« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

一年間ありがとうございました。

 進歩のある、よい一年でした。
 1月にはオーストラリアのプロジェクトに参加。沢井原児さん(s)のバンド東京解放区のLive、そしてレコーディングにも参加しました。2月には初のヴォーカルを中心にしたアルバムの制作をはじめました。坂田明さん(s、cl)と須川崇志さん(b,cello)とのトリオもありました。
 3月にはスーパー・デラックスの15周年記念の一環として本田珠也(ds)さんとのデュオ、道場の新作CD『弐の巻』の発売記念ライヴをさせて頂き、ここでも坂田さん、そして太田惠資さん(vl)、小暮香帆さん(ダンス)と共演。

 八木美知依トリオも楽しかったですし、ジョー・タリアさんと田中徳崇さんのツイン・ドラムスと共にテクノを目指した(彼らがテクノを意識していたか分かりませんが)八木美知依DDTもやりました。

 松浦このみさん(朗読)とのプロジェクト『事の顛末』ではM.R. ジェイムズに挑戦。私の音楽とこのみさんの声、そして小説の内容がぴったりだったと思います。
 更に怒涛の5月には大勢の素晴らしい方々と出会い共演しました。
また、6月には私の教室の演奏会がありまひた。東海市芸術劇場の大ホールとあって、音楽の内容だけでなく集客も心配でしたが、多くの皆様のおかげで大入りとなりました。通常の箏の演奏会とは一線を画す音楽的内容であったと思っております。当日は、生徒一人一人に物語があり、師匠としてはどのストーリーも愛すべきものです。これからも、小さいながらも団体の主宰として皆を引っ張って行きたいと思っております。
 秋にはハン・ベニンクさん(ds)と中国地方2ケ所でデュオ公演。ハンさんからはペーター・ブロッツマンさん(s)同様に「ここから好きなだけソロとってみろ」的な無言の指導があり、音楽の大先輩に(たぶん)気に入られ、育ててやろう、という愛情を感じました。いつか私もこういう人になりたい、と思いました。
 楽譜はあるものの、大人数が阿吽の呼吸で即興ができ、ヨーロッパのジャズ・フェスで引っ張りだこのポール・ニルセン・ラヴ(ds)率いるLarge Unit。新宿ピットインでゲスト出演させて頂きました。百戦錬磨の彼らとのセッションでは、楽譜を進行させながらも自分自身を出し切り、「ジャズ的語彙に頼らない」をモットーとしてのぞみました。結構、面白い出来だったと思います。
 下北Lady Janeでのソロ公演や須川崇志さんとのデュオではアンビエントをテーマにしました。私だからできるアンビエント。これからも続けていきたいと思っています。
 J-POPの仕事としては、池上本門寺と平安神宮で柴咲コウさんのサポートをしました。ほぼ全曲を演奏させて頂く中で、楽器の性質上時間がかかる転調が壁となりましたが、その課題に取り組んだおかげで、どんなキーから始まっても何とかソロが組み立てられるようになり、不得意なコードがかなり減りました。ポップスとは、いろいろな音楽が凝縮されているのだと知る、貴重な経験でした。

 早苗ネネさんのCD発売記念ライヴでも演奏させて頂きました。すごい声量とエネルギーでした。やはりDivaと呼ばれる方々には底知れぬパワーがあります。

 2017年の弾き納めは本田珠也さんとの「道場」でドカーンと一発かましました。

 今年も多くの方々に支えられ進んでこられた一年でした。 来年は、得たものをさらに花にし実にさせられたら、と思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。

 さて、元旦午後9時には、平安神宮での柴咲コウさんのライヴがWOWOWで放送されます。プロデューサーの冨田さんが私を野放しにしてくれたので、ディストーション、オクターバー、17絃箏ではファズなど使いまくっています。ものすごく美しい映像と音楽。箏が入っているからとは言え、決してお正月っぽくない、幽玄でオリジナルな世界です。ぜひご覧ください。

 皆様、もうすぐ年明けですね。来年がよい年になりますように。

|

2017年12月25日 (月)

愛知、常滑教室、稽古納め

 年内、すべての稽古を終えました。

Photo
 安井なおちゃん、腕を上げました。

Photo_2
 中野美知子さんと高橋と私で落ち葉の踊り(宮城道雄作曲)の合奏。

Photo_3

 そしてこの人。高橋弘子。私の右腕です。 2ケ月ぶりのレッスンでした。「新娘道成寺」は緩急も見事。唄と手が別人格のように掛け合い、高音の裏声コントロールも安定。初回のレッスンでここまで仕上げてくる人は高橋以外にいません。彼女がいるからこそ愛知県の生徒さんの腕が落ちないようなものです。

 稽古後は切れそうになっている糸を締め来年のレッスンに備えました。

 皆様、良い年をお迎えくださいませ。

|

2017年12月23日 (土)

愛知、東郷教室、稽古納め。

 いつも東郷教室、渡部邸に訪れると深呼吸したくなります。
Photo

 素敵な花々がお出迎え。

2
3
 慌ただしい私は、訪れるたびに変わる置物で季節を感じています。

 心優しい皆様のおかげで、今年も素敵なお稽古場になりました。

|

2017年12月22日 (金)

年末道場2

 公園通りクラシックスにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。
 「道場」は常に進化しています。演奏する度に次に行ける駅や道が見えるユニットです。「参の巻」の音源もたまってきたし、私が描くジャケット写真の構想を伝えたら珠ちゃんも、まぁ楽しんでくれそうな感じだったし。このまま前代未聞を走っていきたいです。
 これからも、よろしくお願い致します。

1
 お披露目、エレクトリック18絃箏はピエゾの乗りが早く、固めの音で、外音もクリアで良かったと思います。3面鳴らしてもモコモコせず、やりたかった事がほぼ実現できました。

Image2
 3面の箏と備品の数々...ほぼ引っ越しです。


|

2017年12月18日 (月)

年末道場

 いよいよ明日になりました。年内で最も大荷物の日になります。というのも、なんとか新しい楽器が間に合いそうだから。
 17絃、18絃、21絃、すべて持って行きます。

18
Photo
 しっかり弾く為に栄養もつけました。

Photo_2

『年末道場』
道場: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也(ds)

会場: 公園通りクラシックス Tel 03-6310-8871

料金: 3,000円+ドリンク代

 お待ちしております。

|

2017年12月17日 (日)

東京教室弾き納め

 今年もあっという間に過ぎます。皆様のおかげで教室では大きな演奏会もできました。

1
 美人ママ、須川亜希子さん。私の「FNS歌謡祭」での衣装は須川さんのお薦めでヨージ・ヤマモトとマイケル・コースでした。演奏会での衣装協力もして頂きました。

 そして博士、宗一郎君。箏の説明以外にもチーズの名前にも詳しいとか。いったいどんな人になっていくのでしょうか。そしてプリンセス有菜ちゃん。ものすごい根性の持ち主です。

2
 年の瀬の挨拶と共に頂いたクリスマスカード。かわいい〜〜。

3
 ひとちゃん、前面に出て頑張ったり影で支えてくれたり。大活躍の一年でした。

4
 藤沢さん。最も練習した一年でした。

5
 まゆちゃん。「箏の次第」は、ブログという文化がまだ身近にない頃、「先生が日常に考えていらっしゃる事などを発信していきませんか。」と誘ってくれたのが始まりです。

Photo
 いつも美味しい甘いものに囲まれていました。来年もそうありたいと、願っています。

Photo_4
 芝君。よく練習しています。来年は、さらに上手くなって欲しい、と思っています。

Kat
 キャサリン・ワトレーさん。写真は、 FNS歌謡祭の時のものです。来年は、さらに技術をアップさせたいと思っています。

8
 最後に教室のすべての箏を箏袋に入れたのは中島衣美さんでした。

 そして明後日は、こちら。熱い冬で締めませんか。皆様の来場をお待ちしております。
Photo_2

12月19日(火)
『年末道場』

道場: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也(ds)
会場: 公園通りクラシックス Tel 03-6310-8871
料金: 3,000円+ドリンク代

|

2017年12月14日 (木)

重箱の隅

 新しい試みが多い私。昨日、製作中の楽器の絃のゲインが揃わず、急遽予定変更。こういう時は、甘いもので元気を出そうと思い都内でも有名な店でケーキを数種、購入。帰宅後、頂きながらメキシコの監督ギレルモ・デル・トーロの「クリムゾン・ピーク」を見る。ホラーとゴシックロマンスが重なった内容とでもいおうか、かよわい少女の主人公(ミア・ワシコウスカ)が、嫁ぎ先でお茶に毒薬をもられながらも、どんどん強くなっていき人として成長していく姿と震え上がるような恐怖体験などが、そこかしこに盛られドライヴ感たっぷりで一気に見てしまいまった。つまり、ストーリーはさして斬新ではないものの実際に建てられた建築物、場所による画像の色彩、衣装など微に入り細に入りこだわらり圧倒する映画を作り出す。
 音楽もそうではないだろうか。現代に及んで新しいものを作り出すなんていうのは、相当難しい。でも、そこに新鮮な感動をもたらすのは重箱の隅へのこだわりだと思う。重箱の隅にまで気にかけられる体力、知力。美学としてのこだわり。そして、そういった仲間との共同制作や活動はコアなファンだけでなく万人を動かすのではないか、と思う。

Unknown
Photo
12月19日(火)

「年末道場」

道場: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也(ds)
会場: 公園通りクラシックス Tel 03-6310-8871

料金: 3,000円+ドリンク代

|

2017年12月13日 (水)

こどもレッスン

 久しぶりに東京教室の可愛い有望株をご紹介いたします。
Photo
Photo_2
 須川宗一郎くんと、須川有菜ちゃん。幼少から複雑な音色の伝統楽器を弾いて聴く事は情操を豊かにする力になると思います。

 そして、いったい箏とはなんぞや、という事でこの日はマリーちゃん親子さんが体験に来ました。

 体験といいますか、ほぼ子供同士の遊びになりましたが、指でグリッサンドをしたりして驚きの共鳴を感じたのではないでしょうか。

箏の豊かな響きを体験してみませんか。無料体験レッスンにご興味のある方は、こちらにご連絡くださいませ。
東京、愛知県は東郷町と常滑市で実施しております。

|

2017年12月12日 (火)

WOWOWプライム 元旦 柴咲神宮

 元旦午後9時よりWOWOWプライムにて「柴咲神宮」が放映されます。


暑い秋の日でした。

柴咲コウさんは、国境を越えた美しさと歌声。音楽監督、冨田恭通氏。バンドは渡辺シュンスケ(Key)さん、渡辺等(b、cello、マンドリン)さん、會田茂一(g)さん、若森さちこ(パーカッション)さん、松井寿成(マニピュレーター)さん。素晴らしいメンバーでした。私は、グリッサンドだけに頼らない箏の魅力にこだわりました。

是非、ご覧ください。

Key_2

そして来週はこちら。

24958827_10214888721516588_61873466
12月19日(火)

「年末道場」

道場: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也(ds)
会場: 公園通りクラシックス Tel 03-6310-8871

料金: 3,000円+ドリンク代

どうぞ、お越しくださいませ。

|

2017年12月11日 (月)

年末道場

 さて来週は、いよいよ久しぶりに「道場」。

箏とドラムスのデュオです。

忘年会も大切ですが、もっと大切なご自身の精神の健康。

そうだ! Liveへ行こう!

お待ちしております。

Photo
12月19日(火)

「年末道場」

道場: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也(ds)
会場: 公園通りクラシックス Tel 03-6310-8871

料金: 3,000円+ドリンク代
開場: 19時30分、開演:20時

|

2017年12月10日 (日)

2017 FNS歌謡祭2

 多くの皆様から反響のお声をいただきました FNS歌謡祭。生放送、生バンドという事もあり前日のリハーサルから当日のランスルー、本番。長時間にわたって、この番組を体験いたしました。ここはカラオケでも全く問題ないのではないか、と思われるところも生バンド。
 この生の音を届けるというフジテレビさんの姿勢に感動いたしました。また、巨大なクレーンのカメラは、その下で若者4人ほどが走って動かしていたりテレビ番組というモノづくりの原点を見た気が致しました。現場に女性が多かったのも新鮮でした。
 柴咲コウさんの「いざよい」と「かたちあるもの」を演奏させていただいたわけですが各曲とも短いヴァージョンでしたので、もっと長く聴いていたい、と思って頂けるように、直前にささやかなアレンジをして演奏しました。
 柴咲さんの素晴らしい魅力をもって、そのような事をする必要はないかとは思いますが、そのささやかな積み上げが大きなものを生むのではないかと信じています。

Photo
 このパテーションの裏がステージ。2日間にわたり、安全な場所をいただき、いつも待機の楽器でした。


|

2017年12月 5日 (火)

2017FNS歌謡祭 

 明日のリハーサル。
 私は柴咲コウさんの新曲「いざよい」と「かたちあるもの」を演奏させて頂きます。
 メロディーも好きですが歌詞も素敵で大好きです。ご覧いただけると嬉しいです。

Photo

Photo_2
ホテル敷地内、外気の冷たさに身が引き締まります。Katさんと。

|

2017年12月 4日 (月)

年末道場

 早いですね。もう師走です。
 久しぶりに“道場”をやります。19日(火)は是非こちらへ。

Photo

12月19日(火)

「年末道場」

道場: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、歌)、本田珠也(ds)
会場: 公園通りクラシックス Tel 03-6310-8871

料金: 3,000円+ドリンク代

|

2017年12月 3日 (日)

昨今

 昨今の横綱暴力問題。テレビをつけると、その話ばかり。事実とは関係のない人たちが、事件の加害者、被害者、双方の生い立ち、お国柄などを偉そうに語っている。果ては、大相撲に興味もなさそうな道ゆく人にまでああだこうだ言わせて、おかしい。
 国技だから横綱は人格も優れていないといけない、という事も言われています。では、少々道が外れるかも知れませんが、歌舞伎の世界であっちこっちに子供がいるのは良いのだろうか。昔ほどではないかも知れませんが、政治の世界だって同じでしょう。それらはスルー。それがどうというのではなく、一つの事を皆で一斉に糾弾をする日本人の習性。

 思慮のない大多数の人たちの声を取り上げるマスコミ。危険だなぁ、と感じます。
「日本人なんだから、この国を守るために戦争に行きたくないなんて非国民ですよ〜」と大多数の人が言い出す日はそう遠くないかもしれません。

|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »