« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

Sound Movement Photography

 4月15日(日)のミーティングをしました。

新しい作品作りは楽しいです。
Photo

 榊さんのダークな色彩の変化を暗くして見入っています。
2
Flyer
 是非、お越しください!
 

|

2018年3月28日 (水)

 四季の中で最も嫌いなのが春。

冬に押し殺されていたものが一気に芽吹き、社会では入学式など新しい出発も始まり、そのすべての生命力に圧倒され目を背けたくなってしまう。これ以上、書くと私の性格を不審に思う方がいらっしゃると思うので記しませんが。(笑)でも、この気持ちをを共感していただける方も世の中にいるのではないでしょうか。

 しかし、今年の春は違いました。

単純に桜を見て自然の移り変わりに感動し、花見などの遊興に浸るわけではありませんが嬉しい、と感じています。何もしなくても氷は溶け花が開く自然の摂理に感謝しています。

そして小さな幸せがそこかしこに。
雑多な日常ではありますが。

Apple_jpg  

 不可能、と何度も言われたMarkのコンピューターのデーターが約2週間で復活した。しかも保険適応。
これは、小さな幸せとは言い切れないほどの大きさかも。


4月から、今まで通りお二人の先生のタッグで私の体のメンテナンスを行ってくださる事に。


5月の Lady Jane Liveの構想を田中徳崇(ds)さんに Tel。
簡単に言うと「二人 The Necks」みたいな。
緊張感を持って、ゆったりしたスピードで変わる音楽。45分で1曲。
大いに賛同してもらい、オーナー・プロデューサーの大木さんに連絡してキャッチコピーもいつもとは変えて考えて欲しい、とお願い。

こちらも「ん〜、わかった!」と。

弟子数人から連絡あり。
ひろちゃん、ひとちゃん、七緒ちゃん、藤澤さん、Katさん。
みんな頼もしい、可愛い。

連鎖はフランスからも。

木々から溢れる新鮮な空気を窓から取り込み深呼吸します。

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

八木・小暮・榊トリオ

 今年は、新作発表はもちろんのこと、出来る限りフットワーク軽くいろいろなものにチャレンジしようと年頭から計画を進めています。

その中にあってダンサーの小暮香帆さん、このところ私のLiveで写真を撮ってくださっている榊水麗さんの二人と写真、ダンス、音で所謂、音楽でいうと即興性を多く取り入れたジャズトリオのような形式を用いて違うものができるのではないか、とふと思いお声をかけました。45分、2本勝負!瑞々しく才能豊かな二人と特別な催しになれば、と思っています。是非、お越しくださいませ。
Flyer


|

2018年3月24日 (土)

夢見月 IV

 昨夜、六本木スーパー・デラックスにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。
 柱を動かすことに慎重になるほど繊細なサウンドのEivind。素晴らしい音楽家です。私が楽器を開発したい、と思うきっかけになったのは、昔マーク・リボー(g)さんとデュオをした時、弾きたいイメージがあったにも関わらず、音量差のせいで音楽が成立しなかった事から始まります。今回、 Eivindさんとの共演で久しぶりに楽器を開発して良かったと再認識しました。
 楽器の弱点はまだまだありますが、それは誰しも同じ事。

 しかし音楽の内容の良し悪しを楽器の弱点にすり替える必要がほぼない、という事は幸せなことだと感じています。
 そして珠ちゃんの音。私にとっては、ホーム(贅沢な事なんでしょうが)

 彼の音を聴くだけで、どこか頭の中が安らぎ多くの音の選択肢が浮かびます。

 もちろん珠ちゃんのサウンドは昨夜も素晴らしかったです。
Eivindはスライ&ロビーのメンバーとして今年、9月に来日します。
 その折は珠ちゃんとレコーディングを予定してます。
 
Liveもできたらいいですね。

1

2
 昨夜は、 Eivindさんの誕生日。

 奥様の Anne Marieさんも数日前、そしてスーパー・デラックスのMikeさんは1日前という事もあり、アンコール後、メアリー・ジェーンの麻衣ちゃんにお願いしてあったケーキでお祝いしました。
 
他の写真は、カメラマンが大勢いらしたので後日、皆様に見ていただけたら、と思っております。

Eivin
 帰り際、Eivindさんと。

|

2018年3月22日 (木)

クリストファー・ハーディーさんと対談

 関口義人さんの取材でクリストファー・ハーディー(per)さんと対談しました。共通の友人だらけなのに今まで何故か接点がありませんでした。クリストファーさんの作品「 Light of the Ancients」、 The & Now」や私の新作、「道場 弐の巻」などを聴きながらあっという間の時間が過ぎました。共演の約束もし楽しいひとときでした。

 さて明日の Liveには関口さんもクリストファーさんも聴きに来てくださるそうです。皆様も是非、駆けつけてください。
 本田珠也(
ds)さんも楽しみにしている アイヴィン・オールセットのセッション。後半は道場+アイヴィン・オールセット(g)という事で全体を通してアンビエントから怒涛のサウンドまで楽しんで頂きたいと思います。

3
23日(金)『夢見月』

出演: アイヴィン・オールセット(g)、八木美知依(21絃箏,17絃箏、歌)スペシャルゲスト: 本田珠也(ds)会場: 六本木 SuperDeluxe 開場19:30、開演20:00料金: 予約3,000円、当日3,500円(ドリンク別)
Photo

2
Photo_2

| | コメント (0)

2018年3月19日 (月)

愛知教室レッスン&夢見月 III

 ひょんなきっかけで中古の17絃箏を購入。

レッスン用に不自由していたので、とても助かっています。
Photo
 ちょっと、鳴りすぎで音が散るかな〜。でも、余韻のコントロールに勉強にはなります。どんな楽器にも生命は宿っていますから、大切にみんなで使いたいと思います。


 そして、

3月23日(金)
『夢見月』
出演: アイヴィン・オールセット(g)、八木美知依(21絃箏,17絃箏、歌)
スペシャルゲスト: 本田珠也(ds)
会場: 六本木 SuperDeluxe
開場19:30、開演20:00
料金: 予約3,000円、当日3,500円(ドリンク別)

是非、お越しください。

Photo_2


|

2018年3月18日 (日)

愛知教室レッスン&夢見月 II

Photo_3

 安井七緒子さん、宮城道雄作曲「三つの民謡調」を合奏して上がりました。
そして、この後琴光堂さんが七緒ちゃんの17絃箏を持ってきてくれました。


Dscpdc_0002_burst2018031810413882_2
  やはり迫力ありますね。スペースの関係上、閉めた仏壇の前になってしまいました。すみませ〜ん。
Dsc_0226
 七緒ちゃんが選んだ尾布の柄と共布で柱のケースも作ってくれました。
この備品を上手く作る職人さんは現在、引っ張りだこで発注しても出来上がって来るのがとても遅いそうです。

Dsc_0227_2

 そして稽古用から本番用の箏も持ってきて頂きました。こうみると本当に様々な個性を持った木目があります。今回、稽古用を購入した新井さんもすでに自分の趣向があったようでした。

Dscpdc_0001_burst2018031811582796_3
 選んだのはこちら。琴光堂さんが、稽古用にと今回のために作ってきてくれました。この後、音には関係ありませんが口前サックと尾布の柄を選びその場で糸締めをしてくれました。

真ん中あたりにウサギがいるみたいな木目だね、など会話が弾みました。


そして、金曜日。迫ってきました。
Photo_5

3月23日(金)
『夢見月』
出演: アイヴィン・オールセット(g)、八木美知依(21絃箏,17絃箏、歌)
スペシャルゲスト: 本田珠也(ds)
会場: 六本木 SuperDeluxe
開場19:30、開演20:00
料金: 予約3,000円、当日3,500円(ドリンク別)

お待ちしております。



|

2018年3月17日 (土)

愛知教室レッスン&夢見月

 愛知教室のレッスン日。

Photo

 梨桜ちゃん、花粉症で辛そうでしたが、頑張っていました。

どの曲に入っても絶えず基本のフォームに戻ってテクニックを身につけています。

Photo_2

 中野美知子さん。ものすごく練習がしてあり、両手を使ってのアルペジオもほぼノーミス。この集中力、持続力、頭が下がります。

Photo_3
 みきさん。大人しくてお上品。でも、内に秘めた強さを感じるお嬢さんです。
2696100906eivindaarset2

 アイヴィン・オールセット(g)さん。ギターリスト。以前、ニック・ドレイク作曲「 River  Man」をデュオでレコーディングした際「クリックは、あまり好きじゃないんだ。(多分、ものすごく嫌い。)美知依、5拍子ののりを二人で合わせよう。」とスタジオ内で何度も練習するというヨーロッパの山奥でするような贅沢な録音を日本でさせてもらいました。プロデューサーは青ざめた事でしょう。(Markです。)
 その尊敬する彼と3月23日(金)ゲストに本田珠也(ds)さんを迎えて Liveをします。

 是非、お越しください!
Photo_4

3月23日(金)
『夢見月』
出演: アイヴィン・オールセット(g)、八木美知依(21絃箏,17絃箏、歌)
スペシャルゲスト: 本田珠也(ds)
会場: 六本木 SuperDeluxe
開場19:30、開演20:00
料金: 予約3,000円、当日3,500円(ドリンク別)

 
 

 

|

2018年3月13日 (火)

夢見月 III

 思えばアイヴィン・オールセット(g)さんともネルス・クライン(g)さんとも家人は、若い頃からのお付き合い。
 それが今では、私の大切な音楽の友。友?ちょっと失礼なので尊敬する仲間です。

そして3月23日(金)は、なんとアイヴィンの誕生日でもあります。

皆様、この記念すべき日に痺れるサウンドを体感しに是非、六本木 Superp Deluxeにお越しくださいませ。

『夢見月』
出演: アイヴィン・オールセット(g)、八木美知依(21絃箏,17絃箏、歌)
スペシャルゲスト: 本田珠也(ds)
会場: 六本木 SuperDeluxe
開場19:30、開演20:00
料金: 予約3,000円、当日3,500円(ドリンク別)

6

 写真について。

一昨年、「八木美知依トリオ」ヨーロッパツアーの最終日にゲストとしてアイヴィンさんに入っていただいた時のものです。

会場はオスロ、ナショナルシアター。

始まるといきなりいきなりインゲブリクト(b)の炸裂ベース。アイヴィン、心なしか珠ちゃん見つつ笑っているような。珠ちゃんのドラムスもすごかったな〜。聴きに来てくれたポール・ニルセン・ラヴ(ds)さんも驚いたことでしょう。

 思い起こせば、客席にブッゲ・ヴェッセルトフト(key)さんなどの音楽家、知人が多く集まってくださいました。みんな、忙しいでしょうに。
 そして八木美知依トリオのヨーロッパツアー最終日だった事もあり終演後はポールさんやエリザベス・ヴァートン(バグパイプ)さんなど、へべれけで語り合いました。と、いいますか言いたい事を一方的に言う、に近かったですが。エリザベスさんはバグパイプ界の話。ほぼ日本の邦楽界と同じ。

心温まる楽しい夜でした。

Photo
 というわけで、スーパー・デラックスの踊り場からも、皆様をお待ちしております。
よろしく、お願い致します。

|

2018年3月11日 (日)

東京レッスン日&夢見月

 6月の勉強会に向けて皆、励んでおります。

その中で、まだ初めて間もない衣美さん。

詩を作り、それに音をつける作品、そして所謂、なつメロを弾き歌います。ぶっとんでるな〜、と思いますが、若者から見ると新鮮な曲のようです。

Photo
 さて3月23日(金)、皆様お誘い合わせの上、是非お越しくださいませ。
Photo_2
 アイヴィンとサウンドチェック中。オスロ、ナショナルシアターにて。
Photo_3
 お待ちしております。

|

2018年3月10日 (土)

夢見月II

 さて、今月23日(金)は是非、スーパー・デラックスにお越しくださいませ。

共演の本田珠也(ds)さんが素晴らしいのはもちろんですが、今回来日するアイヴィン・オールセット(g)さんの音をご存知の方はもちろん、知らない方も是非、聴いて頂ければ、と思っております。
アイヴィンさんのソロ、私とのデュオ、本田珠也さんを迎えてトリオ。

痺れますよ〜。
Photo
 一昨年のインゲ・ブリクト・ホーケル・フラーテン(b)さん、本田珠也(ds)さんと八木美知依トリオでツアーをした際、ノルウェー、オスロ公演でアイヴィン・オールセット(g)に入っていただいた際の写真。
Photo_2
 お待ちしております。


|

2018年3月 9日 (金)

夢見月

 今月、とても楽しみなイベントがあります。

アイヴィン・オールセット(g)のソロと私とのデュオ。そして本田珠也(ds)さんを迎えてトリオ。

アイビンは自分の音を持つことの重要性を教えてくれた一人です。

そして、エフェクターの数がものすごい人です。

以前、あまりの数に驚き「このエフェクターすべて、何をするのかわかっているんだよね?」という、あまりにも失礼な質問を笑いながらしたら、微笑んで「あはは、そうだね。でも、今日は少ない方だよ。」と。

どんなサウンドでも品があり、落ち着いたフレーズであっても微妙に匙加減を変え続けているため、いつも足がめちゃくちゃ忙しいアイビンさん。

滅多にない機会なのでぜひ聴きにいらしてください。
Photo

 オスロ、ナショナルシアターで共演後。
Photo_2
Photo_3
 アイビンのギター。ギターって、見た目はかっこわるいけど音はいい、という事はあるのでしょうか。アイビンといい素晴らしいギターリストの楽器はどれも痺れるルックスです。


|

2018年3月 6日 (火)

記念すべきイベント

 やっと春らしくなって参りました。

皆様、如何お過ごしでしょうか。花粉でお困りの方も多いでしょうね。
私は就寝前に処方された薬を飲んで、なんとか過ごしています。


さて、今月はもうひとつ私にとって記念すべきイベントがあります。
それは、こちら。
3月23日(金)

『夢見月』
出演: アイヴィン・オールセット(g)、八木美知依(21絃箏,17絃箏、歌)
スペシャルゲスト: 本田珠也(ds)
会場: 六本木 SuperDeluxe
開場19:30、開演20:00
料金: 予約3,000円、当日3,500円(ドリンク別)

スーパー・デラックスでも、大々的に宣伝してくださっており感謝しています!

皆様、どうぞお越しください。
Photo
可愛いおまけ〜。
Photo_2

 「ひなまつり」演奏中の有菜ちゃん。

|

2018年3月 3日 (土)

箏の顚末の顚末の顚末。

 昨夜、公園通りクラシックスへお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。共演の松浦さんの高熱は下がったと聞きましたが、なにしろインフルはインフル。公演を楽しみにしていた皆様にとってはもちろん、松浦さんご自身にとっても、とても残念な日になってしまった事には間違いありません。私は、その中にあってそれぞれの皆さんが、いかに気持ちよく過ごせるか、を考えての1日になりました。

 

 まずは、私の演奏曲目。
オリジナルと即興を交えて、楽器と私自身の紹介も兼ねたプログラムに変更しました。

全てを考慮しての内容にしたつもりでしたが、本番になってみると以外にもエレクトリックとアコースティックがサウンドがハーフ、ハーフで聴こえる通常とは異なる立ち位置で、どの音も爪が絃に触れる直前まで気を使いました。

そのせいか、あまり使ったことがない指の奥の方にある細い筋肉を駆使した90分。皆様のために、と考えた1日であっても自分自身にも思わぬ収穫があり、どんな時でも何か得られるものがあるものだ、と実感した次第です。

このみさんが元気になられたら、あらたな日取りを決めたいと思いますので、皆様どうぞ、よろしくお願い致します。

Photo

|

2018年3月 1日 (木)

箏の顚末の顚末(演目変更のお知らせ)

 突然ですが、明日3月2日(金)、渋谷・公園通りクラシックスで共演する予定だった松浦このみさんがインフルエンザを発症されてしまい、休演となりました。

 以下は松浦さん自身の言葉です:


 3/2(金)箏の顛末vol.10に
ご予約をいただいている皆様にご連絡です。
 朗読 松浦このみ
、インフルエンザA型発症のため、3/2(金)のライブを休演せざるを得ない状況になってしまいました。
 お忙しいなか、予定してくたさった皆様に、なんとお詫びしていいのかわかりません。

 本当に申し訳ありません。
 尚、当日は、ライブ料金を2000円に変更し、箏奏者・八木美知依さんがソロで演奏する準備をしています。
 従いまして、会場へいらしていただくと、八木さんの演奏が聞けますが、いらっしゃらない場合は、もちろん特に連絡などなさらなくて大丈夫です。
 心からのお詫びと、取り急ぎのご連絡まで。                                     松浦このみ


 朗読と箏の公演を楽しみにして下さっていた皆様には申し訳ありませんが、私のソロ演奏でよろしければ足をお運びくださいません。

 どうぞよろしくお願い致します。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »