocal, cornet, theremin)、三田超人(guitar)、阪出雅海(bass)、清水一登(piano, synthesizer, bass clarinet)、佐藤正治(drums)
ゲスト: 坂田明(alto sax, clarinet)、太田恵資(violin)、八木美知依(electric 21-string koto, 17-string bass koto)
チケット: 先行発売 3日間通し券40,900円(税込み)、1日券17,200円(税込み)/一般発売 6月14日(土)より 3日間通し券44,000円(税込み)、1日券18,300円(税込み)
問い合わせ: http://www.fujirockfestival.com

7月27日(日)

『八木美知依 箏の世界』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、歌)
会場: Jazz Cafe 音食(ねじき)
住所: 長岡市東坂之上町2丁目1-2 末広ビル2F
ご予約、問い合わせ:  音食 Tel:0258-36-7655 http://hwsa8.gyao.ne.jp/nejiki
時間: 16:30開場、17:00開演
料金:  3000円(1ドリンク付き)
曲目:  「Song of the Steppes」、「通り過ぎた道」、「水晶の夢」(八木美知依作詞、作曲)他

 

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

フジロック、長岡市ソロ公演

 今まで気温が15度のスイスにいたので、この日本の湿気と暑さにげんなりしているところですが昨夜シドニーから来た義妹夫婦と紀尾井町で食事をした折り私のあまりの元気さに驚いていました。自分でも、やりたい事がいっぱいで気持ちを抑える事が難しい。時差はほとんどありません。もう少ししたら新潟県2ケ所で演奏して7月を締めくくって、そうしたら私にとって夏は終わったようなもの。年内に3つ、できれば4つ。マスターしたり仕上げたりしたい事を早速始めます。9月には新しい事も習います。 
 月末に新潟県の皆様にお会いできる事を心より楽しみにしております。フジロックではヒカシューのゲストとして長岡市ではソロ公演もします。どうぞお誘い合わせの上、いらして下さい。ソロの曲目は下記のとおり千鳥の曲(吉沢検校作曲)、River Man(ニック・ドレイク作曲、八木美知依編曲)、通り過ぎた道、Song of the Steppes、水晶の夢、以上(八木美知依作詞、作曲)、Rouge、MZN3、以上(八木美知依作曲)、Rosemary's Baby(クリストファー・コメダ作曲、八木美知依編曲)たっぷりと私の音楽を堪能して頂きたいと思います。
 7月26日(土)
『Fuji Rock Festival
会場: オレンジコート
時間: 13:20~14:30
『ヒカシュー・インプロヴィゼーション・サミット』

ヒカシュー・フリー・インプロヴィゼーション・サミット

Artist Photo

Member

HIKASHU
巻上公一(vocal,cornet,theremin)、三田超人(guitar)、阪出雅海(bass)、清水一登(piano,synthesizer,bass-clarinet)、佐藤正治(drums)

guest
坂田明 (alto sax,clarinet)、太田恵資(violin)、八木美知依 (electric 21-string koto,17-stringbass koto)

Profile

HIKASHU
ヒカシューは1978年に結成されたノンジャンル音楽ユニット。
デビュー当時はニューウェイヴ/テクノポップ・バンドの牽引者として一躍その名を知られたが、 その後、抜きんでた即興性と独特な世界観を持つ楽曲が融合する唯一無二のロックバンドとして広く認知されていった。 近年は過去の作品も次々リイシューされるなど、若い世代のフォロワーも多く、巻上公一の強烈なボーカルと三田超人の超越ギターは言うに及ばず、 個性際立つそれぞれのメンバーがまさに自由自在に演奏するライブは圧巻。 常にアート表現の新領域に挑み続け、2013年4月に発売されたアルバム『うらごえ』は束芋とのコラボレーションが大反響を呼んだ。 2014年にはカナダ四都市公演後ニューヨークで録音された21枚目のアルバム『万感』、チャラン・ポ・ランタンとの共演が大きな話題を呼んだ ミニアルバム『チャクラ開き』を立て続けに発売、結成36周年を迎えますます激しく熱い活動が注目を集めている。
フジロック出演は3回目。前回は「ゴジラ・放射能・ヒカシュー」というテーマで出演。今回は、魅力的なスタープレイヤーを招いての怒濤の自由即興演奏が繰り広げられる。

坂田明(さかた・あきら)
1945年広島県呉市生まれ。1969年上京、『細胞分裂』を結成。1972年から1979年末まで山下洋輔トリオに在籍。1980年、自己のトリオを結成、以後、様々なグル-プの結成、解体を繰り返しながら音楽シ-ンの最前線を目指す。現在のレギュラー・ユニットは『坂田明F1-Trio』と『坂田明サカタカタツサ』。同時に内外のミュージシャンとのセッションも活発で、2005年春には、ジム・オルークとの共同プロジェクトをスタート、「およばれ」「かなしい」「ズボンで」「ハ行」「ちかもらち空を飛ぶ!」等の作品を発表する。近作に平家物語を題材にしたCD「平家物語」とDVD「平家物語」・実況録音 映像篇」の連作、そしてGiovanni Di Domenicoとのデュオ作品「Iruman」がある。

太田惠資(おおた・けいすけ)
熊本出身。鹿児島大学にて化学を専攻。即興で奏でられる無国籍なバイオリンと声に定評あり。
渋さ知らズ、CICALA-MVTAなどのレギュラー•メンバー。
忌野清志郎、宇崎竜童、木村充揮、ソウルフラワーユニオン、Cocco、ZABADAK などをサポート。
最近の主な活動として、
リーダー・ユニットYolcu-Yoldaş、
リーダーアルバム「Blue Rondo a la Turk」(NYのジャズピアニストBill MaysとのDuo)、「Caprice Portamento Island」 ( ロシアのバイオリニストAlexei AiguiとのDuo)をリリース。

八木美知依(やぎ・みちよ)
邦楽はもちろん、前衛ジャズや現代音楽からロックやポップまで幅広く活動するハイパー箏(こと)奏者。
故・沢井忠夫、沢井一恵に師事。NHK邦楽技能者育成会卒業後、ウェスリアン大学客員教授として渡米中、ジョン・ケージやジョン・ゾーンらに影響を受ける。ゾーンのプロデュースによるソロ・アルバム『Shizuku』(99年)を皮切りに、自己の箏アンサンブルとの『ゆらる』(01年)、17絃ソロ作『Seventeen』(05年)、インゲブリグト・ホーケル・フラーテン(b)とポール・ニルセン・ラヴ(ds)を迎えた『ライヴ!アット・スーパーデラックス』(06年)をリリース。06年にペーター・ブロッツマン(s)、ポール・ニルセン・ラヴとトリオを結成し、『Head On』(08年)と『ヴォルダ』(10年)をリリース。同じく10年にエリオット・シャープ(g)とのデュオ作『リフレクションズ』を発表。14年にはアイヴィン・オールセット(g)をプロデューサーに迎えたアンビエント・アルバム、ジョー・マクフィー(s、tp)らとのフリー・ジャズ作品、本田珠也(ds)とのパワー・デュオ《道Dōjō場》のデビュー盤等が発売される予定。
08年、ラヴィ・シャンカール、パコ・デ・ルシアらと共に英国のワールドミュージック誌 “Songlines” の《世界の最も優れた演奏家50人》に選ばれる。Moers Jazz Festival(ドイツ)、Vision Festival(米国)、Jazztopad(ポーランド)、Kongsberg Jazz Festival(ノルウェー)、Újbuda Jazz Festival(ハンガリー)、Music Unlimited(オーストリア)、Instal(イギリス)等に出演。世界のトップ・インプロヴァイザーと共演するかたわら、プログレッシヴ・ロック・アーティストのスティーヴン・ウィルソン(Porcupine Tree)、アコーディオン奏者のcoba、更に浜崎あゆみ、アンジェラ・アキやTakuya(元Judy & Mary)といったJ-POPアーティストのレコーディングやステージにも参加。現在は本田珠也(ds)、田中徳崇(ds)、トッド・ニコルソン(b)、須川崇志(b、cello)と結成した《八木美知依ダブル・トリオ》を活動の核とし、オリジナル曲を中心としたレパートリーを聴かせている。

Audio/Video

Links


| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー8

Photo_7

 打ち上げでリラックスするお二人。寂しいけれど清水さんとはフジロックで共演するし今堀さんとは本田珠也さんとのトリオレコーディングなど、しなくてはいけない事がたまっており才能ある方々の再演の為にこれからも気持ちを新たに勉強を続けようと思いました。
2

 最終公演が終わってバスに乗り込んだらカーシャが泣いているので秋にはポーランドに行くし、その時はレッスンもするから泣いている場合じゃないと叱咤激励したにも関わらず空港の別れ際では私の方がおいおい泣いてしまいました。逆にカーシャに「大丈夫ですか〜〜?」と心配されました。くそ〜。

 右は菅沼琴音ちゃん。語学が堪能でめちゃくちゃ明るい。お箏やりたいと言っていたらカーシャに「私は、もう先輩ですね〜」と言われていました。国内外で私を応援して下さっている皆様、本当にありがとうございました!

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー7

終演後、ずっとお付き合い頂いたバスの運転手さんが眺めが良い場所に連れて行ってくれました。空き時間はいつもホテルの自分の部屋で練習していた私にとって初めての観光です。ベルンは街全体が世界遺産である歴史ある美しい場所です。
4_2
10359158_455979727875438_7702883237

10429359_455979731208771_1222727647  

音響の熊谷さんと。最後まで真摯に付き合って下さり感謝しています。
10489846_455979737875437_11802709_2
今堀さんにはエフェクト順番やた〜〜くさんの事を教えて頂きました。心から感謝しています。The grate guiter player Tsuneo Imahori !!

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー6

7月13日(日)
日本大使館主催のコンサート

713
7132
こちらも大成功。いつも自分中心のプログラムを組んで様々な国で演奏していましたが今回は、中村明一さんの曲を中心に春の海や古典、千鳥の曲を21絃箏1面で演奏しました。自分なりに練習にも時間をさいた為、長っかた様に感じましたが終わってみるとあっという間でした。この間、日本での私の生活に、ご協力頂いた方々にも厚くお礼を申し上げたいと思います。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー5

ベルンへ移動

71
今日もカーシャは張り切っています!

712
素敵な教会でのコンサート
7123

Photo_6

いつも私は菅沼さんの隣で演奏していました。セッティングがゴージャス美しい。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー4

そして本番当日です。

711_2

まずは楽器をバスから降ろしてステージ脇へ人力で運びます。
711_3

ギターの今堀恒雄さんと
112
歯が痛いと仰っていたのに客席内にあったアイスクリーム屋さんでアイスを購入し何気に頬張っていたキーボードの清水一登さん。「大丈夫ですか?」との私の問いに「流されやすいんです〜」と清水さん。素晴らしい音楽家というだけでなくものすごい知識人です。勉強になる事ばかりです。

711_4

カートにも歴史がありますね。
7114
カーシャとカート
115_2

そして本番!

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー3

7月10日(木)
ローザンヌへ移動

710
スイスへ入ってからは日本大使館が用意して下さったバスで移動。楽器が大きいので本当に助かりました。

7102
ルマン湖のほとりのレストランで地元ワイナリーの白を堪能するギターの今堀恒雄さんとベースのグレッグ・リーさん

7103
7104

そしてモントルージャズフェスティヴァルの会場下見へ

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー2

7月9日(水)

ジュネーブ本番

1

会場です。

Photo_5

サウンドチェックの合間に菅沼さんからスティック演奏の手ほどき。

3
私もお返しレッスン?

5
身長170cmの顔が小さくモデルさんみたいな付き人カーシャちゃん
4
ベースのグレッグ・リーさんにもお箏を弾いてもらいました。「意外と強く張ってあるんだね〜」と。
6

チケットは売り切れ。大盛況のうちに終演!!私は肩もろだしのドレスに初挑戦。いろんな意味で頑張りました。

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

スイスツアー

 皆様、ご報告が遅くなり申し訳ありません。ツアー中に更新する予定でしたが全く時間がありませんでした。という事で、今日から少しずつスイスでの様子をお伝えしたいと思います。
7月8日(火)

Photo

まずは、羽田空港でのチェックイン。いつもよりも量が少ないのですがドラマーの菅沼さんが驚かれ写真を撮ってくださいました。

Photo_2

日本を7月8日に出発。日本から-7時間になるのでまだ7月8日のスイス。ジュネーブ空港で、カーシャと会えました。「せんせ〜」「カーシャ〜〜」と久しぶりの対面に抱擁!!カーシャちゃんはワルシャワ大学を卒業後、日本に1年間留学、今は博士号取得の為ワルシャワ大学大学院に通って猛勉強中です。
Photo_4
そして今回メインの会場、モントルージャズフェスティヴァルのスタッフも出迎えて下さっていました。
Photo_3
有名なルマン湖の噴水

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

引き続き、追加写真 

1

2

Photo
家庭内平和の為に頑張って欲しいです。

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

追加写真

Photo
前日のリハ

Photo_2
楽屋

Photo_3
2
そして本番!

| | コメント (0)

2014年7月 4日 (金)

ありがとうございました。

 小雨が降る中、大勢の皆様にお越し頂き感謝致しております。

Doores
ハノイから帰国したばかりの高木由利子さんと、肌家という独自の芸術を展開している栗原佑実子さん

Doors
音楽評論家の奈良部和美さんと

Doors3
今堀恒雄さんと。私の腕は太い。

Doors6
清水一登さんと。やっぱり私の腕は太い。

| | コメント (0)

2014年7月 4日 (金)

『モントルー・ジャズ・フェスティヴァル壮行〜Akikazu Nakamura Forest: Live』 

 日本では、本日しか聴く事ができない特別サウンドです。

Photo_2
 皆様のお越しをお待ちしております。

モントルー・ジャズ・フェスティヴァル壮行〜Akikazu Nakamura Forest: Live』
開場18:15、開演19:00
会場: 初台THE DOORS
電話予約: 03-5350-5800(14:00〜22:00)
出演: 中村明一(尺八)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、歌)、今堀恒雄(g)、清水一登(key)、グレッグ・リー(b)、菅沼孝三(ds)
チケット料金: 前売り4,000円、当日 4,500円、ドリンク料金別途500円
 

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

7月になりました。

 今年も、後半ですね。

Photo

近所の八幡さまの風物詩

Photo_2
楽器のメンテナンスに
Photo_4
メンテナンス中は、メアリージェーンでシナモンティーと絶品のトマトサラダを頂きながら楽譜の整理。いつもここまで忙しくありませんが今は1分も無駄にできない状況です。

7月4日(金)

モントルー・ジャズ・フェスティヴァル壮行〜Akikazu Nakamura Forest: Live』
開場18:15、開演19:00
会場: 初台THE DOORS
電話予約: 03-5350-5800(14:00〜22:00)
出演: 中村明一(尺八)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、歌)、今堀恒雄(g)、清水一登(key)、グレッグ・リー(b)、菅沼孝三(ds)
チケット料金: 前売り4,000円、当日 4,500円、ドリンク料金別途500円

 また、東郷町教室では10月13日(祭)に秋の勉強会のようなコンサートを開く事になりました。

 そして、来年の5月30日(土)には多くの方々のリクエストにより坂田明さん(sax,cl)をお迎えして常滑市民文化会館にて演奏会を行う事になりました。 

ご興味のある方は是非、予定を空けておいて下さい。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »