« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月24日 (金)

愛知教室

 お天気がすぐれませんが、東郷町の教室は緑鮮やかで、マイナスイオンがたっぷりです。

1
2

3
 美有香ちゃん。曲のイントロを即興で作る勉強をしました。私が弾く四分音符のハーモニーにミスタッチなく確実に一音、一音
を選んでいつまでも弾き続けています。左手も使ったら?と私が弾きながら言うと、「それは曲の後半でやる」と言い切りました。すでに音楽の構造が身についているようです。すごいなぁ。

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

人間ドック

 以前から予約してあった人間ドックに行ってきました。なんといっても我が家はガン家系なのでいつも心配していますが、すべて異常なしという結果でした。(体脂肪が多いと言われましたが。)しかし朝食を異常に食べる私。胃カメラのためとは朝食抜きはとても辛かったです。なので胃カメラが終わった途端、食堂でカツ重、その後タリーズ・コーヒーでソイラテTall、クッキー2枚。  満腹中枢がようやくおさまり胃カメラの時に使った麻酔も効いていて、いい感じ。迎えに来てくれた車の中で先日の珠也さんとのラフミックスを聴きました。このところ五音階からの展開にはまっている私のソロ。新鮮なサウンドでした。そして突如やってくる珠ちゃんのソロはすごかったす。本人は、まだ聴いていないそうですが多分、喜ぶんじゃないかあ。早く、皆様にも聴いていただきたいです。

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

帰国組

 勉強会が終わりカーシャはヴィザの書き換えにポーランドへ一時帰国。 Katは新学期が始まるのでニューヨークへ。そして、その前に我が家へ論文のためのインタビューに来ました。
Photo_2

 夜、Natuaくんのレッスン。

またMassimoさんが私が加わった「Zu」の音源を聴き、とても感激したと連絡がありました。良かったです。

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

八木美知依箏曲東京研究室 水無月勉強会

 東京教室以外の場所で初めて発表会をしました。演奏会は大きくても小さくても事務、作業はほぼ同じ。当日は、調弦、楽器の転換もあり実際に演奏するまでに体力と精神力が必要とされます。手前味噌で恐縮ですが経験が浅い生徒たち、よく頑張ったな、と思っています。私も含めまだまだ未熟ですが前進あるのみ!お越しくださいました皆様、ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。

Photo

 受付は和装のKat、ドレスの琴ちゃん。(*^-^)
1

2_23_2

4
5

7

1_2
2_3

 即興演奏もしました。

13_2
14
12_2
3_3

15

16_2
 ひとちゃん、睡眠時間激減の日々でした。

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

GOKでレコーディング

 最初に珠ちゃんとの新曲をその場で作成。前半は17絃でベースラインをループし、それに合わせて21絃とドラムスを一発録り。私ののソロは珍しく(笑)邦楽器的にペンタトニックで展開、でも盛り上がり過ぎる手前でその思想をすっぱり切る、というプロデューサーの指示。このあたりの手腕がさすがにMarkだなぁ、と思いました。私一人だったらやり過ぎていたかも。続いて曲の後半。私の弓で約7分間の単音ロングトーンを17絃で演奏。7分も弓でロングトーンを弾いたことがなかったので、いかに普段使わない筋肉で弾いているかを思い知りました。オクターバーで低音を出し、リバース・ディレイも使ってなるべく途切れないようにしました。後で聴いてみるとこのリバースのタイミングに思わぬグルーヴ感がありました。その上に珠ちゃんが弓を使ってシンバルのロングトーンを重ね、更にその上にもう一度、リバース・ディレイのタイミングを変えた弓のロングトーンを重ねました。そして最後にこのドローンをバックに珠ちゃんが凄まじいドラム・ソロを叩くという展開。この新曲は、たぶん長らくお待たせしており、やっと近日中に完成する『道場/弍ノ巻』の出だしで聴いていただけると思います。
 次にファイル交換により進行中の、マッシモ・プピーロ率いるイタリアのアヴァン・ロック・バンド“Zu”とのレコーディング。ラップトップで何度もベーシック・トラックを聴いており、おおよそ弾くことは決めていました。ざっくり自分が思う演奏を録り終えたところで、Markから「こういったファイル交換のレコーディンの場合、どうしても足りない部分を補おうとする気持ちになるだろうけれど、それじゃだめだ。この音楽の中枢に入り込まなきゃ。難しいだろうけど、共演している気持ちで」。ここから一気に方向性が変わりました。最初に録音したものも一部採用しつつ、メインの音をガツンと決めることができました。
 GOKの近藤さんと馬場さん、どうもありがとうございました。また、道場のミキシングを担当してくれている田中徳崇くんがわざわざマイキング等のチェックや手伝いに来てくださいました。ノリくんはドラマーとしてはもちろんですが録音技師としても素晴らしく、彼が携わった音にはリアリティーがあります。ありがとうございました。
Photo
 二の腕の音も試した後?の本田珠也(ds)(*^-^)

Photo_2
 ノリくんのリクエストでラインのエフェクト前の音、エフェクトをかけた音、マイクで録った生音をばらして録りました。

Photo_3
 根気強い中川泰伸さん。いろいろな面で勉強になります。

 ところで12月の八木美知依トリオ・ツアーですが、親友のアイヴィン・オールセット(g)が加わった4重奏によるオスロのヴィクトリア劇場/国立ジャズ・シーンでの公演がほぼ決定するなど、国内外の関係者の士気が上がっています。様々な公演を前にいろいろなことを勉強させて頂き、ありがたく思っております。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

ハルバ

6月15日(水)
 このところの湿気で絃がふくらんだり、エアコンによる乾燥で縮んだりを繰り返し、切れやすくなっています。午前中は少し傷がある絃を締め直しました。これで18日の勉強会を無事に最後まで演奏できると良いのですが、何が起きるのかわからないのが本番です。まぁ、すべてを楽しんで頑張ってもらいたいものです。

 Mary Janeのまいちゃんから頂いたトルコの謎のスパイスを使ってハンバーグを作ってみました。
Photo
 作ってみたら、見事にケバブ。日本にいながらにして異国情緒が味わえました。
 そしてデザート。こちらもまいちゃんのお土産ハルバ。
Photo_2

 中近東ヌガーとでもいいましょうか、ゴマのペースト、アーモンドパウダー、デュラムセモリナ粉、砂糖、蜂蜜等の中にピスタチオが入っていました。素朴すぎる見た目で、どのような味か予測できませんでしたが、これが魂のある美味しさ。絨毯屋さんやなどを思い出しました。まいちゃん、ありがとうございました。

 メンテナンス中だった楽器を引き取りに渋谷へ。
 夜、レッスン。いつものことですが、弾きはじめるとまるで強壮剤でも飲んだのかと思うほど自分が覚醒するのがわかります。

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

ソング・オブ・ラホール

 映像作家の中川泰伸さんの勧めで「 ソング・オブ・ラホール」の DVDを見させて頂きました。パキスタン・シーア派の音楽家のドキュメンタリー映画です。私に関するドキュメンタリー映画の参考にしたいとの事でしたが、さすがに音楽家をやっていて楽器もろとも殺されるということは日本ではありませんが、伝統音楽の立ち位置は似ていると思いました。また、素晴らしい音楽性と技術を持った彼らにして欧米で成功しなければ自国でも認められない、というところも似ていました。誇りをもった彼らに尊敬の念を抱きました。機会があればぜひ見てみてください。

 6月11日(土)NHK-FMゴンチチさんの番組で「世界の快適音楽セレクション」で私の「Bicycle Ride」がかかった、と数名の方々からご連絡を頂きました。嬉しいです。ゴンチチさん、ありがとうございます。もう少ししたら、またこの番組で気に入って頂けそうなアルバムのミックスが終わると思います。何故か録音済み音源はすごく多いのですが、リリースに至るまでの道のりは大変です。

 さて、勉強会が近づいてきました。

Photo
 進行について打ち合わせ。

Photo_2
 螺鈿チームも着々と準備。

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

糸締め

 ひとちゃんが作った調弦表を頼りに勉強会で使う楽器の柱並び、転調しやすいよう糸締めをしました。全21本。内弟子以来ずっと続くこの作業、箏屋さんのような余韻が伸びる技術は望みませんが、もう少し楽にならないものかと思ってしまいます。

Photo
 ナチュアくん、2回目のレッスン日。結構慣れてきました。

Photo_2
 ひとちゃん曰く、「THE 八木組」の箏。たしかに、下手にタックルをかけるとこちらが骨折するようなノリです。

Photo_3
 奈良の神田様から頂いた小玉スイカ。皮が薄いです。しかも皮の際まで極甘でした。

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

渋谷Mary Jane

 聴覚検査をしに日赤広尾へ。このところアレルギー性鼻炎がひどく、耳も調子が悪いだろうと思っていたら変わりないとのこと。良かった!
 その後、来週のレコーディングに備えて楽器のメンテナンス。当日ノイズがのったら大変ですから。
 そして久しぶりに渋谷Mary Janeへ。
まいちゃんが作るキーマカレー、トマトサラダが絶品でした。

Photo
 山羊のカッテージチーズ、ディル、玉ねぎのみじん切りが絶妙なハーモニーで美味しかったです。

Photo_2
 食欲が抑えきれず大盛りのパンナコッタを注文。喉越しが良いこちらはなんと店主で音楽評論家でもある松尾さんが作っていらっしゃるとのこと。驚きました。次作CDや『TOKYO解放区』についてなど、多々話をさせて頂きました。

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

MIYAKE ISSEY展

 写真家の高木由利子さんがIssey Miyake展で映像作品を出されていたので、国立新美術館へ行ってきました。
Photo
2
 完成度が高い素晴らしい作品でした。さすが、由利子さん。

Photo_2
 六本木のど真ん中にあるクリーニング屋さん。周りとの空気感が全く違い、異彩を放っていました。

Photo_3
 Union Square Tokyoで一息。ベルギービールにも負けない茨城の地ビール。

 夜は元気なみんなの顔を見て檄を飛ばしました。
Photo_4

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

東京レッスン日

 いよいよ勉強会が近づいてきました。
Photo
 小山、本番用の楽器で。本人の練習の成果もありますが爽やかで艶やかな音です。

Photo_2
 中川。日ごと良くなっています!人柄がダイナミックなので、その個性が現れるように指導しています。

Photo_3 樋口。即興の部では自作の俳句も語る予定です。

Photo_4
 そして超〜新人のナチュアくん。アラスカ出身だそうです。ギターリストという事もあり、初回のレッスンで私が弾く裏間をかる〜く、きっちり入れて弾けました。かなわないね〜(笑)。こういう人がどんどん増えてこの世界を盛り上げてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

東京解放区 CD発売記念 LIVE3

 楽しい一夜でした!沢井 LABOの皆さんは「これからの日本音楽シーンを担う金の卵たち、そして彼らを産んだ不死鳥、沢井原兒!」( Mark談)。沢井さんは前半も後半もかっこいい吹きまくり。音が伸びやかでシャープ。凄かったです。このバンドはまた再演があるとのこと。基本的に即興。メンバーが6名での即興セッションですから学ぶことも多かったです。次回はさらに高みを目指します。

 

1
2
3
 本番直前の沢井原兒さんと。

4
 ナスノミツルさんと。ファズの音もかっこよかった〜。次回は道場のゲストに来ていただきたいです。たまちゃん、どうでしょうか?

5
 本田珠也〜!ほんと凄いですわ〜。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »