« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月29日 (木)

愛知レッスン

 という事で今日も5時に起床。向う先は場所は埼玉県ではなく愛知県。
Photo

 熟女パワーで神仙調舞曲を弾き熟なす澤田さん。

Photo_2
 中野さん。地唄「黒髪」手と唄がしっかり身に付いていました。

Photo_3

 音に艶がある竹内さん。松本雅夫作曲「蒼生第一番」が上がりました。
皆さん、よく練習しており嬉しかったです。

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

久喜市立青葉小学校

 ワークショップ最後の小学校は久喜市立青葉小学校の5年生でした。10時40分始まりだったので5時起きで準備。

1
 毎回、丁寧なサウンドチェック。音響も映像、照明もプロ中のプロの集まりで、子供達に上質なワークショップを体験してもらいます。

Photo_2
 こちらは別の学校ですが、このような様子です。
あまり楽器を見ずに皆さんを見て歌っていますが、この方が表情がわかるし一体感があっていいですね。
11月からは群馬県、栃木県、埼玉県の本公演が始まります。

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

糸締めなど

 Skypeにて箏に熱心なコロンビア大学のKatさんの質問に答えたり調べものを少々。そして11月の公演に備え糸締めをしてもらいました。私が使っている糸の性質でもありますが、やっぱり締める人の性格によるものだと思います。ギラッとした緊張感のある音になりました。ありがとう瑞之くん。その後、病院へ行き定期検診。
Photo_2
 そして11月のLiveはこちら。
12052608_10207998111295639_279627_2

 少々先なので、是非予定を合わせてお越し下さいませ。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

Parallax

 この秋だけでノルウェーの学校公演を100以上したというParallaxと共演。彼らと共に牧歌的な風景や氷山、フィヨルドなど様々な世界を飛び回った気分で演奏しました。
1
 Candy近くの海鮮食堂にて。さすが、ノルウェー人。さんまのなめろうもぱくぱく食べていました。
2

3    
 左からStian  Omenas (tp)、Ulrik Thorsrud(ds)、Are Lothe KolBeinsen (g)

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

クリス・コルサーノ(ds)、ジョバンニ・ディ・ドメニコ(p)とレコーディング他

10月23日(金)
 ジョバンニ・ディ・ドメニコさん(p)とデュオ。数年前から共演したいと言って下さっていたジョバンニさん。ようやく実現しました。私と彼の中にすでにイメージしていた音があったと思いますが、それがとても上手く機能した気がしております。そして音楽の道筋がどんな枝葉に別れていっても、そこからさらに成長させていく彼の才能は素晴らしいと感じました。後半はチューバのラスムス・ キェルゴー・ルンドさんが参加してトリオに。闊達な重低音が加わり、さらに世界が広がった感覚でした。
1023
10月24日(土)

 昨夜、初共演をしたジョバンニさんとクリス・コルサーノさん(d)のトリオでレコーディング。共に違うバンドで来日している凄腕お二人。東京ならではの現象です。という事で折角の機会なのでお昼の空き時間でレコーディングをすることになりました。

 それにしても、クリスさんは速い。恐ろしい速さで叩きながら、恐ろしい速さでチューニングする様、スティックを取り替える仕草、すべてを間近で見たお付きのひとちゃんがぶっとんでいました。しかも音のダイナミックスの幅が大きい。ジョバンニさんは昨夜と全く別人。すべて即興演奏なので開けてびっくり玉手箱!というくらい彼の演奏スタイルは豹変していました。彼もあくまでも速い。美しい曲でちょっとスローなものを録音しよう、と提案すると今度は巻雲とでも言うのでしょうか。そのような二人の雰囲気なので爪で弾いていては遅すぎて間に合わない。右足で速いテンポを延々と刻みながら指で蜘蛛の糸を触る感覚で弾き続けました。おかげで今日は右のお尻の奥の筋から足の裏の繋がっている筋が痛い。貴重な体験のスローテンポでした。途中、私の楽器のノイズトラブルもありましたが約3時間で1枚分を録音し終えました。
 その後、宮野川真さんがやっていらっしゃるソングエクスジャズ5周年記念イベントを聴きにドイツ文化会館へ。1時間ほど押していたのでラビットとJakob Bro Trioがばっちり聴けました。意欲的なプログラム。ジャズには向かない残響の多いホールだと思いますがSOUND CREWさんのお陰なのか単にBoss L1システム4台のお陰なのかわかりませんが、すべての音が美しく響き素晴らしいバランスでした。出演者の中にドラムスの田中徳崇くんがいました。のり君のシンバルの音はいつ聴いても心地よいです。丁寧に金属の分子をふるわせる感覚、自分の語彙を貫くところなど凄い、と思いました。また、ベースのトーマス・モーガン。人を外見で判断してはいけませんが彼ほど、外見と音が違う人もそう多くないでしょう。小声で話すガリベンタイプの風貌。しかし、ベースの音が強くしなり立ち上がりも早い。選ぶ音はこの曲にあってこの音か!というアヴァンギャルドな選択。さすがでした。
1
 私のドキュメンタリーを作って下さっている中川泰伸さん。

2
3

4
6
 中川さんからの質問に真摯に答えてくれる二人。
Mark
Photo_3
 ひとちゃん、ひーちゃんも交えて。

その後、ドイツ文化会館にて。ノリ君と。

Photo
トーマスさんと。
Photo_2


 さて、本日は千葉Candyにて。ノルウェーの若手グループ「パララックス」さんのLiveでゲスト出演します。とても楽しみです。お近くの方は是非、聴きにいらして下さいませ。

10月25日(日)
『Parallax + 八木美知依』
会場: Jazz Spot Candy
Tel: 043-246-7726
開場19:30、開演20:00 予約¥3000、当日¥3500(税込1drink込)
出演: パララックス 〜 Ulrik Thorsrud(ds)、 Are Lothe Kolbeinsen(g)、Stian Omenas(tp)
ゲスト: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

ジョバンニ・ディ・ドメニコさん(p)とデュオ

 明日です!ジョバンニ・ディ・ドメニコさん(p)とのデュオ。またしても初共演です。ゲストにはデンマークのチューバ奏者ラスムスさんが出演してくれる事になりました。ラスムスさんは自然界の様々な音も巧みに演奏されるユニークな若手です。滅多にないこのトリオ編成。是非、お越し下さいませ。

12113551_10207939881679935_55816249

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

足利特別支援学校

 山間の足利特別支援学校でワークショップ。

1
 山が体育館に迫っています。
 身体が不自由なお子さん方が多い学校でした。ご両親や本人のお気持ちを思うと胸が締めつけられ、いたたまれない気持ちになりました。ところがお子さん達はとても積極的に足や手のリズムも楽しんで叩いてくれます。そして歌作り。なんとも前向きな言葉ばかりが物怖じ無く発表されました。お母さんがたも、そのお子さんの様子を見てとても楽しそうでした。
 終了後、いろいろな質問も受けました。五体満足な学校の子供達よりも生きる事を謳歌し、なんだか人生に余裕があるようにも見えます。もちろん、そこには先生方の努力があってこそでしょうが、同じ生きるのであれば、そんな気持ちを忘れてはいけない、と思いました。来月ふたたび伺うのが楽しみです。

2

3
 気持ちが伝わります。

4
 終了後、足利駅へ戻り、「いちい」というお蕎麦屋さんでランチ。鴨汁そばを頂きました。鴨肉が筋肉質で美味しかったです。私はどちらかというとうどん派でしたが、今回のツアーで蕎麦の魅力が少しわかったような気がしました。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

栃木県その3

 中村明一さん(尺八)の古い友人でいらっしゃるギターリストの柿沼宏嗣さんのお宅へ伺いました。柿沼さんといえばナルシソ・イエペスのお弟子さん。イエペス。日本人にとっては「禁じられた遊び」の作曲者と言えば馴染みがあります。広く高い天井の邸宅に住まわれ美しい庭と国魚としての鯉も泳がせていた熱心な鯉のご趣味も持たれている柿沼さん。
 そして日本に数台しかない10絃ギターを見せて頂き、少々音色も聴きました。

10
 低い4本はDGAC。共鳴しすぎてミュートしながら弾くという別の難しさがあるそうです。箏にとっては羨ましい悩みです。

11
 1600年代スペインのギター。素朴な音がしました。田舎だったら大きな家1軒が楽に建てられるお値段でした。

12
 制作した職人さんのサインがあります。

13

 少し見にくいですが、あちこちに飾りが施されており遊び心に溢れています。木が乾燥してひびが入っているため本番で使う場合は、その日にむけ徐々に絃を締めて調整するそうです。

14

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

栃木県その2

 公演終了後、佐野市から足利市へ戻り国宝の足利家居館跡に建てられた「鑁阿寺」を見学に行きました。
6

7
 自分の体の悪い部分をさすると治してくださるという仏様。頭のてっぺんから足すべて、さすらせてもらいました。

8
 1196年に建立。
9

 足利尊氏が作った日本で最初の学校。立派すぎて学校とは思えないほどでした。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

栃木県その1

1
 栃木県へ来ました。

2

 これから佐野市へ向います。乗り遅れたら大変な事になります。

3
 こちらは佐野市立三好小学校の旧校舎です。尋常小学校。日本の昔の建物は美学がしっかりしている、と感じます。

4
5
 尺八の中村明一さんが予約をして下さって美味しいおそばを堪能。たしかに美味しい。

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

ジョバンニ・ディ・ドメニコさん(p)とデュオ

今週の金曜、23日にベルギーの素晴らしいピアニスト、ジョバンニ・ディ・ドメニコさんと公園通りクラシックスにてデュオを致します。初共演ですが私との相性は、とても良いような予感がしています。昨日、我が家にいらした、これまた凄いチューバ奏者ラスモスさんも急遽、演奏する事になりトリオの展開もあります!皆様、是非お越し下さいませ。

12113551_10207939881679935_55816249

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

喜多直毅さん(vl)とデュオ他

 10月16日(金)
 大泉学園インFでヴァイオリンの喜多直毅さんとデュオ。山あり谷ありの長い即興。喜多さんの拡張奏法は拡張という感じではなくご自身の心の声とでもいいましょうか。素晴らしいと感じました。演奏終了後はお客様と家人がプログレ談話に花が咲き、楽しい金曜日でした。

12166992_635232389952305_459644047_
 
10月17日(土)

 終日レッスン。その後、出かける予定でしたが雑事が増え過ぎ断念。

10月18日(日)
 デンマークのチューバ奏者ラスムス・キェルゴー・ルンドさんがいらっしゃいました。私の楽器の説明をした後、20分ほどの即興を2曲と、約3分の小品を1曲演奏しました。「森の中へ」のチェロのパートを彼に演奏してもらうとトロールの散歩の様な雰囲気が出るのでは、と感じました。
 素晴らしい音楽家に出会うと自分自身のエネルギーがわいてきます。
Photo

 今週末にクリス・コルサーノさん(ds)とのレコーディングが控えているので、彼の演奏を聴きに新宿ピットインへ。坂田明さん(s)のバンド「ちかもらち」。
独自という言葉を誰もが使いたくなりますが、このバンドのサウンドこそ独自。

人間は進歩する為に人間である、と改めて感じました。クリスさんはドラマーが二人いるかと思うほど上半身、下半身のタイムが異なっており、驚きました。それを彼に伝えるといろいろ説明してくれましたが、つまりは努力につきるという事でしょう。

Pit_inn

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)

喜多直毅さん(vl)とデュオ

 さて私の次のLiveは、大泉学園インFの佐藤さんに声をかけて頂きヴァイオリンの喜多直毅さんとデュオを致します。一昨日のカスパー・トランバーグさん(tp)、スガダイローさん(p)に続き初共演です。しかも演奏するのは久しぶりの会場、インF。美しい音色で演奏できる様、エフェクトボードをメンテナンスに出しました。大泉学園インFでヴァイオリンと箏に浸る週末は如何でしょうか。

74df6e_513c8b6a5f3446c794ff191b5fc4

10月16日(金)

『喜多直毅&八木美知依デュオ』

会場: 大泉学区園・ In F
Tel: 03-3925-6967
開場19: 30、開演20時
2,500円+オーダー
出演: 喜多直毅(vln)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
 

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

Melbye x Tranberg x Yoshigaki Trio 他

10月9日(金)

 新宿PIT INNへお越し下さいました皆様、ありがとうございました。日本では、なかなか聴く事ができないかっこいいサウンドのトリオに参加させて頂きとても嬉しかったです。日本ツアーが始まっています。関西方面の方は是非、足を運んで下さいませ。
1

2

 やせっぽちのアダムさん(b)は生音が大きく、ゴリゴリ、弓も手も速い。   


3_2
 スガダイローさん(p)との音の絡みも面白かったな〜。
10月10日(土)

 レッスンの後、ニック・ベルチュ(p)のカルテットを聴きに新宿PIT INNへ行きました。サウンドエンジニア、照明デザイナーも同行しての公演。完璧でした。
すごい。進歩するために活動するのだ、と実感。私自身、日々、前に進むのみだと、改めて思いました。
4
 カスパー・ラストさん(d)と。一体、どうやって覚えて叩いているのか?

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

前橋市立山王小学校他

  学校でのワークショップ二日目。

1
 映像作家の中川さん。体育館でストレッチ。

こちらの小学校の音楽の先生は芸大楽理科を出られ卒論が尺八だったとの事。子供達も興味深く参加してくれました。
2
 帰京後、東京駅から六本木で打ち合わせ1本。終了後に、ハードロックカフェにて思い切り甘いものを摂取。

Berthlingwerliinorourke
 その後、友人が大勢出演するスーパー・デラックスへ。ヨハン・バットリング(b)の音がとてもクリアでかっこいい演奏。ジムさん、英子ちゃんの音楽にも頭が下がりました。いや〜音楽とは、なんと奥が深いものだと感じ入りました。

 さて、本日はこちら。
Mty
 新宿PIT INNで芳垣安洋さん(ds)のトリオにゲスト出演します。

楽しみです。皆様、是非お越し下さいませ。

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

沼田東小学校

1
 体育館の中の温度計。寒い筈です。ウールのジャケットを持って来て良かったです。
 この小学校は今年度で廃校になるとの事。とても記念になる公演です、と校長先生が仰っていました。吹割れの滝の近くの学校なので、後で見学に行きましょうと言われていましたが、近いというよりも道路を挟んで向いが滝の入り口でした。素晴らしい環境です。

2

3  

 水しぶきが上がっていました。
4  

5

7
 元井美智子さんとしばし散策して楽しみました。

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

群馬県沼田市

Photo
 夜、遅く沼田駅に到着。皆で「つげ義春さんの世界に入ったみたいだね。」と談笑。タクシーの運転手さんの話によりますと駅は繁華街と離れているとの事でした。肌寒いし、なんだか楽しくなってきました。さて明日から2日間、学校でのワークショップです。尺八や箏という日本の楽器に親しんでもらおう、というものではなく自分の声で自分の気持ちを歌にしてみよう、といったものです。私達日本人が使う言葉の特徴や何を音楽として感じて来たか、という話から始まる内容で先生方も楽しんで聞いて頂けます。

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

レッスン日

 レッスン最後の生徒はポーランド、ワルシャワ大学、院生であり大学では日本語学科で日本語を教えているカーシャちゃんでした。

難しい調絃、弾き方など説明しなくてもyou tube等で調べ弾きこなしています。先日、ワルシャワ大学のワークショップで日本について説明をし八橋検校作曲「六段の調べ」と「みだれ」を弾いたそうです。応援しています。カーシャちゃん!

Photo

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

ライマ・ヤンソーネさん

 ラトラヴィア大使館から招待されカンテレのような楽器、ラトヴィアの民族楽器クアクレの凄腕若手奏者、ライマ・ヤンソーネさんの演奏を聴きに伺いました。一貫して安定したグルーブ、超速弾き、現代的な美しい調絃などクアクレという楽器の輝かしい次世代を感じました。そこでなんとお世話になっていた福永千恵子先生に十何年ぶりにお会いしました。昔、ヨーロッパ、インドネシアなどを含めた長いツアーのホテルでずっと同じ部屋でしたし、もちろんBレッスンという稽古の枠では教えて頂きました。嬉しさのあまり機関銃の様に話をしてしまいました。先生は、、相変わらず、と思われた事でしょう。

Photo

 昨日、おできの手術をした私。絆創膏をはって伺いましたが、素晴らしいライマさんの演奏と福永先生にお会いでき感激しました。   

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

Melbye x Tranberg x Yoshigaki Trio Japan Tour

 10月になってしまいました。月日があまりに速く過ぎてしまい動揺するほどです。
さて、私の次の演奏は10月9日(金)Melbye x Tranberg x Yoshigaki Trio Japan Tourの新宿pit inn公演です。ゲストとして参加させて頂きます。今年は、初共演年とでも申しましょうか。キャスパー・トランバーグさん(tp)と初めて演奏します。ヨーロッパと日本でツアーをなさるこのトリオ。どんなサウンドなのか、そこにどう私が入るのか楽しみです。是非、お立ち会い下さいませ。

Mty
10月9日(金)

『Melbye x Tranberg x Yoshigaki Trio Japan Tour』
会場: 新宿ピットイン
Tel: 03-3354-2024
開場19:30、開演20:00
¥3,500+税(1ドリンク付)
出演: アダム・プルツ・メルビー(b)、キャスパー・トランバーグ(tp)、芳垣安洋(ds)
ゲスト:スガダイロー(p)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
 

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »