« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月26日 (火)

石橋英子ちゃんとDuo

 以前から会うたびに何か一緒にやろうね、と言いつつ何年か過ぎてしまいました。才女、石橋英子さん。
昨年リリースされた「The Dream My Bones Dream」深いところで心を揺さぶられ感涙し、聴き終えると光が差し込むような爽快感があります。
すごいです。
またジム・オルークさんはもちろん山本達久(ds)さん、Joe Talia(ds)さん、波多野敦子(ヴィオラ、エレクトロニクス)など英子さんの音楽に欠かせない音も改めて聴くとその一体感に脱帽。

どのようなDuoになるのか未定ですが、丁寧に時に乱暴に音を紡いでいきたい、と思っています。

是非、お越しくださいませ。
Photo
Photo_2

3月2日(土)
『八木美知依+石橋英子デュオ』
• 八木美知依(エレクトリック21絃箏、エレクトロニクス)
• 石橋英子(ピアノ、フルート)

会場: 下北沢 Lady Jane

電話予約:  Lady Jane 03-3412-3947/Bigtory 03-3419-6261
開場19:00、開演19:30
料金: 予約2700、当日3000円+ドリンク代

3月3日(日)

『道場』

• 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
• 本田珠也(ドラムス)
会場: 新宿PIT INN
料金: 3,000+税(1ドリンク付き)

開場: 19時30分、開演: 20時

Photo_3

|

2019年2月25日 (月)

副鼻腔炎

 久しぶりの投稿になってしまいました。
 というのも突然、長年患っていた副鼻腔炎の手術をすることになり、レッスンはしていましたが、あとはゆっくり過ごしておりました。

2月14日(木)
 入院。
 Markがチョコレートをプレゼントしてくれました。卵の形をしら缶の中に入っていたので「イースター?」なのか、と思っていたら  St.Valentine's Dayでした。
Egg_2

Photo_2
 夜は、東京タワーが美しく見えます。

2月15日(金)
 手術。4時間もかかりました。
 今頃は内視鏡手術なので術後の顔はさほど腫れませんでした。両鼻にずっと詰め物をしていますが、その脱脂綿を交換するとき、沢山空気が入ってきて驚きました。

2月18日(月)
 退院。

2月19日(火)
 Markを永田町の歯科へ付き添いしたり、滞っていた事務をあれこれ。

2月20日(水)
 痛みがなかなか軽減されないので鎮痛剤を飲みつつ"ARASHI"を聴きにPIT INNへ。本当に凄かった。
限られた人間にしかできない音楽でした。
 あの境地を私も作り上げることができるのだろうか。

 音が以前よりよく聴こえました。Paalのシンバルの音、坂田さんの音の出だし。ヨハン・バットリングが指で弦をミュートした時などは、柔らかい指で触ったのか、タコで固まった指で触ったのかの違いなど、新鮮な感覚でした。

Soul_stream_2
 重いのに、 ポールがLPを25枚ほど持って来てくれました。ポール、ジョー・マクフィー、ラッセ・マーハウグとの4重奏で録った『Soul Stream』の限定500枚アナログ盤。何とシルクスクリーンのジャケットが全て微妙に違うんです。手作りの美しさに感激しました。

2月21日(木)
  Elliott Sharpから連絡。本を出したそうで、そこで私について書いて下さったとの事。20数年前の出会いから、私の音楽について。要約すると、箏という伝統的背景を超越して、どんなジャンルでもすんなり共演できる音楽のセンスと高い演奏技術がある、とのことですが、まぁ的を得ているのではないかと思います。理解されているというのは嬉しい限りです。
51rrqjqhfal

 さて、5月のフランス・ツアーの概要がおおよそ決まってきました。大きくはTony Buck(ds)とのデュオ、そしてソロ公演という二つのプログラムでの渡仏になるので、時間を作って練習し始めないと、と思っています。

2月22日(金)
 あきちゃんから送られたきた箏アレンジ用の候補曲のリストを、いろいろな人の演奏を聴きながら可能性を考えました。
Photo_3
 珠ちゃんのお父様。どんなスタンダードも自身のものにする堂々の演奏。

 夜、友人の誕生日ご飯会。
やっと出血が治まりつつあったので、近所の居酒屋さんへ歩いて行きました。
 私、甘く考えていました。痛みも出血も結構、続くのですね。

2月23日(土)、24日(日)
 レッスン日。いろいろな事を忘れさせてくれるものがあるというのは感謝しなければいけません。
 皆が一生懸命の姿を見ているだけで、ありがたいなぁ、という気持ちになります。
Photo_4
2_3
 優等生、有菜ちゃん。次からは「三段の調べ」に入ります。

 手術中、術後連絡をくれた可愛い生徒さんたち、ありがとう。音もよく聴こえるし、メンソレータムやロクシタンのハンドクリームに香りがあることを知り、なんとも賑やかな新しい世界を体験中です。

 まずは今週末、石橋英子さんや本田珠也さんとのデュオを皆様に聴いて頂ければ、と思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

3月2日(土)
『八木美知依+石橋英子デュオ』
• 八木美知依(エレクトリック21絃箏、エレクトロニクス)
• 石橋英子(ピアノ、フルート)

会場: 下北沢 Lady Jane

電話予約:  Lady Jane 03-3412-3947/Bigtory 03-3419-6261
開場19:00、開演19:30
料金: 予約2700、当日3000円+ドリンク代

3月3日(日)

『道場』

• 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
• 本田珠也(ドラムス)
会場: 新宿PIT INN
料金: 3,000+税(1ドリンク付き)

開場: 19時30分、開演: 20時

Photo_5


|

2019年2月11日 (月)

次のライヴ

 本日も寒かったですね。
さて私の次のライヴは、3月です。

3月2日(土)

八木美知依(21絃箏、エレクトロニクス)+石橋英子(p,etc.)デュオ

会場: 下北沢 Lady Jane

電話予約:  Lady Jane 03-3412-3947 Bigtory 03-3419-6261

開場19:00、開演19:30
料金: 予約2,700 当日 3,000円+ドリンク代

石橋英子さんと念願のデュオです。

そして、その翌日。
3月3日(日)

道場
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)、本田珠也(ds)
会場: 新宿PIT INN
料金: 3,000+税(1ドリンク付き)

開場: 19時30分、開演: 20時

先日行った岡崎の内田修コレクション展示室に珠ちゃんににたセッティングのドラムキットだと思ったら日野元彦さんのものでした。
今回はゲストを入れず、デュオでがっつりお聴きいただきたいと思います。
Photo

3月9日(土)
須川崇志トリオ Debut  Album「Outgrowing」発売記念Live
出演: 須川崇志(b)、レオ・ジェノベーゼ(p)、トム・レイニー(ds)
スペシャルゲスト: 八木美知依
会場: 新宿PIT INN
開場: 19時30分、開演: 20時
予約: 4,500円、当日: 5,000円
Tel: 03-3354-2024
須川さんの待望のCD。
私の曲「十六夜」も収録していただいております。
とても素敵な曲になっておりCDも合わせてお聴きいただきたいです。
Cdjpg
Cd_live2jpg

|

2019年2月10日 (日)

岡崎の日

 愛知県滞在中に私の新作エグゼクティブ プロデューサーの冨田さんが郷里の岡崎にいらっしゃるというので図々しく行ってきました。城下町、そして岡崎市図書館交流プラザ Libra内にある内田修コレクションを拝見。正直、周りの方々から「内田先生」というお名前はよく聞いておりましたが。

いきなり。
Photo
 下半身不随とは思えない音楽を演奏されていた冨樫さんのキット。
Photo_3
3
 佐藤さんの音源も数々。中で聴くこともできるそうなので、いつか聴いてみたいです。
Photo_4
 ジャズといっても私の知らない王道の世界かと思いきや、私と共演してくださっている方々が本当に多く、魂、人生、哲学、汗といったちょっと血なまぐさいサウンドが、このように展示されていると感慨深いと申しますか。

内田修氏の耳の開き具合に驚きました。

さて冨田さんは、ジャンルに捉われない新たな音楽のシーンも作ろうとなさっており凄い、と感じました。何にしても岡崎市民は、熱いと感じました。

最後は、冨田さんの美人お姉様が始められたばかりのライブハウス「Barny」に伺いました。
広島の Lush Lifeくらいの大きさでしょうか。音楽と人が集う素敵な場所になることと思います。
いつか、こちらでも演奏させて頂く、という事になりました。
楽しみです。

Burny_2

|

2019年2月 8日 (金)

東郷教室

 写真が逆光で、すみません。本日も東郷教室は木々と花々でいっぱいでした。
立春も過ぎましたし寒いとはいえ春は近づいているのですね。
Photo
2
生徒さんたちは、それぞれ楽しく学んでいらっしゃいます。
 ご興味のある方は、いつでもご連絡くださいませ。

|

2019年2月 6日 (水)

森の中へ II

 愛知県に来ております。
果たして私が書いた「森の中へ 箏シンフォニエッタ」が本当に演奏可能なのかどうか半日かけてチェックしました。
1
 全パートを調弦。
2
 全パートを初見で、本番のテンポで転調も含めて弾く。
三味線以外の高橋のレッスンは全てこれでした。



今月末には、演奏者に手渡すことができそうです。
どうぞ、お楽しみに。

|

2019年2月 4日 (月)

東京稽古日

 朝は、春かと思うほど暖かったのに夜はやはり冬。
この気温の変化に、なかなか体がついていきませんが生徒さん、二人はガッツで夫々の曲を上げていきました。
Photo
 琴音ちゃん、沢井忠夫作曲「夏の日」を合奏して上がりました。
相変わらず音色が良いので、そのまま成長して欲しいと思っています。
Photo_2
 八橋検校作曲「六段の調べ」が上がった中島衣美さん。
弾ききった表情がいいですね。

さて、私はといえば昨日の午後3時くらいに書き上げた新曲を高橋宛に速達で投函。日曜日でしたから本日、発送され明日には届き高橋がじっくりと見て各パートの調弦などを考える、という手筈になっております。
綱渡りではありますが、なんとか対岸に綱を渡せた小さな安堵感に浸っております。
 
 よく寝て次の曲に向かいます。




|

2019年2月 2日 (土)

森の中へ

 本日は、ほぼ12時間かけて、やっと9分間くらいまで書けました。
まだ道半ばです。

弾いて楽しい、聴いて楽しい曲になると良いなぁ、と思っています。

さて当教室では、様々な事にチャレンジしてもらっています。

即興もその一つです。


即興は、単に音楽をその場で組み立てるだけではなく、相手を思いやったり、あらゆる次元に想像を行き来させ創造する音楽だと思います。

そしてそれは箏に関して言えば高等な技術をもってこその音楽だ、と思っています。

という訳で、どうしても技術面中心のレッスンに偏りがちで想像力を養うレッスンをしていないなぁ、と振り返って思いました。

また当教室では、ほとんどの人が17絃箏を弾きます。
17絃は、大正時代に宮城道雄氏によって作られた楽器ですが、何故か遠い太古を彷彿とさせる響があります。


Kat
  Katさん、はじめて挑戦しています。






|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »