« ヴォリュームペダル | トップページ | キーダミーティング〜Chopped Tomato »

2014年9月21日 (日)

八木美知依トリオ〜ユリシリーズの秋

9月19日(金)
 八木美知依トリオ@Velvet Sun。強力なメンバーの須川さん、田中さんのお陰で曲に色彩が増し楽しい一夜になりました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。これからもさらに進化させていこうと思っています。

3
良い写真がありませんでした。これは新曲「非常線」で自作の詩を読んでいます。この後、変拍子ファンクになり、また詩を読んで終わります。

9月20日(土)
 ユリシリーズの秋。憧れの詩人かっこいい女王元祖、白石かずこさんと、とても久しぶりの共演。今の時代に女性が何か主張する事は決して難しい事ではありませんが白石さんが青春を謳歌した時代は、まだまだ日本にはそのような風潮がなかったと事と思います。そんな日本で自らを主張し、しかも絶世の美人。しかし田舎育ちで芸術的環境に恵まれていなかった私から見れば自己主張できる女性は特別な環境に育ち、優遇された環境があるからこその特権ではないかと思っていました。悪い意味ではなく単に別次元というような意味です。しかしアンコールで白石さんが本を捨てて「越える、私は越える」と仰っていた言葉に共感し、いつしか涙腺がゆるんでいました。こうして今もなお戦っているその姿そのものが真実であると感動しました。私達が今、こうして自由に言えたり書いたりできるのは、こういう方々の強い心意気が礎にあったのだ、と感じる夜でした。個人的に私に仰って頂いた言葉は大切にしまっておきたいと思っています。このような企画に私を呼んで下さった事に感謝します。

Photo
右から太田恵資さん(vln)、さがゆきさん(vo)、白石かずこさん(詩、朗読)、沖至(tp)。名実共に素晴らしい音楽家との共演でもありました。

2_2
3_2
4
左に企画者の大木雄高さんを交えて。

5
ゆきさんと。

|

コメント

コメントを書く






« ヴォリュームペダル | トップページ | キーダミーティング〜Chopped Tomato »