« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月30日 (水)

稽古納めなど

 12月26日(土)稽古納めでした。本日の生徒さん達も、良く練習がしてあり私の様な人間によくついてきてくれるなぁ、と感じ入りました。来年も教室の皆さんと共に自分自身も成長していきたいと改めて思いました。

Photo
 七緒ちゃん。今年は「ゴジラ」のソロにも挑戦し、本日は初めての曲で合奏して帰って行きました。
Photo_2
 久田恵子さん。こちらも箏、三味線。両方とも上がりました。一緒に楽器を片付け教室内の整理をして今年を最後のレッスンをしめてくれました。

さて、今年も様々な公演をしてきましたが私が思うベスト3は、自分自身が落ち入りやすい課題をなんとか克服できた12月13日(日)の八木、ホーケル・フラーテン、ポール・ニルセン・ラヴ: 10 Years After。

Photo_3

 そして、クリス・コルサノ(ds)、とジョバンニ・ドメニコ(p)とのレコーディングセッション。頭の中で鳴っていた、このトリオでの音楽が想像以上に上手くいった感があります。それは、とにかくジョバンニ、クリスの比類ない音楽性のお陰だと思っています。
Photo_4
 そして、ひとちゃんもお付きをして感じたベストLive。8月14日(金)トッド・ニコルソン(b)本田珠也(ds)による元祖八木美知依トリオ。今までの演奏の中で最も余裕をもって構築できた感覚があります。この感覚を大切にしつつ次のステップに進みたいと思っております。皆様にとっても、来る年が良き日々である事を祈っております。本当に、今年一年お世話になりました。来年も、どうぞよろしくお願い致します。
Photo_6
Photo_5
 新潟県を代表して来て下さるお客様から頂いた白玉もちを使ってぜんざいを作りました。喉越しが良い白玉もちは美味しくオーストラリアから来日している義妹家族にも大好評でした!

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

愛知レッスン3

 東郷町の稽古日でした。
1
 お花がいっぱいで冬とは思えない華やかな東郷教室渡部邸です。
2
 あまりテレビも見ないし車で移動する事が多く街も歩きません。ですからクリスマスというイベントとは縁遠い生活をしていました。
Photo_2
 でも、このカードをもらって初めてクリスマスを身近に感じました。可愛いですね。
自動車学校に通うほど成長した美結ちゃんが子供の頃、書いてくれたカードも大切にとっておいてあります。

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

愛知レッスン2

Photo

 秀美さん。松本雅夫作曲「山なみの灯」上がりました。

Photo_2

 なっちゃん。私が中学生の頃に沢井忠夫作曲「小さな春」なんていう難しい曲は弾けませんでした。これからが楽しみです。
 さて夜は長野県諏訪市の琴光堂さんが来て下さりお弟子さん達の三味線の撥、駒の具合をみてもらいました。
そして、持ってきて下さったのは17絃箏。お値打ちのものからプロが本番で使えるものまで。
17
 お値打ちな楽器でも決して悪いものではありませんでしたが、ちーちゃんが気に入った楽器はくり甲のこちら。

Photo_3
 この後、絃を張り、ちーちゃんの手の大きさに合わせて枕角の上に糸道をつけ、弾きやすくしてもらいます。新しい楽器で新しい年が始まります。いいですね。そして高橋も、新年から新しい楽器を始めます。21絃箏。やるき満々!頼もしい限りです。五線譜を見てさっさと弾ける様にし、いずれは「Song of the Steppes」や「Rosemary's Baby」にも挑戦してもらいたいです。

| | コメント (0)

2015年12月22日 (火)

愛知レッスン

 6名の生徒さんの個人レッスンをしましたが全員ものすごく練習がしてあり驚きました。
1
 高橋の宿題は映画音楽など自分が好きな曲を選び、箏の二重奏曲にアレンジするというものでした。私としては、まず弘ちゃんがどんな曲を選んでくるのかも楽しみなレッスンでした。沢山の曲の中から選ぶという行為だけでも、かなり勉強になります。そして限りある音域と調絃を考慮しつつアレンジ。そして箏の音色を生かすなど多くの事を考えてもらいました。姪っ子さんの結婚式で娘の美結ちゃんと演奏するそうです。きっと喜んで頂けるのではないでしょうか。
Photo
 谷川さん。合奏して絶好調でした!

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

白拍子とおこと

 寒い中、桜井真樹子さん(白拍子、声明他)とのデュオにお越し頂きました皆様、どうもありがとうございました。桜井さんの説得力ある声明にも合うのではないかと考えた音色を使うなどして私自身も楽しんで、、歌ったり語る等しました。
1
 理由はいろいろありますが、本番前まで書き込み〜。
2

 さて、東京レッスンも稽古おさめをしました。明日から、愛知県でレッスンです。

| | コメント (0)

2015年12月18日 (金)

EUジャパンフェスト

 午前、午後と家人の病院のお供。眼科も歯科も大事ではなかったので少々、安心しました。そして、夜はパーティーへ。以前、ピョートルさんたちと行ったオータニ内の久兵衛での写真が貼られていました。
Eu1
Eu2
 ベルギービールが大好きなMark。桃のビール等を楽しんでいました。ベルギー大使ご夫妻にもお会いでき以前のブリュッセルでの公演について、話をさせて頂きました。(Markが)

Eu3
 私は、終日運転だったので見ただけです。

| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

こういう日もある。

 朝起きた時からだるかった。右肩、背中。乳酸がたまってるな〜、という感じの痛だるさ。林檎、洋梨。そして新潟発のお菓子。など、とにかく甘いものを口に入れたい。
Photo
夜、モヒート。撃沈。
Photo_2
 聴き納めはこちら。お待ちしております。
12月20日(日)
白拍子とおこと
出演 :  桜井真樹子(白拍子、龍笛)、八木美知依(21絃箏)
料金 :  投げ銭+チャージ500円+ドリンク代
開場: 19時30分、開演: 20時
会場 : Bar Isshee (文京区千駄木3-36-11千駄木センチューリー21 地下1階

| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

白拍子とおこと

 さて、今年最後の演奏は白拍子、声明をなさる桜井真樹子さんとのデュオです。夫々の曲の他、桜井さんの作品で「埴輪の王子様」をやります。私は、前世が仁徳天皇の愛人の一人。箏を弾く玖賀姫だったという設定です。桜井さんの現世とも来世ともつかない独特の世界に浸って語り弾きたいと思います。場所は千駄木のBar isshee。投げ銭、つまりチャージはお好きな金額で良いという設定です。ですから、どうぞお気軽にいらして下さい。
Pdf2_2

 

| | コメント (0)

2015年12月16日 (水)

八木、ホーケル・フラーテン、ニルセン・ラヴ "10 Years After" その2

12月13日(日)
 記念すべき『八木、ホーケル・フラーテン、ニルセン・ラヴ〜10 Years After...』ライヴ・レコーディング@アケタの店。体力と知力を使い果たした演奏でした。終演後、脳が酸欠状態で何もできませんでした。この臨場感溢れる一本勝負にお付き合い下さいました皆様、ありがとうございました。
 Liveの冒頭の挨拶でMarkも説明していましたが、10年前のこのトリオの出会いから私の周りで様々な交流が生まれました。感慨深いです。
 インゲブリグトは楽器のすべてを共鳴させて、ますます力強くなっていましたし、見た事の無いようなテクニックも使い、自分の音をさらに確立させていました。生音が良いのは優れた音楽家の根幹ですが、このような音だからこそエフェクトをかけても説得力があるというものです。
 そしてポール。今回はブラッシュのストロークの中の1本、1本の表情が素晴らしいと感じました。10年前に比べ、私だけ成長が遅れてるのではと心配しました。でも思えば当時、共演して頂いた殆どの欧米の即興家よりも未熟であったので、最も進歩した部類なのかも知れません。私の周りのすべての人に感謝しています。
 
 翌日、帰国の途に就いたポール。トランジットのコペンハーゲン空港からメールで「レコーディングで聴き直して欲しい点がある」などの早速の連絡が入りました。さすがに世界中を飛び回る男、何事も速いですね。
 さて、ジム・オルークさんが客席にいたので何人かのお客様に「ジムさんが弾くの?」と尋ねられましたが、実はこの日のスペシャル・シークレット・ゲストはたまたまプライヴェートで来日中の親友、ヘンリー・カイザーさん(g)でした。

1
2
3
ゲストのヘンリー・カイザーさん(g)。ヘンリーさんとディストーションでドロドロの掛け合いができたのは大きな喜びでした。

Photo
ヘンリーさんが使った楽器はひとちゃんのご主人、小山和朗さんのものです。ありがとうございました。写真はポールとそのギター。やっぱりポールはスティックの方が似合いますね。後ろに、明田川さんがいらっしゃいます。「いつものペーター・ブロッツマンとのもいいけど今夜は全く違う展開で良かった」、と饒舌に仰って頂き、酸欠状態のぼんやりした頭でしたが、この一言でようやくリラックスできました。

12月14日(火)
 昨夜ゲスト出演してくれたヘンリー・カイザーさん(g)と。以前Markと行った天ぷら屋さんへ奥様を連れて行きたいという事で、私も便乗させて頂きました。

1_2 
2_2
丸の内天政さんにて。奥様のBrandyさんとエフェクト・ペダル・メーカーの田辺さんも同席。田辺さんのエフェクトはロベン・フォードやラリー・カールトン、ウェイン・クランツ等も使っています。
Photo

 今日も、あれやこれやで夜のスカイツリーを見る時間になっていました。

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

八木、ホーケル・フラーテン、ニルセン・ラヴ "10 Years After"

 いよいよ明日はアケタの店にて『八木、ホーケル・フラーテン、ニルセン・ラヴ "10 Years After..."』です。
 10年前、SuperDeluxeで初共演したこのトリオ。懐かしいです。その頃から世界中を飛び回っていた二人ですが、厳しい音楽の世界にいながら、さらに大きく羽ばたいでいます。
 また、このトリオ公演がある事を知り「俺も弾かせてくれ」とアメリカからやって来るゲストがいます。たぶんアンコールで共演しますが、濃厚な夜になる事は間違いないでしょう。滅多に聴けないメンツなのでエンジニアの嶋田さんがレコーディングしてくれる予定です。ぜひお早めに入られ、席を確保して頂きたく思います。

12182633_10208058127356003_52368588

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

至福のお菓子&リハーサル

 本田珠也さんとの道場にお越し下さいました皆様、ありがとうございました。パワフルな珠也さんと演奏して13日(日)のアケタの店でポール・ニルセン・ラヴさん(ds)とインゲブリクト・ホーケル・フラーテン(b)さんとの共演の為に弾みがつきました。忘年会などで就業後も大忙しの師走とは思いますが、一年の厄落としに是非、お越し下さいませ。道場で、お越し頂いたお客様の中で「箏に是非触ってみて下さい。」と申し上げたにも関わらず、終演後お誘いできなかった、お客様がいらしたと思います。申しわけありませんでした。是非、次の機会に触ってみてください。スタッフと共にお待ちしております。
12月13日(日)
八木、ホーケル・フラーテン、ポール・ニルセン・ラヴ: 10 Years After
会場: 西荻窪 アケタの店
出演: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)、インゲブリグト・ホーケル・フラーテン(コントラバス、ベース・ギター)、ポール・ニルセン・ラヴ(ドラムス)
開場19:30、開演20:00
予約3000円、当日3500円(1ドリンク付き)
東京都杉並区西荻北3-21-13吉野ビルB101
Tel: 03-3395-9507

 さて、チョコレートがとても美味しい季節になりました。
その中でも数々のコンクールでその名を轟かせているTHEOBROMAさん。
1
 今年のコンクールで賞をとったという作品を可愛いお弟子さんから頂きました。

2

3
 チョコレート一つ一つのコンセプトが胡椒、トマトなどユニーク。が、しかしチョコレート!

Photo

 こちらは、素敵なお客様から頂いた言わずと知れた有名なお品。パッケージも素敵です。チョコクッキーは甘くて渋いだけでなくシナモンの香りがするなど、こちらも一ひねり。
Photo_2

 そして、いつも新潟県長岡市を代表して来て下さっているお客様。米どころから届く粋なおかき。甘いも辛いも充実している我が家。ありがたいです。
 それらを桜井真樹子さん(声明、白拍子)とのリハーサルで楽しく頂きました。その桜井さんが持っていらした楽器。
Photo_3
 坂田明さんから頂いたという縄文時代の石笛。
Photo_4
 先週、鈴木昭夫さん(サウンド アート)が住んでいらっしゃる京丹後市へ行き、かぐや姫の伝説がある竹野神社でひろってきたという木。これを板に打ち付けながら謡をされる桜井さん。こういった2世紀前後の文化にお詳しい桜井さん。研究の地道さに頭が下がります。

| | コメント (0)

2015年12月 7日 (月)

明日は、サイケデリックジャズ道場で。

 明日は、久しぶりに本田珠也さん(ds)と道場デュオです。パワー全開で演奏します。ジョー・マクフィー(ポケットトランペット、テナーサックス、アルトサックス)ラッセ・マーハーウグ(エレクトロニク他)ポール・ニルセン・ラヴ(ドラムス、パーカッション)とのカルテット『SOUL STREAM』、そしてラッセとポールとのトリオ『ANGULAR MASS』との新作も持参します。是非、お越し下さいませ。
Sm そして近況を少し。
New_cd
Photo
 桜井真樹子さん(白拍子、声明等)のリハの後、新宿PIT INNにて。ポールと。
THE THING。めちゃくちゃかっこよかったです。特にインゲブリクト(b)は凄まじくなっていました。ベースの太い絃を箏のトレモロのように弾くまくったりしていますが、指の感触がわかるほど音の立ち上がりが半端無くしっかりしています。共演前に聴いておいて良かったです。

12月5日(土)

 レッスンの後Super Deluxeへ「The Thing」公演の2日目を聴きに行きました。
何度聴いても凄いです。入り口に来年のポスターが。
Photo_2
来年早々に公演。是非、箏パワートリオの魅力をご堪能下さいませ。三重県の宮田さんにも、お会いできたし楽しみました。
12月6日(日)

 またしてもレッスンの後、Super Deluxeへ。

昨日に引き続きゲストには坂田明さん(cl、sax、歌等)そして今夜は今井和雄さん(g)が入りました。やはり音楽はLiveに限る、と改めて思いました。
Photo_3
 新入生イーサンさん。音楽ゲームや一言では言い表せない様々なコンピューター関係の仕事をしています。私が、スマホで手こずっていると、すぐに「Let mee see.」と言ってくれます。頼もしい長男、という感じです。

| | コメント (0)

2015年12月 5日 (土)

白拍子とおこと 

 12月20日(日)に行う「白拍子とおこと」のリハーサルを桜井真樹子さん(白拍子、声明他)と行いました。桜井さんとは2000年ジョン・ゾーンさんのレベールTadikの「IZUTSU」での共演以来の再会です。かれこれ15年前になります。今回お会いするまで存じ上げませんでしたが、この間、桜井さんは数えられないほど沢山の音楽劇の脚本を書かれていました。当日の公演では前半が桜井さんの白拍子、と私の曲「通り過ぎた道」を、後半は桜井さんの作品の中から「埴輪の王子様」に取り組みます。この作品は日本書紀に書いてあった実話を基にしています。仁徳天皇の正妻は嫉妬深い人で多くの側室を住居の外に住まわせていたそうですが、その中の一人で箏の演奏が好きな姫がいたそうです。しかし歳をとってきたので仁徳天皇が「この姫を誰か世話してくれないか」と国中に尋ねたら播磨の君主が名乗りを上げ、その姫は播磨へ再び嫁ぐ事になったという話。その際に仁徳天皇が歌った歌も実際に日本書紀の中に書かれているそうで、それらも歌う予定です。桜井さんの本の中での主人公はこの姫ではなく箏を弾く現代の女性。夢の中に箏を持った埴輪の王子が表れて「あなたの前世は、こんな姫だったのですよ。」と告げるところから始まります。

おもしろいです!
 私は、図々しくもこの姫役で弾いたり歌ったりします。(お姫様役は幼稚園の頃の白雪姫役以来でしょうか。)リハーサルを重ねて桜井さんとの息を合わせ脚本と即興の可能性を探ります。是非、お越し下さいませ。
Pdf2_2
C0213541_22363585
 そして近々はこちら。
12月8日(火)
道場
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、Vo)、本田珠也(ds)
会場:  公園通りクラシックス
料金:  3,000円(1ドリンク付)
問い合わせ: yagiquery@yahoo.co.jp
開場: 19時、開演:  19時30分

 是非、お越し下さいませ。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

サイケデリック ジャズ〜道場〜

 12月8日(火)
Psychedelic Jazz-道場

箏とドラムス。八木美知依と本田珠也。世界で一つしかないバンド。

聴くだけで覚醒し体脂肪が減らせます。是非、お越し下さい。
道場
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、Vo)、本田珠也(ds)
会場: 公園通りクラシックス
料金:  3,000円(1ドリンク付)
問い合わせ: yagiquery@yahoo.co.jp
開場: 19時、開演:  19時30分
12271551_10208131618113226_18664247

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

山形、肘折温泉、小野川温泉。

 2ケ月前に山形のふるさと割のクーポンを獲得しました。行けるかどうか不安でしたが常滑のレッスンを終えた翌日の午前6時に出かければ宿泊できるとわかり母を連れ出し東京駅でMarkと待ち合わせ行って来ました。

Photo_21

 午前7時からやっていた名古屋駅構内の宮きしめんで「バンバンジーきしめん」の温かいもの頂きました。発想は、すごく良いと思いましたが、。

Photo_22

 東海道新幹線から山形新幹線に乗り換えました。

Photo_23
 途中、かみのやま温泉駅には干し柿がつるしてありました。風情があります。

Photo_24
 新庄駅に迎えにきてもらい宿へ。山にはうっすら雪が積もっています。
Photo_25
 イワナ炭火焼。
Photo_26
 山形牛、豚などのほう葉焼き。

Photo_27
 村の中にある酒蔵、小屋酒造さんのきき酒セット。にごり酒まできりっとしていて甘くなかったそうです。やはり東北の日本酒は粋です。
Photo_28

 ぎょえ〜。イワナのお腹にはエイリアンの様な卵がありました。美味しかったです。

Photo_29
 馬刺。生ガキ。この村で改良した新種のカブ。生のまま頂きました。水気が少ない甘くない梨といった感触で美味しかったです。
Photo_30
 新鮮な生の白子。

Photo_31
 十割そばとは思えない滑らかな喉越しでした。

この他にも山形つや姫というお米で作った焼きおにぎりなどが出されましたが食べきれずラップに包んで持ち帰りました。

 皆が元気でいてくれるので実現した旅行でした。感謝しています。
これからダイエットします。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

愛知レッスン2

 それぞれ成果を上げています。

Photo_16
 美結ちゃん。沢井忠夫作曲「陽炎」。二重奏の曲ですが合奏中にどんどん私と同じ様な曲調に変わっていきます。耳がいいね。音が随分、綺麗になったので来月から「百花譜」の箏に挑戦します。
Photo_17

 藤井凡大作曲「うさぎ」独奏曲です。速いところは、ものすごく速く。ゆっくりしたテンポのところは丁寧に弾けていました。

Photo_18

 高校受験中ですがお稽古に朗らかに通っています。可愛い表情ですが弾いている曲は沢井忠夫作曲「小さな春」。かなりテクニックが必要な曲です。
Photo_19
 宮城道雄作曲「三つの遊び」。さっさと上がっていきました!

Photo_20
 恵子ちゃん。ツボをきっちり決めて弾いています。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

愛知レッスン

11月26日(木)
 このところ愛知県へのレッスンへは中部国際空港に着陸する飛行機で通っています。この便ができたお陰で今まで午前4時半に起床していたのが5時半くらいに起き10時の常滑のレッスンに間に合っています。ところが、羽田へ行ってみると整備の為、遅延もしくは欠航になるとアナウンスが入りました。ただちに電話をし最初のレッスン2枠を高橋に見てもらう様に手配。いやはや安全第一に決まっていますが、このような事があると新幹線の方が手堅いのか、とも思います。
Photo_12
 飛行機はエンジンの油圧を調整する空気圧のなんとかの不具合を整備していたそうです。でも90分遅れで飛ぶ事になりました。心配性の母は、そんな飛行機には乗らない方が良いとは言っていましたが、、。
2_3
 乗り込む直前に二重に虹がかかっており他の乗客の皆さんも撮っていました。晴れやかな気持ちになりました。

Photo_13

 高橋のお陰でレッスンに穴をあける事はありませんでした。強い右腕です。

Photo_14
 久しぶりに梨桜ちゃんの稽古をつけました。1本ずつ、しっかり体重をかけて弾ける様になっていました。驚きました。

11月27日(金)

 東郷町の教室である渡部邸。玄関には美しい花々が咲いており新鮮な気持ちになります。今月から新しい生徒さんが二名入り、ますます賑やかで楽しい教室になりそうです。ご興味のある方は、いつでも見学にいらして下さいませ。
Photo_15

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

熊谷市立石原小学校他

11月24日(火)
 学校公演もいよいよ最終日になりました。リーダーの中村明一さん(尺八)磯貝真紀さん(17絃箏)はもちろん、中川泰伸さん(映像)熊谷真さん(音響)北沢さん(マネージャー)。皆さん、ありがとうございました。
Photo_6
2
 熊谷さん。毎回、異なる条件の体育館での公演。とても感謝しています。
そして、この2枚の写真は中川泰伸さんによるものです。
帰京し、夜は六本木スーパー・デラックスへ。

初来日のジョー・モリス(g)が坂田明さん(s,cl)、ジム・オルーク(b)、山本達久さん(ds)とのカルテットでした。ジムさん。なんとベースを購入し演奏していらっしゃいました。恐るべしミュージシャン魂。

Sdlx1
Sdlx2
 ジョーさんの演奏。ハーモニーをあまり多用せず単音で延々と進行させていくソロは箏と通じるところがあるので、よく聴いています。と、言うといろいろな事を教えて下さいました。珍しいほど教えて下さる、と感じていたら現在はニューイングランド音楽院でコンテポラリー・インプロヴィゼーションの教授をなさっているとの事。60歳になられたジョーさん。今までは勉強ばかり。未熟だった。この歳になって、やっと自分の考えが自由に演奏できる。これからだ、と仰っていました。
11月25日(水)
 喘息の薬をもらいに虎の門病院へ。
雲行きが怪しい。
Photo_7

 
 

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

11月21日(土)

東京レッスン日でした。
Photo
 藤澤絵里奈さん。松本雅夫作曲、蒼生第二番が上がりました!

 ゴジラの合奏終了後、突然ひとちゃんが17絃箏で「Happy Birthday」を演奏してくれました。アレンジヴァージョンもあり驚きと共に感動し涙腺が、、。
Photo_2

 ディナーは目黒Restaurant-uniqueへ。ユニークというだけあって素晴らしい。気骨のある料理でした。

Photo_3
 アミューズ。豚のリエット。半端ないです。
Photo_4
 カリフラワーのムースに蟹、ウニのコンソメジュレ。濃厚ーーー。日々のご褒美を海から頂いた感触。

Photo_5

 蝦夷鹿。ガツン。
という事で、忙しいと言いつつ魅力あるシェフのお陰で、これからも張り切ろう、と思った夜でした。

 

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

久しぶり

 もう、師走なんですね。皆様、お元気でしょうか。
国内ですが移動も激しかった為、日々を健康に過ごす事で精一杯でブログ更新が滞ってしまっていました。少々、先月を振り返ってみたいと思います。

11月20日(金)

 イスラエルのジャズピアニスト、ギラード・ハツァブさんの初来日Liveを聴きに下北へ。招聘は音楽評論家の関口義人さん。大盛況でお客様も音楽家ものっていました。
11
 音楽評論家の関口義人さんと。5年前からシリアの大学教授、ジプシー音楽家など多くのご友人すべてと連絡が全くとれないと悲痛な思いを聞きました。
1
 ギラードさんのバンドでは海沼正利さん(per,ds,カヌーン)が演奏していらっしゃいました。カヌーンのインプロは美しく滑らか。感動しました。
22
3_3
 左はヴォーカルの岡庭矢宵さん。国立音大で声楽を学ばれた後イスラエル政府の奨学金を得てスペイン系ユダヤ人の歌を中心に学ばれ活動していらっしゃいます。魅力的でした。そしてその右後ろがギラードさん。素敵でした。
4_2

 音楽評論家が二人の話は面白い。知識量が凄いのでなかなか終わりませんでした。世の中に一石を投じていって欲しいと思います。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »