« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

Mary Jane

 40日に1回、耳鼻咽喉科に通っています。その病院が広尾にあり、そこから渋谷まで歩き、Mary Janeで遅い昼食。まいちゃんにタンパク質もとれる特製サラダを作ってもらい、カボチャと人参と山芋のポタージュも頂きました。そしてレモン・タルトとシナモン・ティー。音楽評論家で店長もなさる松尾さんと、どんどん日本全体が頭が悪くなっている、私たちはぶれる事なく発信していこう、などと語り合い、そこから三軒茶屋まで歩く。
 すっきり。

Photo
Photo_2
タルトの生地がしっかりしていて美味しいです。

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

セントレアライフコンサート

 愛知県常滑市の介護付き老人ホーム、セントレアライフで高橋弘子と中野美知子がコンサートをしました。
 コンサート前は、二人で絃を見ずにお客様と視線を合わせて弾き歌う練習をしたりと、張り切っていました。その成果もあってか、皆さんにはとても大きな声で歌っていただき、中には涙して聴いて下さった方もいらしたそうです。
 やはり生演奏の響きは何にも代えがたい、と思います。

 お声をかけて下さった竹内さん、そして関係者の皆様、ありがとうございました。

Photo
野村正峰作曲「日本のわらべ歌」を弾いています。

Photo_2
沢井忠夫作曲「二つの変奏曲」より「さくら」。

 このような公演にご興味のある方は、お気軽にこちらまで問い合わせください。お待ちしております。

|

2017年11月27日 (月)

東京レッスン& Simon Nabatov Tokyo Quartet

 個人、グループレッスンなどの日でした。グループレッスンでは、合奏曲の他に即興も。即興は、まず聴く事を重視して英語の詩やポーランド語の詩に音楽をつけるという授業。意味がよくわからなくても聴いて奏でます。聴くことがもっとも重要ですが、長時間となると楽器の技術を持っているかいないかで質がかなり変わります。その人がやりたい事と現実のギャップを埋めていけれるように個人レッスンで指導していきたいと思っています。
 夜、Simon Nabatov Tokyo Quartetを聴きに新宿ピットインへ。どんな素晴らしい音楽も楽譜があるからこそ再生でき、時空を越えて無数の人が感動できますが、この夜は、その楽譜の意味さえ陳腐に感じるほどの素晴らしい内容でした。メンバーは、 Simon Nabatov(p)、坂田明(sax,cl,voc)、瀬尾高志(b)、ダレン・ムーア(ds)。
Photo
2
 会場には評論家の横井一江さん(評論家)、高岡大佑さん(tuba)、共演したばかりの近藤直司さん(sax)ら。お会いでき嬉しかったです。写真は高岡先生が持参された「樽酒」。吉野杉の香りがたまりませんでした。

 ああ〜、もう少しお酒に強かったら、更に楽しいひと時を過ごせるのにと、いつも思います。

 

|

2017年11月25日 (土)

のなか悟空&人間国宝+八木美知依2

 『FNS歌謡音楽祭』のリハーサルから新宿ピットインへ。のなか悟空&人間国宝さんとのセッション。初対面。楽しかったです!

23826266_10214747094496001_37384452
23926640_1073496642790407_504081035
のなかさんと。
 

23826296_1073496596123745_613398949
 のなかさんに美女軍団と言っていただきました。皆さん、箏を弾くと美女になれますよ〜(笑)。現在、東京大学に短期留学中の親戚 Hannahちゃんを囲んで。

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

 明日です!
 楽しみなレアギグです。是非、お越し下さいませ。

11月23日(木)
『のなか悟空&人間国宝  八木美知依』

出演: のなか悟空(ドラムス)、近藤直司(サックス)、ヒゴヒロシ(べース)

ゲスト: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
会場: 新宿 Pit Inn
東京都新宿区新宿
2-12-4 アコードビルB1
開場19:30、開演20:00
料金: 3000円+税(1ドリンク付)
http://www.pit-inn.com

Tel: 03-3354-2024
Photo

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

のなか悟空&人間国宝+八木美知依

 明後日です。
 レアギグです。是非、お越し下さいませ。

11月23日(木)
『のなか悟空&人間国宝  八木美知依』
出演: のなか悟空(ドラムス)、近藤直司(サックス)、ヒゴヒロシ(べース)

ゲスト: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
会場: 新宿 Pit Inn
東京都新宿区新宿2-12-4 アコードビルB1
開場19:30、開演20:00
料金: 3000円+税(1ドリンク付)
http://www.pit-inn.com

Tel: 03-3354-2024

Photo

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

早苗ネネ「和歌うた」 シーディー発売記念ディナーショー

 早苗ネネさん『和歌うた』CD発売記念ディナーショーがホテル・ニューオータニで行われました。
 ネネさん、最初から最後までエネルギッシュで艶やかな歌いっぷり。感動しました。

23669079_1071662099640528_519760572
リハーサル中。

23826005_1071661662973905_540503150
23800231_1071661669640571_580278243

ネネさん、終演後もサインなどの対応でなかなか着替えられません。

23736320_1071661736307231_865727560

転調はひとちゃんが。

23632723_1071661732973898_600156244

いろんな意味ですごい音楽家のホッピー神山さん(プロデューサー、 key)、岡部洋一(パーカッション)さんと。へんがおをされていますが、実は二人ともいい男。

23800004_1071661819640556_115039806
演奏者全員と。


23737835_1071662096307195_5660561_2
本番直前、テンポの確認。

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

ZU JHATOR

 Massimo Farjor Pupilloさん(b)から『Zu』のLPとCDが送られてきました。私は片面「The Dawning Moon of the Mind」に参加しています。デヴィッド・ボウイの「Moss Garden」を意識した演奏をして欲しいとのリクエストでした。冒頭から箏の音色が生かされた素敵な曲になっていますが、全く違うミックスも好きだったので、何らかの形でリリースできないか思案中です。

Zu

Zu2

|

2017年11月14日 (火)

僧侶の涙

 今週末、ホテル・ニューオータニで早苗ネネさんのディナーショーが行われます。私はその中で2曲、演奏させていただきます。そのリハーサルのためにネネさんが来宅。化粧がお嫌いという事ですっぴんでいらっしゃいました。それでも美しい。そして華奢。
 にもかかわらず相変わらずの声量、さすがです。曲はCDと異なり、歌がきっかけでセクションが変わるようにするなど当日は Live感が出るようにしました。
 その後は、シャーリー・マクレーン系、神秘のお話で思わぬ盛りあがり。楽しかったです。

Photo


|

2017年11月13日 (月)

須川崇志さんとデュオ2

 下北沢Lady Janeにお越し下さった皆様、ありがとうございました。
 1st setでは事前に告知していたアンビエントを意識しました。ゆったりしたものを聴いて頂くには、まずは音色。爪の角度だけでなくエフェクターもいろいろ調整していきましたが、やはりBose L1システムを使うと、逆に自分のエフェクターは必要ないと感じ、リヴァーブなどは使いませんでした。須川さんの伸びやかな弓、骨太なベース。そして音のセンスも素晴らしい、と感じました。

 そうそう、須川さんはニューヨークで初のリーダー・アルバムをレコーディングなさったばかり。その中に私の曲「十六夜」がカバーされております。聴かせていただきましたが、もう最高です。来年にはリリースされると思います。楽しみです。

Lady_jane
Lady_jane2
三重県を代表して宮田さんと。

|

2017年11月10日 (金)

須川崇志さんとデュオ

 明日です。是非、お越しください。

11月11日(土)
『八木美知依&須川崇志デュオ』
出演: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)須川崇志(コントラバス、チェロ)
会場: 下北沢Lady Jane
開場: 19時、開演: 19時30分
料金: 2,700円(予約)、3,200円(当日)
tel: 03-3412-3947(Lady Jane)、03-3419-6261(Bigtory)

14976773_852668251541812_46476013_2
Sugawa_takashi

|

2017年11月 9日 (木)

クリスチャン・メオス・スヴェンセン  Duo

 ベーシストのクリスチャンさん、美しいと思う観点がとても独特でした。
 常々、箏は不器用な楽器だと思っていますが、ベースも器用な楽器とは言い難いでしょう。しかし彼が織りなすサウンドは、それらを超越したというよりも、それらを受け入れた寛容で繊細なサウンド。かと言って彼自身が若いという事もあり音は枯れておらずスピード感がある。  私も、数本の絃に執着するなど日頃とは異なる演奏をしました。音楽をやっていると、いろいろな人と出会え貴重な経験をする事ができます。

Live

 さて、明後日もベーシスト、そして今やチェリストとしても活躍されている須川崇志さんとのデュオです。テーマはアンビエント。共演者が優れていると、あれもこれもイメージが湧きすぎて困ってしまう私ですが、その気持ちを抑えて表現する音を絞ろうと思っています。年内、週末での演奏はこれが最後。是非、足を運んでくださいませ。

11月11日(土)

『八木美知依&須川崇志デュオ』

出演: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、歌)須川崇志(コントラバス、チェロ)

会場: 下北沢Lady Jane
開場: 19時、開演: 19時30分
料金: 2,700円(予約)、3,200円(当日)
tel: 03-3412-3947(Lady Jane)、03-3419-6261(Bigtory)

14976773_852668251541812_4647601382
Photo
 本年、東海市芸術劇場リハーサル室にて。

|

2017年11月 7日 (火)

Large Unit3

 初日と2日目を聴いたので、おおよその曲の進行が把握でき楽しくガツンと演奏できました。それにしてもメンバー、一人一人の実力が素晴らしいしヨーロッパの野外ジャズ・フェスのようなおおらかな空気感もあり、なんとも贅沢な3日間でした。
Photo
2日目はジム・オルークさん(g)がゲストでした。

Photo_2
音楽の女神、石橋英子どのと。

Photo_3
私のset。この写真はcue待ちですね。

Photo_4
宮田さん。3日間の通し券で参加してくださいました。ヨーロッパに行かなくても、このバンドを聴けるなんて滅多にないチャンスですからね〜。

Photo_5
CD売り場は我がチームが担当しました。

 そして明日!この時に共演しましたクリスティアン・メオス・スヴェンセン(b)からのリクエストでデュオをする事になりました。
これまたレアな企画。びっくり仰天のベーシストです。お時間のある方は渋谷、公園通りクラシックスに足を運んでください。

Photo_6
11月8日(水)

『クリスティアン・メオス・スヴェンセン&八木美知依 デュオ』

出演: クリスティアン・メオス・スヴェンセン(b)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)

会場: 公園通りクラシックス
開場: 19時30分、開演: 20時
料金: 3,000円
tel: 03-6310-8871

|

2017年11月 4日 (土)

Large Unit 2

 Large Unit、初日のゲストは坂田明さん(s,cl)でした。坂田さんはもちろん素晴らしかったですが、北欧音楽家の層の厚さに驚きました。一昨日に話をしたノルウェーのトランペッター、ニルス・ペッター・モルヴェルさんは、今回ポールと来日している音楽家についてほとんど知らない名前だと言っていました。主にニルスさんの次の次の世代の若い人たちとの事でした。が、技術は当然のようにあり、音楽的センスも素晴らしい。即興シーンにおいて精鋭な代打が待ち構えているというのは、悪いはずがありません。音は瑞々しいし、こういったビッグバンドは仲良しメンバーでやっていても全く良くならないのだと、とても参考になりました。
 長い曲も短いも曲もありますが、面白すぎてあっという間のツーセットでした。日曜日の共演に向けて私も気合が入ります。明日はぜひお越し下さいませ。

Large_unit_2
Matsさんのトロンボーン。コルネットのような切れと速さです。

Photo
ポールさんから譜面の説明を。何せノルウェー語の表記もあるので。

23000190_10212684967872122_57836194

 

|

2017年11月 3日 (金)

Large Unit

 今夜から始まるポール・ニルセン・ラヴ(ds)の Large  Unit。私は、5日(日)でのゲスト出演です。ポールさんによると3日間ともゲストに合わせて曲が異なるそうです。特に私が演奏する「RIOFUN」という曲は、まるで邦楽の古典のように30分の大曲。しかも新宿PIT INNにこんなに大勢、そこに私の箏。どうやってセッティングするのでしょうか。とても楽しみです。

23000190_10212684967872122_57836194

22550504_1894990267430842_119908229
 ポールさん以外も友人が多く参加しているバンド。豪華なサウンドです。是非、お越しください。

11月5日(日)

『Paal Nilssen-Love Large Unit』
メンバー: Thomas Johansson(cor)、Mats Aleklint(tb)、Kristoffer Alberts(s)、Julie Kjar(s,fl)、Klaus Holm(s)、Per Ake Holmlander(tuba)、Kalle Moberg(acc)、Ketil Gutvik(g)、Tommi Keranen(electronics)、Christian Meaas Svendsen(b)、Andreas Wildhagen(ds)、Paal Nilssen-Love(ds)、Celio DeCarvalho(perc)、Christian Obermayer(sound engineer)、Paulinho Bicolor(cuica)
ゲスト: 八木美知依(エレクトリック21絃箏)
会場: 新宿 Pit Inn
開場19:30、開演20:00
6000円+税(1ドリンク付)

Photo_2
 昨夜は Superterzのゲストでニルス・ペッター・モルベルさんにお会いしました。
Photo_3
  Koho Mori Newtonさんと。詩を朗読される声が他の楽器のサウンドで融和しており、とても良かったです。

そして、その前に、どうしても出かけたくなり静岡へ。

Photo_4
 富士山が綺麗に見えました。深呼吸〜。

|

2017年11月 2日 (木)

濃い1日

Photo
 琴音ちゃん、来年の菅沼孝三ドラム道場の新年パーティーの練習に余念がありません。

Photo_2
 その後、2面の準備をして出かけ。

Photo_3
 柴咲コウさんのレコーディング。素敵な曲で、アイデアが湧きお願いして別トラックでピチカートの2ヴァージョンを録音させていただきました。寛大な皆様に感謝!
Live1
 Elizabeth Millar(cl)、Craig Pedersen(tp)、坂田明(as/cl)、Joe Talia(ds)とのセッション。楽しかったです。

Photo_4
 大好き、尊敬しています。大将。

2

  Katさん、日付が変わっても元気でした。
Live3

 ジョーさん最高!

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »