« デンマーク、コペンハーゲン2 | トップページ | デンマーク、コペンハーゲン3 »

2016年12月12日 (月)

ノルウェー、オスロ

 八木美知依トリオ、オスロの王立ジャズ・シーン/ヴィクトリア劇場公演はステージも客席も友人が大勢集まってくれた心温まる夜となりました。ブッゲ・ヴェッセルトフトさん(key)、ポール・ニルセン・ラヴさん(ds)、エリザベス・ヴァトンさん(バグパイプ、key)、ノルウェー外務省のKari Hirthさんら、みんな忙しい人達ばかりなのに来てくれて感謝してもしきれません。そしてアイヴィン・オールセットさん(g)の胸に染み入るサウンドに包まれて八木美知依トリオはフィヨルドの海へ旅立ち、これにて終了。

 私のトリオでの初めてのヨーロッパ・ツアー。大成功と言って良いのではないでしょうか。全てを仕切ってくれたインゲブリクト・ホーケル・フラーテンさん(b)とMark、そして音楽の核を担いポーランドから共に旅した本田珠也さん(ds)。全ての人に感謝をお伝えしたいです。

 明日、コペンハーゲンへ移動してコペンハーゲン音大でのワークショップの準備を始めようと思います。
Photo_4

2

4_3
オスロは何度も来ていますがノーベル賞表彰式が行われるグランドホテル近くに来られたのは初めてです。会場は、この通り沿い近くでした。
6_2

Photo_5
7_3

|

コメント

コメントを書く






« デンマーク、コペンハーゲン2 | トップページ | デンマーク、コペンハーゲン3 »