« 4月の LIVE | トップページ | 愛知県レッスン »

2016年4月 6日 (水)

楽器

 家人が来年のある企画で某国から来日する音楽家の選定をしており、幾つかのバンドについて私の意見を聞かれました(あまり参考になっていないと思いますが)。ヨーロッパのインプロシーンではサックスやドラムスに若く有能な女性が多く出現しているようで、パワフルでしなやかなセンスが特徴。これなら血の気の多い男性陣も納得するであろう、と思いました。

 夜、ひとちゃんが念願の素敵なパートナーを手に入れました。旦那様ではなく、楽器。琴光堂さんが約20面分の木を持ってきてくれました。

1
 こちらはその一部です。本当に精悍、ゴージャズ、品位、すべて揃った気高い生き物の様でした。

2
 ひとちゃんが選んだのはこちら。インゲブリグトも喜んでいる様です。きっと「いざ!」そして「ここは!」という時に助けてくれる存在になるでしょう。

3
 ひとちゃんの為に硬く木味の良い木を探しに行ってくれた琴光堂、中島瑞之さんと。
 さて、私は練習用のものと、硬く重い楽器の2面を買ってしまいました。弟子が増え、合奏練習をするのに必要になってきた事もありますが、やはり見ていると欲しくなるものです。練習用の楽器からは持った瞬間、「私、あなたの所に行きたいわ」という声が聞こえたくらい(大げさですが)。
 そして皆が帰った後も、まだリビングには木の精霊たちがふわふわした漂っていました。

|

コメント

コメントを書く






« 4月の LIVE | トップページ | 愛知県レッスン »