« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

道場+ジャズ非常階段

 楽しかったです。テンションと発汗量がものすごく演奏後に夏風邪が完治していました。
新宿ピットイン50周年、本田珠也芸能生活30周年。共に、おめでたい事であります。

プログラムは珠也隊長が直前に決めました。
1st: 道場+ Jojo広重(g)
      八木美知依+Junko(vo)
      道場+坂田明
      本田珠也+T.美川

2nd:  T.美川solo

          全員  

 年を追うごとに珠也さんの実力は増しています。その上、音楽性までも進化させていく方はそうそう多くないと思います。

Junko

 いつかJunkoさんとデュオしたいと思っていたので嬉しかったです。

2nd
  2ndの始め、T.美川さんのソロ演奏を聴き、この後の音楽について考える坂田さんと私。

2nd_set
 皆さん、かっこいい。
Photo
 左から泰代さん。初めてのお付きだった新人ぴー?ひーちゃん。そしてひとちゃん!

 そして明日です。じっくりソロを聴いて頂きます。

Teratotera

| | コメント (0)

2015年7月29日 (水)

本田珠也3days

 いよいよ明日になりました。まさか、ジャズ非常階段と共演する日が来るとは「さくら」を弾いている頃には想像だにしませんでした。本田珠也3daysという記念すべき日に声をかけて頂きとても嬉しいです。
11728858_844574785636249_4906035035
 本田珠ちゃんからバロムクロ〜スギュンギュギュ〜ンで行こう!とfbでメッセージを頂きました。
ちなみにバロムクロスとはこれだそうです。

11705359_845092072251187_4132366890
 とにかくエンジニアさんにも頑張って頂きたいです。お待ちしております。

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

あつい。

 しかも夏風邪をひいたようで、本日は使い物になりませんでした。こういう時もありますね。皆様もご用心下さいませ。でも、生徒さん達はみんな元気です。特にコロンビア大学生のキャサリンさん。1ケ月限定で体験レッスンをしていますが、見る物すべてが興味深くレッスンの度に質問の嵐。17絃箏のハンドルを見ては「これは、何ですか?」楽譜においても休符記号と二分音符など延ばす記号の違いが不思議でなりません。というのも箏は管楽器ではないので二分音符の二拍目などはかすかにのびている音を耳で聴くのみ。技術的には休符となんら変わりありません。「Wow! Intereting!」レッスンは笑いが絶えません。
 こちらも張り切っています。

Photo
 ひとちゃん。瀬音は愛知、東京とも暗譜が流行っています。
Photo_2
 藤澤さん。「まりつき」合格。
Photo_3
 8月1日(土)の為に購入しましたが暑すぎて蚊もでないかも知れません。
Teratotera

 そして、その前に
新宿PIT INN50周年記念事業 本田珠也(ds)3daysの2日目に出演させて頂きます。
7月30日(木)

新宿ピットイン50周年記念・本田珠也 3 Days: 『道場+ジャズ非常階段』
会場: 新宿Pit Inn
開場19:30、開演20:00
前売り3,000円+税、当日3,500円+税(1ドリンク付き)
出演: 道場(本田珠也: ds、八木美知依: electric 21-string koto/17-string bass koto/electronics)、ジャズ非常階段(Jojo 広重: g、T. 美川: electronics、Junko: voice、坂田明: sax/cl/voice)

| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

カーシャちゃんレッスン〜超フリージャズユニット

7月21日(火)
Photo
 ワルシャワ大学大学院生のカーシャちゃんのテレマティック・レッスン。
 小花のカチューシャがとても可愛いですね。ポーランドでは四季折々の花でカチューシャを作る習慣があるそうです。特におばあちゃん達は造花だけでなく、生花でもカチューシャを編むそうです。カーシャちゃん、妖精のようでした。

7月22日(水)
 土取利之(ds、frame ds、笛、etc.)、エヴァン・パーカー(ss、ts)、ウィリアム・パーカー(b、笛、sintir)のトリオを聴きに草月ホールへ。楽器の限界を超越した三者。夫々の個性、技術、知恵、思考が際立つ音楽であったと思う。
 特にエヴァンさんの演奏は、このコンサートのタイトルでもある「超フリージャズ」を意識したのか、コルトレーン系の古典的フレーズも聴き取ることができ、殊のほか楽しめました。ハーモニーやラインを自由にコントロール。私が初めてのソロ・アルバム『Shizuku』を制作する上で影響を受けた、循環呼吸による美しいアルペジオも聴けて大感激。ウィリアムさんのラインやゴリゴリした音色は、さすがニューヨークで半世紀も活躍している骨太なアーティストの証。土取さんは以前、トルコで共演させて頂いた時も思いましたが、葦のような曲がったスティックでフレームドラム等を叩く音の多彩さが圧倒的。決して下手に土俗的にならず、土取のさんの音楽として立っている事に尊敬しました。

Evan2
優しいEvanさん。写真を撮って、とお願いしたら本田珠也さん(ds)とのCD『道場〜壱の巻』を持って下さいました。

Photo
左からコロンビア大学生でKCRWラジオDJのキャサリン・ワトレーさん(出演された皆さんにインタビューしていました)、ウィリアム・パーカーさん、そしてこのコンサートのプログラムノートを書かれた横井一江さん。

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

帰京

 暑いですね〜。

Photo

 早朝に帰京しましたが、外に出るや否や湿気と熱気でやられます。

そのまま渋谷のハンズへ行き、糸締め器の修理。備品があって良かったです。さすがハンズですね。
Photo_2
 Lunch@Les Deux Magots ローストビーフサラダ
その他の用事を済ませ午後にやっと帰宅。

来月に催されるチラシが届いていました。

Teratotera
 涼しげなチラシです。

その後、現在、共演を依頼をされている方々の音楽を片っ端から聴く。(と、言いますか。Markに流してもらっています。)

即興演奏の中で美しいメロディーは弾かない。けれど音色は終始、徹底的に美しい人など、世界は広い、と改めて感じました。楽しみが増えました。

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

愛知レッスン最終日

Photo

七緒ちゃん。地唄初挑戦!いい声してますわ〜。

Photo_2
中野さん。「瀬音」ほぼ暗譜。ご立派!
Photo_3
 美結ちゃん。「鳥のように」暗譜。根性あるわ〜。10代で可愛いし、かないませんわ〜。教える方もやる気、出ますわ〜。

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

練習の合間に

Photo_3
 こちらを入れて贅沢なきなこ牛乳で気分転換をしています。
Photo_5
 しっかり乳脂肪が入っていますが甘過ぎないのが特徴のもなかアイス。頂いた方にそっくりなイラストが印刷されていました。

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

愛知レッスン2

 頼もしい二人
Photo

 なっちゃん。中3になりました。しっかりと意思表示ができる可愛い子です。

Photo_2
 慣れない、慣れない、と言いつつ上手くなりました。友ちゃん。

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

愛知レッスン1

 殆ど愛知県でのレッスンを高橋がみてくれています。
その高橋弘ちゃんが、今日まで成長できたのは一つ一つ、こつこつと練習してきたからだと思います。私自身も含め、年齢を重ねれば衰える部分もあります。それらを克服するのも、やはり練習。でも、深刻になりすぎず、あくまでも楽しみながら。それらを兼ね備えているのが弘ちゃんでしょう。そして、さらに足りない部分を私から学んでいってもらっています。頼もしい先生です。

1
 お見事。長沢勝俊作曲「春三題」
2
 宮城道雄作曲「遠砧」。

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

レッスン&江戸東京たてもの園

 琴ちゃんレッスン。リズム感が良く音に透明感があります。

Photo
 その後、8月1日(土)に演奏する江戸東京たてもの園で打ち合わせと下見に伺いました。場所は小金井市にあります。
1
 本当に同じ東京なのかと思う様なうっそうとした森。今日、都内は35度あり高音注意報が発令されましたが、ここは別天地です。
11720076_10207253810488584_11754491
 古民家といってもさすがに江戸にあったもの。洒落ています。
11721988_10207253810248578_11530305
 タイムスリップしたような感覚。標高が高ければ軽井沢でしょうか。それにしても美しいデザイン。屋外美術館を歩いている気分です。

11751156_10207253808368531_205004_3

 私が演奏する吉田家。写真で見るよりもずっと風情があります。近くにスタジオ ジブリがあるとの事で宮崎駿監督が、よく散策にいらっしゃるそうです。ここではないようですが「千と千尋の神隠し」出てくる建物のモデルは園内のものを多く取り入れているとの事でした。
11741854_10207253808608537_26830665
 中の広い畳部屋へも入る事ができます。本日は休館日だったので、すべての戸が開いていませんでしたが、いつもは、ものすごく風通しが良いそうです。

 帰りがけに由緒ありげな喫茶店で一息ついて帰宅しました。
Photo_2

 珍しいサイフォン。香ばしく、とても美味しいコーヒーでした。

 8月1日(土)2日(日)は園内で様々イベントが行われています。桐島家ではお盆のウマを作ったり、古い写真館のスタジオでは好きにポーズをとって写真を撮る事ができたり、かつお節屋さんではかつお節削りの体験など。夜間特別開園なのでライトアップも特別。沢山の屋台も並ぶそうで、このイベント期間中で5〜6,000人の方が訪れるとの事。でも、広いですからね。夕涼みするには最高の場所だと思います。是非、お越し下さいませ。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

箏の顛末Vo.8

 お天気に恵まれるどころか、暑い中お越し下さった皆様ありがとうございました。
このみさんが選りすぐった作品。岡本綺堂作「子供役者の死」、そして辻邦生作「風の琴」。このみさんのおかげで日本語の美しさを改めて感じる一時でした。特に「風の琴」は、わかりやすい日本語が並んでいるにも関わらず、一つ一つの言葉が胸にしみ入ってきます。
 愛知県でも、このような会があれば素晴らしいのに、と思った次第です。さ〜て、次はジャズ非常階段vs 道場!物見遊山のつもりで張り切ります。
1
 リハーサルです。
2

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

箏の顛末 vol.8 

 10代、20代の頃と何が違うかと言うと、身近な方々が次の世界に旅立たれていく事だ。頂いた言葉や文章、手紙や品物がその人たちと私をつなぐ糸になっていく。
 明日は四谷で『箏の顛末』。即興を中心にし考えていたが、あれよ、あれよ、と右手も左手も忙しい数曲を書いてしまった。もしやプーさんこと菊地雅章さんが私に降りてきたのか。いや、そんな筈はない。10年くらい前にニューヨークのヴィジョン・フェスティヴァルでネッド・ロセンバーグ(s,cl)とマーク・ドレッサー(b)のトリオで出演した時、プーさんが聴きに来て下さり、「そんなに弾かなくてもいいんだよ」と言われたからだ。私はプーさんが客席にいるのを知っていたので、余計な音は弾かない様に努力したつもりだったが、彼の耳にかかっては仕方あるまい。
 ちなみに初めて聴いたプーさんはコードを弾く度にうなっていたが、それが不思議と自然に聴こえた。うなり声(ノイズ)がまるで日本の楽器で和音を弾く様に聴こえる、と伝えると、「頭の中で鳴っているサウンドがピアノではどうしても出せないから、声を出して音を作ろうとしている」と教えてくれた。
Michiyopoo

 もう一人、音楽評論家の相倉久人さんも逝ってしまった。新書が出版された矢先であった。私を応援して下さり、「そのうち一緒に何かやりましょう」と声をかけて下さったが、実現に至らなかった。亡くなる直前まで取材を続けていらしたとの事。
 私は、何を残していけるだろうか。

Koto0512

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

箏の顛末Vo.8

7月6日(月)
 松浦このみさん(朗読)に来て頂き2回目のリハーサル。
今回の楽器は箏、21絃箏はアコースティックで17絃箏のみエレクトリックで聴いて頂こうと思っています。
Koto0512

7月7日(火)
 雨の七夕。可愛らしい新入生が来ました。
そして泰代さん。
Photo    
 沢井忠夫作曲「つち人形」。ダイナミックな演奏でした!

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

レッスン日

 皆さん、よく弾けました。

1
 清水まゆみさん、宮城道雄作曲「砧」合奏して上がりました。
2

 ひとちゃん、暗譜してきたので合奏しました。宮城道雄作曲「瀬音」。愛知県の生徒の演奏を聴いて、張り切ったそうです。

3

 藤澤さん、吉村弘作曲「HO・NA・MI」の1楽章が上がりました。次回は、2楽章です。写真を撮り忘れましたが泰代さんもガンガン弾いていました。

 みんなが無心になって弾いている姿は、心打たれます。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

インタビュー

 コロンビア大学生であり、WKCRという大学内のラジオ局でジャズとカントリーの番組を担当しているキャサリン・ワトレーさんがインタビューにいらっしゃいました。当たり前ですが音楽に詳しい家人から「ビル・フリゼールはどっちの番組でかけるの?」などと笑いが続く一時でした(ちなみに両方でかけるそうです)。今月、来月と日本に滞在して取材を続けられるそうです。
Kat
 大戦中、母方の祖父母の世代がハンガリーからオーストラリアへ逃れて生き延びたという家系。ポーランド占領寸前にオーストラリアへ渡航した義父と似た様な道程。親戚に会った気がする、とMark。それだけ生き残った人達が少ないという表れでしょう。
Kat1
 すべてでの人ではありませんが、谷崎文学が好きな外国人の日本女性に対する感情は気持ち悪い、等々と、Katさんと私の趣味は一致するところがありました。しかし、彼女はまだ20才。これからどんな飛躍をするのでしょうか。前途洋々ですな。

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

大祓神事

 梅雨ですね。
 近所の八幡さまの大祓神事の季節になりました。

1

2
 この輪の中を8の字の様に3回、回って豊穣と安泰を祈ります。

Koto0512
 この日、お天気はどうなのでしょうね。四谷でお待ちしております。是非お越し下さいませ。

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

Katarzynaちゃんのレッスン

 ポーランド、ワルシャワに住むカーシャちゃんのレッスン。現在、松本雅夫作曲「蒼生第一番」に取り組んでいます。まずは、どの音も均一の音量と音質に弾ける様になってから抑揚をつけていきます。

Photo

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »