« 東京稽古日 | トップページ | 東京稽古日 »

2019年2月 2日 (土)

森の中へ

 本日は、ほぼ12時間かけて、やっと9分間くらいまで書けました。
まだ道半ばです。

弾いて楽しい、聴いて楽しい曲になると良いなぁ、と思っています。

さて当教室では、様々な事にチャレンジしてもらっています。

即興もその一つです。


即興は、単に音楽をその場で組み立てるだけではなく、相手を思いやったり、あらゆる次元に想像を行き来させ創造する音楽だと思います。

そしてそれは箏に関して言えば高等な技術をもってこその音楽だ、と思っています。

という訳で、どうしても技術面中心のレッスンに偏りがちで想像力を養うレッスンをしていないなぁ、と振り返って思いました。

また当教室では、ほとんどの人が17絃箏を弾きます。
17絃は、大正時代に宮城道雄氏によって作られた楽器ですが、何故か遠い太古を彷彿とさせる響があります。


Kat
  Katさん、はじめて挑戦しています。






|

« 東京稽古日 | トップページ | 東京稽古日 »