« ルネ・リュシエ5 その4 | トップページ | 東京芸術劇場ボンクリ〜ユーラシアオペラ東京2018リハ »

2018年9月22日 (土)

SLY& ROBBIE,ユーラシア オペラ東京 2018リハ,道場 Recording

9月19日(水)
  友人のアイビン・オーセット(g)さんとニルス・ペッター・モルベル(tp)さんがSLY&ROBBYとの共演でブルーノート東京に出演。所謂、レゲエを全く汗臭くないブルーノートという額縁で聴くのは、ちょっと違和感があると思いましたが、やはり本物は違う。最初の一音でもっていかれました。凄かったです。公演後は、少しですがお話もでき嬉しかったです。
Photo
Sly
 Sly Dunbarさん、キットの前に座られると神がかかった演奏。驚きました。
Robbie
 Robbie Shakespeareさん。すごい。ベースライン、とても勉強になりました。

9月20日(木) 
 始まりました。「ユーラシア オペラ東京2018」のリハーサル。

私以外の日本勢の出演の皆さんは夏あたりから稽古を始められていましたが私は今日から参加。
 サインホ・ナムチラクさんとの初デュオ。めちゃくちゃ面白かったです。

何度か大会場で彼女のパフォーマンスを見た事がありますが、やはり彼女の生声はそんなもんじゃありませんでした。
 ペーター・ブロッツマン(s)さんがサウンドチェックをしている時、大きな音すぎて周りでは会話ができませんがそれと同じ。

しかもマイクなしで。
壁のペンキがぺりぺり剥がれおちるのではないか、というほどの繊細で勢いのある無数の倍音。

数々の逸話を持つサインホさんですが、滅多にない才能と音楽性を持ち合わせた彼女であれば当たり前でしょう。このような機会を得る事ができ河崎純(b)さんに感謝しています。
2018

9月21日(金)
 「道場」+アイビン・オーセット(g)のレコーディング
Recording1
Photo_2
Photo_3
Photo_4
 Markは、私以上に忙しいです。
Photo_5
 いろいろ連日なので私の表情が、、、。頑張ってます。
アイビンさんと珠ちゃんとのレコーディングなので気楽に行きましたが新しい課題に直面。そりゃぁ、そうです。「道場」の音楽がずっと同じではCDを作る意味がありません。
 Mark、アイビンさん、珠ちゃんのお陰で以前の音楽とは違った傑作になったと思います。



|

« ルネ・リュシエ5 その4 | トップページ | 東京芸術劇場ボンクリ〜ユーラシアオペラ東京2018リハ »