« 第14回 八木美知依箏曲演奏会への道のり IX | トップページ | 第14回 八木美知依箏曲研究室演奏会への道のり XI »

2019年7月17日 (水)

第14回 八木美知依箏曲演奏会への道のり X

 皆様にお出しした挨拶文を掲載いたします。
参考にして頂ければ幸いです。お天気が心配ですが是非、皆様お越しください。

 

 

 元号が令和になり、皆様方におかれましては心新たにご健勝の事とお慶び申し上げます。

さて、私ども八木美知依箏曲研究室は 14 回目の演奏会を催す運びとなりました。

曲目は、吉沢検校作曲「千鳥の曲」に 17 絃箏のパートを自身で作曲し、書き加 えたもの。江戸時代に箏の手ほどき用の曲として書かれ、今では箏といえば、と いうほどの名曲「さくらさくら」を箏四重奏に編曲し書き上げたもの。子供たち の演奏による久本玄智作曲「三段の調」の他、私の作品で「十六夜」。そして新譜 の CD に収録した「森の中へ」を箏シンフォニエッタとして更に手を加え、新た な編成で世界初演をいたします。

今回のプログラムでは 3 曲に様々な発声法による歌を取り入れ、古より密接な 関係が続いている<声と箏>に焦点を当てております。

ゲストは、今や日本ジャズ界のトップを走るコントラバス奏者の須川崇志さん、 ドラム・キットを含むあらゆる打楽器を学んだ後、現在は中近東を発起点とする フレーム・ドラムの達人として知られるクリストファー・ハーディさん、そして 同門の箏演奏家で、国際的に活躍している磯貝真紀さんをお迎えし、今までにな いサウンドを皆様と共に分かち合いたいと思っております。

会場は一昨年同様、名鉄太田川駅に直結した東海市芸術劇場。開場は 14:30、開 演 15:00 とし、遠方の方にもご帰宅しやすいようにいたしました。

ご多忙とは存じますが、お誘い合わせの上、ぜひ足を運んで頂きたくご案内申 し上げます。

                                                                八木美知依箏曲研究室
主宰 八木美知依
Photo_20190717222901

Photo_20190717222902

2_20190717222901

この時期になると坂道を走りたくなります。上りきると風が気持ちいいです。

 

|

コメント

コメントを書く






« 第14回 八木美知依箏曲演奏会への道のり IX | トップページ | 第14回 八木美知依箏曲研究室演奏会への道のり XI »