« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

東京レッスン日

Photo

 楽譜と弾いている事が違いますが当教室オリジナルスタート編は合格。1番に入った宗一郎くん。

Photo_2
 4歳児の後は、沢井忠夫作曲「夏の日」を合格していった中川泰代さん。絶好調です。

| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

レコーディング

 多くの皆様からご支援、ご意見を賜り本当に感謝しております。10年という月日が経ちやっと自分の気持ちが言える様になり私事を書かせて頂きました。傷は癒やすものではなく、それらもすべて自分の人生を豊かにさせていく経験と思い実にしていきたいと思っています。他の人達にとっても、そうであって欲しい、と思っています。さて、レコーディング。作曲は大友良英さんでした。いろいろな楽器が集まりとても楽しかったです。 NHK BSの「仏の寺の国宝たち」という番組だそうです。
Photo

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

訴訟した件に関して

 最近、あるレコーディングの仕事に誘われ、快く引き受けたのですが、その後その録音にもう一人の箏奏者が加わると知りました。その名前を聞いていろいろと不快な思い出が甦りました。当日、何が起きるか分かりませんが、間違いがあってはいけないので書き記しておきたいと思います。

 かつて私は「Koto Vortex」というグループのメンバーでした。このグループは2枚の自主制作盤をリリースした後、自然消滅しましたが、10年ほど前メンバーの1人にクロノス・カルテットから「Koto Vortexと共演したい」という連絡があり、再結成の話をもらいました。忙しい中であり、何よりも自分の音楽を優先したい時期の始まりでしたがましたが、それでも何とかスケジュールが組めるかも知れないと思って一時は承諾したものの、やはり無理だと判断し、メンバーに連絡をしました。

 しばらく経って「Koto Vortex」の2枚のCDのうちの1枚が「再発されることになりました。おめでとうございます」という連絡がメンバーのNさんのマネージャーからマークにありました。これに関して私もマークはとても驚きました。と言うのは、その音源の4分の1の権利は私にあり、当然、私の承諾なしでは再発など出来ません。ところがNさん側は平然と「おめでとう」と言い、さらに「近々10枚ほど試聴盤を送ります」と言うのです。マークはそのあまりのバカさ加減に呆れかえり、しばらく様子を見てみようと思ったそうです。

 数日後、小包が我が家に送られて来ました。その中には2枚のCDと、「試聴盤が足りないので2枚お送りました」というNさん側によるメモが同封されていました。そのCDを見て私もマークも驚きました。何と内容は私が演奏しているKoto Vortexの古い録音なのですが、ジャケットは一新されており、私の名前が削除されているのです。これって、どういうこと?驚きのあまり、声が出ないというか、涙が流れ出てしまいました。自ら退団したとは言え、演奏しているのが私なら名前は表記されるはず。海賊盤であるだけでなく、表記の内容にも偽りがあるのです。

 すぐにメンバーに問い合わせると、竹澤さんだけ平謝り。「私も受け取ってびっくり。これって犯罪だよね。ごめんね」と心から謝罪してくれました。印刷物を見て「こんな物が世の中で許されるのだろうか?」と疑っていたそうですが、Nさんは「マネージャーが勝手にやった、自分は関係ない」と、まるで悪徳政治家の「秘書がやった」同様の一点張り、もう1人のオリジナル・メンバーのMさんも「知らなかったけど、何が悪いのか分からない」、と。私の代わりにクレジットされた新メンバー(故人)とマークとのやりとりもあったそうですが、Markの「あなたも被害者だという事をわかっていますか?美知依の演奏はあなたが弾いている事になっていますが、これに対してどう思われますか?」という問いに彼女は「私が弾いたようにされている事は申し訳ないし、私自身恥ずかしい」と言ったそうです。

 今はあまり関わっていないのでわかりませんが、当時の邦楽界は権利の意識が薄く、他のメンバーとは話が進まなかったので、マークと相談し、音楽家ユニオンを通して訴える事にしました。Markは寝込んでいる私の代わりに弁護士さんと今後の展開や賠償金、もしくは大手新聞紙面での謝罪の要求などについて話を詰めてくれましたが、話が大きくなるほど被害者であるはずの私はさらに落ち込むはめになりました。 

 組合の判断は「極めて悪質」。当然、発売は中止され、Nさんのマネージャーがすべての責任を背負う事になりました。ちなみにNさんからはいまだに謝罪はありません。

 音楽の価値や、自分自身の生きる意味が問われようとしていたあの事件。あれから立ち直った時点で音楽を進めていく覚悟を決めたように思います。これからも音楽の権利について注意を払っていきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

愛知レッスン日

 週末にレコーディングが入ったので高橋に連絡。愛知レッスンの予定でしたが、その分を22日(月)から移動調整。22日(月)午後4時30分から始まるレッスンなので午後から移動すれば良いかと思って朝、起きたら台風接近のニュース。正午近くに関東に上陸のおそれ、という事。慌てて横殴りの雨と風の中、午前8時30分に大急ぎで出かけ、お昼前に名古屋駅に到着。名古屋は蒸し暑いものの曇り空。髪がびしょぬれで長袖のレインコートを着ているのは私一人でした。常滑は曇りとは言え東京の状況がわかってもらえそうにないほど穏やかでした。やはり日本列島は長いのですね。
 という事で私がいなくてもしっかりした高橋がいるので安心して愛知教室がまかせられます。

Photo
 その日に渡した「ゴジラ」ニュー・ソロ・パートの楽譜を数回目で決める高橋弘子!頼もしい講師です。

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

東京レッスン日

 Liveが終わった翌日から、やはりひどい頭痛、吐き気がぶりかえしてしまい20日(土)はレッスン日を休んでしまい静養しました。そのおかげで復活。21(日)のレッスンは元気に教える事ができました。

 Photo
 菊城正明作曲「はや瀬」が上がった藤澤さん。
そして、宗一郎くんと有菜ちゃん。

1

3
 1拍の裏間を歯でカチカチさせて弾き続ける宗一郎くん。歯の音がスウィングしているのが、やはり親譲かと。
1_2

 3歳の有菜ちゃん、人差し指の第一関節が綺麗に曲がり力がたまっています。

2
 音を消すときは、ため気味です。

| | コメント (2)

2016年8月21日 (日)

道場+ナスノ2

 天気が心配される中お越しくださいましてありがとうございました。

演奏直前まで頭痛に悩まされましたが演奏はじめたら不思議なもので全く感じませんでした。楽し〜い一夜でした。共演のナスノさん、珠ちゃん、そしてもちろんお越しくださいました皆様に感謝します。

Img_4862
Img_4813

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

道場+ナスノ

 明日です。是非、お越しくださいませ。

Sm_2
Photo
 新しいケーブルを作ってもらいました。

8月18日(木)


『道場+ナスノミツル』
会場: 渋谷・公園通りクラシックス
¥3000(+ドリンク代)
道場: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)& 本田珠也(ドラムス)
道場破り: ナスノミツル(エレクトリック・ベース、エレクトロニクス)

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

お墓まいり

 暑い時間を避け96歳のお義父さんとMarkと墓まいりに行って来ました。毎年、思う事ですが広島のたいていの墓石には命日に昭和廿年八月六日が刻まれています。震災のような自然災害おいてもこのように同じ命日が刻まれている事はあるかと思います。死とは無慈悲なものです。ですが、やはり戦争によって、しかも原爆によってと思うとさらに身震いがします。当時、広島郵便局に勤めていた叔母は私の名前に似た美知枝さん。戦後、随分たってから市役所から誰のものかわからない骨を「美知枝さんのご遺骨です。」と言って持ってきてくださったそうですが状況から考えると爆心地にほど近く4,000度近くの放射能を浴び、あっという間にすべてが灰になってしまったのではないかと想像します。どんな事があっても戦争は反対です。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

レッスン&広島盆事情

 皆様、夏とはいえ暑いですね。そんな中、レッスン日。

Photo

 泰代さん。初回のレッスンで上がりました。

そして翌早朝、広島へ。
初めて広島のお盆を過ごした時は驚きましたが今では、これが年に1回の特別行事という意識に変わりました。
Photo_4

 盆灯篭です。皆さんがこれを購入し自分の家のお墓に立てます。ものすごく古い習慣かと思ったら江戸時代からだそうです。

華やかです。お祭りですね。

2
 コンビニでも、どこでも売っています。

そして、こちら。
3
 お塔婆です。これをお参りするお墓の分だけ購入し、名前を書いたお塔婆をお墓の前に置いていきます。本家の人たちは誰がお参りに来てくれたか一目瞭然。親戚が多いお宅は墓石の周りにゴムがまいてあり、そこに皆がどんどん差し込んでいくので、とても賑やかな状況になっています。愛知県人には考えられないお盆事情です。

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

道場+ナスノ

 私の次のLiveはこちら。

暑い夏は熱い音楽で!
是非、お越しくださいませ。

8月18日(木)

『道場+ナスノミツル』
会場: 渋谷・公園通りクラシックス
¥3000(+ドリンク代)
道場: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)& 本田珠也(ドラムス)
道場破り: ナスノミツル(エレクトリック・ベース、エレクトロニクス)

Sm_2

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

陰火@新宿PIT INN

 8月7日(日)、新宿ピットインにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。
 8月4日の午後9時40分に吉田達也さんより体調不良のため出演不可能という連絡が入りました。不死身の吉田さんが欠席...勝井さんも私も驚きましたが、ご本人が誰よりも驚き残念な思いだった事と思います。
 さて、どうするか...私が思ったのは、吉田さんの代役ではなく、いっその事ツイン・ドラムス&ツイン・ストリングスにしては、という発想でした。私の音楽を良く知ってくださる、才能豊かな田中徳崇さんと、ジム・オルーク(g)さん推薦のジョー・タリアさんがたまたま空いているとの事。しかもジョーさんは5日に私と打ち合わせができるとのこと。
 ジョーさんと会って良いイメージができた私は、勝井さんに連絡。勝井さんも、それならこれでいこう、と。インプロと曲をクロスさせる進行を想定していましたが、いざ楽譜を書き直し練習し始めると「もしもこうインプロがこうなったら」と数々のシーンが頭に浮かび上がります。ループ、音作り、歌、テクニックの正確さ...特にループはやればやればやるほど課題が見つかります。箏をループする場合、糸のよりのどこに爪が当たるかで結果が大きく異なります。
 そして本番。勝井さんのふくよかで美しいロングトーンを聴いた途端にすべてがふっきれて楽な気分になり、良い結果になったのではないかと思います。お越しくださった皆様、素晴らしい共演者、そしてアシスタントの弟子に感謝しています。
 快方に向かった吉田さんからリベンジ本番を是非!とメールが届きました。早速にセットしたいと思っています。

Image11_2

| | コメント (2)

2016年8月 6日 (土)

メンバー変更

 吉田達也(ds)さんが体調不良のため、明後日の『陰火@ピットイン』公演は田中徳崇(ds)さん、ジョー・タリア(ds)さんのツイン・ドラム編成で演奏することになりました。
 ツインド・ラムス、ツイン・ストリングス。ますます、かっこいい「陰火」。
 ちなみに吉田さんの体調は徐々に快方に向かっているとのことです。
Photo_2

 2ケ月前にオーストラリアから来日したジョーさん。たまたま近くに住んでいるとのことで、午後からミーティングとリハーサルに来てくれました。初Liveの参考映像がこのような形で役に立つとは思ってもみませんでした。「日曜日が楽しみです」と言って帰って行かれました。皆様、当日は是非お立会いくださいませ。

8月7日(日)
『陰火』

会場: 新宿ピットイン
http://www.pit-inn.com
開場19:30 開演20:00
¥3000+税(1ドリンク付)
陰火〜八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)、勝井祐二(ヴァイオリン、エレクトロニクス)、田中徳崇(ds)、ジョー・タリア(ds)

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

糸締め

 琴光堂諏訪市店の瑞之さんが東京に来るというので糸締めをしてもらいました。
諏訪ではまだエアコンをつけていないとのこと。東京の蒸し暑さに驚いていました。

Photo
先日の可愛い生徒さんの忘れ物、ダースベーダーが見守っています。


『陰火』
8月7日 (日)
会場: 新宿ピットイン
http://www.pit-inn.com
開場19:30 開演20:00
¥3000+税(1ドリンク付)
陰火〜八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)、吉田達也(ドラムス、ヴォイス)、勝井祐二(ヴァイオリン、エレクトロニクス)
Sm_3

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »