« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

山口小夜子 未来を着る人

 念願の東京都現代美術館へ行って来ました。
1
入って最初に活動年表があり「じゃぽねすくの夜」2003年、2005年が入っていました。
2

Photo
 小夜子さんと高木由利子さんのプロジェクト蒙古斑革命で取材を受けた時の写真が展示されていました。左は由利子さん。私の写真の上はUAさんですね。そして私の音楽はなんと3ケ所で使われていました。音質も良いです。涙無しでは見られませんでした。普段の服の着方など怒られた事もありました。すべてが私の財産です。プロ中のプロ。小夜子さん尊敬しています。
 そして明日はこちら。

Cbbm8eaumaesjzp
 素敵なイヴェントなので小夜子さんも遊びに来て下さっていると思います。

| | コメント (0)

2015年4月29日 (水)

第12回 八木美知依箏曲研究室演奏会 8

 東京レッスン日。「ゴジラ」「海流」「Over The Rainbow」の後、ベルリン在住デンマーク人のベーシストAdam Pultz Melbyeさんが即興をしに、いらっしゃいました。ベースそのものの音が深いだけでなく立ち上がりと切れが素晴らしい。もちろん発想も。今年の秋に芳垣安洋さんと(ds)とKasper Tranbergさん(tp)と日本ツアーをなさるそうで私は新宿PIT INNにゲスト出演します。楽しみです。
Adam1
 Over The Rainbowを演奏するグループに残ってもらいAdamさんと2曲演奏しました。私は、箏チームに指示を書いています。久しぶりに周りの音を聴いて自分の音を決めるという即興学習ができました。個人的には新しいアイデアも湧き楽しい一時になりました。

Adam2
 千葉県からベースを担いで世田谷まで来て、これから新小岩で高岡大祐さん(tuba)と演奏すると言っていました。やはり音楽家はガッツがないといかんね。
 そして、もう一つご報告。BBCラジオ3の「JAZZ ON3」で道場が紹介されています。推薦して下さったのは評論家の松尾史郎さんで番組中で私と珠也さんの事など説明して下さっています。ありがとうござました!!

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

第12回 八木美知依箏曲研究室演奏会 7

 愛知県より中日新聞、柳沢さんが取材に来て下さいました。私の活動と5月30日(土)の公演についてお話しました。そしてついでに、ちょっぴり箏にも触れて頂きました。どのような記事になるのか楽しみです。わざわざお越し頂きありがとうございました。

Photo
 その後、修理に出していた17絃箏を引き取りに渋谷、そして小用で品川へ。今日もめまぐるしい日でした。

| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

works for everything

さて5月1日は石橋英子さん企画のこちら!!

「works for everything」
Live:  ジム・オルーク(ソロ)、坂田明(s)+道場〜八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)&本田珠也(ds)、石橋英子(key/voc)with 須藤俊明(b)&山本達久(ds)、DJ: 五木田智央
前売り2,500円(+1ドリンク)、当日3,000円(+1ドリンク)
会場: 高円寺UFOクラブ
telephone 03-5306-0240(電話予約受付中!)
開場19:00,、開演19:30
フェスの様な楽しい内容。是非、お越し下さいませ。

Cbbm8eaumaesjzp

| | コメント (0)

2015年4月26日 (日)

ペーター・ブロッツマン Japan Tour 2015

 『ペーター・ブロッツマン JAPAN TOUR 2015』が昨夜、終了致しました。彼の様々なバンドを国内外で見聴きしてきたので、それらとは違う、私自身の個性を実感してもらう様に考えていました。箏という伝統楽器という枠を越え、あくまでも自分が主張できなければペーター・ブロッツマンと共演する意味がありません。若干の不安はありましたが、大物を相手に楽しんで挑もうという男魂に火がつき、自分の予想以上に音楽を進める事ができたように思います。ペーターさんも私の試みを毎回楽しんでくれていました。もちろんそれらは本田珠也さんという希有な存在なくしては語れません。よく「進化し続ける」という言葉が使われますが、まさに珠也さんはそういう方。凄い人です。ペーターさんから次期公演の話も頂き、まずまずの前半戦といった気持ちになりました。お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。

11174389_10205522414213754_70255261

11169925_821011877986836_4594734308
音楽評論家の中川ヨウさんと、左は本田珠也〜!ヨウさんの語り口は実に切れ味がありました。生き方についてもお話して下さり、感動しました。   

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

最終日

ペーターさんにとって来日最終日になります。

Tonight !!
『道Dōjō場+ペーター・ブロッツマン』
出演:  ペーター・ブロッマン(s、cl)、八木美知依(21絃箏、17絃箏)、本田珠也(ds)
会場: アケタの店 
telephone 03-3395-9507
予約 3,000円、当日 3,500円(1ドリンク付き)
開場19:00、開演20:00

1913257_10206645562002752_596675300
Photo
2

| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

Soloです。

Tonight !!

私はソロ演奏です。お待ちしております。

『Peter Brötzmann with Strings』
• ペーター・ブロッツマン(s、cl)、灰野敬二(g)、ジム・オルーク(g) トリオ
• 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)ソロ
会場: 六本木Super Deluxe
telephone03-5412-0516
開場19:30、開演20:00
予約3,500円、当日4,000円(+オーダー)

Upload
 

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

道場+ペーター・ブロッツマン

 多忙な日々です。そんな中、明日から私の楽しみにしていた日々が始まります。まずは、横浜エアジンにて。
4月23日(木)

『道Dōjō場+ペーター・ブロッツマン』
出演:  ペーター・ブロッマン(s、cl)、八木美知依(21絃箏、17絃箏)、本田珠也(ds)
会場:  横浜エアジン
telephone045-641-9191
料金: 前売り3,000円、当日3,000円(+オーダー)
開場:19:00、開演19:30
Photo
渋谷「食幹」お世話になった東京ジャズ八島さん等と共に
Photo_2
ポーランドから様々なミーティングに来ているピョートルさんと築地にて
Photo_3

 築地場内のお寿司屋さんの殆どがご飯は取り寄せています。その中、ご飯を炊いている3件中の1件。ご飯がなくなったら閉店の栄寿司さん。左から2番目はマグロの目の周りの肉だそうです。
2    
入る事ができて良かったです。

Peater
千葉Candyで見たお若い面々のLP。


 

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

第12回 八木美知依箏曲研究室 6

4月13日(月)
 帰京する予定でしたが午前中に気になっていた曲をアレンジ。また梨桜ちゃんの助演を戸嶋衣久美さんが演奏する事になったので、その最初の合奏に立ち会いました。その後、高橋とミーティング。ゴジラのソロを弾く美結ちゃんのレッスンなど演奏会に向ってすべき事が山積みで結局は愛知県にとどまって良かったです。
Photo
 カメラの焦点が畳になってしまいました。(トホホ)美結ちゃんの指。琴音ちゃんのお父様、菅沼孝三さんが仰っていた事も参考に指の皮が強くなるまで、この状態で弾き続ける予定です。
4月14日(火)
 帰京。
Photo_2
 早朝のこの便が無くならない事を祈ります。
帰宅後、Robert Redford主演「All is Lost」を見ました。疲れている時に、こういった映画を見るのは途中で挫折しそうになりますが、最後まで見て良かったと思える映画でした。なんといってもCastがRobert Redfordただ一人。一人で約140分を演じています。懐古する人々も、いっさい出ません。すべての日本映画を批判するわけではありませんが近年のオーバーアクションは非現実的だと思います。

| | コメント (0)

2015年4月10日 (金)

第12回 八木美知依箏曲研究室 5 美有香ちゃんの巻

 今年、初参加。最年少の美有香ちゃん。集中力が持続し格段に腕をあげています。未来ある子供が伝統楽器を弾いている姿は微笑ましくも頼もしい物です。本番にご期待下さいませ。

1

2

3
2015web

| | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

第12回 八木美知依箏曲研究室演奏会 4

4月8日(水)
 事務能力ゼロの自分にがっくり。
ミス連発でした。でも梨桜ちゃんが、しっかり弾けたので良しとしよう!

Photo

4月9日(木)

 長野県より琴光堂さんが糸締めに来てくれました。

これで楽器のコンディションもばっちり。音に輝きが増します。
Photo_2
そして高橋が柱並びなど再度確認をします。

Photo_3

1

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

レッスンと事務

4月4日(土)
 レッスン。ゴジラがまぁまぁ聴ける様になってきました。そして新作「海流」坂田明さん(サックス、クラリネット)用の楽譜を作り直す作業に入れそうです。

1_2
1_3
 演奏会初参加の海流3箏チーム。絶好調です。
Photo_2

 夜、新宿PIT INNへSinikka Langeland(カンテレ、歌)を聴きに行きました。いつも曲を書くにあたって転調で苦労しているので、同じ琴属とはいえ編み機の目を変える様な感じで簡単にカチャカチャとコードを変えていくシニッカさんを見ると羨ましいかぎりです。そして演奏しながら北欧の森やフィヨルド等の自然を歌い上げる彼女独自の世界。素晴らしかったです。「道場〜壱の巻」を渡すと、ゲストにニルス・ペッター・モルベルさん(tp)が入っている事を特に喜んでくれ「以前から、美知依とニルスは絶対に合うと思っていたのよ〜」と。お返しにこちらをいただきました。

Cover
 私の今の気持ちはこちら。

61fc76uwtil_sl1050_
4月5日(日)
 終わる事の無い事務。このところ、ほぼ毎日、高橋と電話やメールでミーティング。ですから東京と愛知といっても距離感があまりありません。が、愛知の午前10時のレッスンに出かける時は、午前4時半に起きて支度をしているので、さすがに遠いのだと実感しています。
Photo_3
 息詰ったのでル・コントワール・オクシタンへ行きました。グリンピースのスープ。春の青い香りが立ち込め、異次元へ連れていってくれました。カスレみたいなお料理とシェフパッションさん定番のデザート。ダークチェリークラフティーとコーヒーでガッツリ栄養補給。

美味しい料理を頂き、幸せで眠くなるかと思ったら五感が冴えてきました。帰宅してから、文章をもう1本書き映画「Gland Ilusion」を見て就寝。

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

音戸の舟歌 かけ声レコーディング

 小夜子さんの声と自分の音のミックスで、もしかしたら小夜子さんの方が生きいらして私があの世で右往左往してさまよっているのではないだろうか、という錯覚さえ起こすぐるぐるな夜を過ごしました。

 翌日の今日、お昼にエンジニアとしても優秀な田中徳崇くん(ds)が来てくれて、「道場〜弐の巻」の気になっていた部分、その後、「道場〜参の巻」の基本になるトラックをレコーディングしました。本当にレコーディングは勉強になります。基本的に確かな技術が必要ですが、リラックスする事が最も重要です。
Photo

2

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

山口小夜子 未来を着る人

 4月10日(金)から東京都現代美術館で始まる「山口小夜子 未来を着る人」展で小夜子さんが寺山修司さんの作品を朗読する声と一緒に流れる音楽を私の作品「Seventeen」の中からMarkが編集してくれています。小夜子さんとは晩年、幾つかの作品を一緒に作らせて頂きましたが、それだけでなくいろいろな話をした事が思い出されます。美しいだけでなくお茶目な小夜子さん。私が悩んでいたときの忠告も忘れられません。何度もコンピューターで小夜子さんの声を聴いていると、この季節、どこかで「綺麗ね。」と桜を楽しんでいるのでは、ないかと感じています。

Photo

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

箏修理

 4月に入ってしまいました。早い、早すぎます。

さて、今日は長年使われていた箏を修理、焼き直した楽器を紹介したいと思います。
 私も実際にまだ目にした訳ではありませんが修理をお願いした琴光堂さんから出来上がりの写真が送られ、その仕上がりに私も生徒も驚いています。
まずは、こちら
Photo
 練習をする事が三度の食事、、の準備より好きなSさん。このお箏は嫁入り前に実家のお母様が買って下さったとの事。50代で私の所へ転門してこられ、それから15年くらいは通って下さっているので50年近く弾いている楽器です。入門当初、新しい楽器の購入の相談をされましたが、まだ鳴ると判断し、この思い出深い楽器で弾き続ける事を提案しました。しかし月日が経ちSさんの練習のせいだけではなく箏の木が若干柔らかかった為、巾柱がかかりづらくなるほど木が丸み帯びてきました。そこで修理と焼き直しをする事に。そして出来上がってきたのがこちら。

Photo_2
 新品みたい!!。全く違う楽器ですね。磨いた石と同じで奥にあった別の木目まで見えてきました。木目も綺麗に磨かれ整えてられていますからクリアに響くでしょう。

 そして、こちらの楽器。

Photo_3


 こちらも練習大好き人間のTさん。固く重〜い楽器です。傷のつき方からみても相当上手い人。NHK邦楽技能者育成会でも卒業時には優秀な成績で卒業。沢井箏曲院、講師試験では賞も頂きました。この楽器で練習しつづけたからこそ17絃箏でも、どでかく、それでいてふくよか、しかも繊細な音色で演奏できる様になった、とも言えます。
その楽器が、このようになりました。
Photo_6
 Tさんのお孫さんまで使える位、できるだけ削る部分は薄くして欲しい、とお願いしました。削り焼き直し磨いたら、さらに風格が増した様です。木が堅いので、黒い木目部分、と白い部分の凹凸があまりないように見えます。
 
 という事で楽器についての考えは様々ですが、良い物を購入された方は、このように何十年経っても新品同様にできます。箏は絃は切れても使い回しますし意外とエコな楽器なんです。
1

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »