« Chrome Hill Japan Tour 2019 | トップページ | 東京稽古日 »

2019年1月27日 (日)

Chrome Hill Japan Tour 2019 II

 キルビル的な、モリコーネ的なサウンドと申しましたが、もちろんそれだけではなく、とても個性的で Coolなバンドでした。どの曲も素晴らしくバラエティーに富みノルウェーという国の幅の広さ、底力を感じます。秋には再共演できると良いな〜、と思っております。

さて、ツインドラムの一人田中徳崇さん、アナログレコード工場の制作に関わるため、もうすぐ福岡に転居されるとのこと。本当に残念。

私の音を聴いて、ンッカッカと入るあの硬いスネアの音、シンバルの金属成分そのものを揺らすような有機的な音は、彼ならではでした。音楽に対しても彼ならでは、短期で気長。複雑な性格です。もちろん日本、九州にいるのですから、もう会えない訳ではありませんし、共演も不可能ではありません。でも、東京近郊、たとえば山梨という気楽さではないので個人的には感傷的な瞬間が幾度かありました。メールスも一緒に行ったし、今でも未熟な私ですが、もっと未熟な時も、よくつきあってくれていたと思います。
寂しい。一言に尽きます。
Chrome_hill1
 寒い中、大勢の皆様にお越しいただき感謝しております。
Chrome_hill2
Photo
Photo_2
写真部。
Ris_2
 Risちゃんも来てくれて嬉しかったです。



|

« Chrome Hill Japan Tour 2019 | トップページ | 東京稽古日 »