« 八木美知依ソロ II | トップページ | 第14回 八木美知依箏曲研究室演奏会  VIII »

2019年7月10日 (水)

第14回 八木美知依箏曲研究室箏曲演奏会への道のり VII

 さて、7月20日の本番で共演する打楽器奏者クリストファー・ハーディーさん。実は初共演です。音楽評論家の関口義人さんが私たちの対談を企画してくださり、その後お互いの音楽を聴きに行くようになったのですが、今回、大胆にも私だけでなく私が主宰する団体そのものと初共演となりました。クリストファーさんはものすごい数の箏を見て驚かれるのではないでしょうか。世界初演となる「箏シンフォニエッタ 森の中へ」ではクリストファーさんのフレームドラムのソロコーナーもあります。「劇場全体を響かせたい」と仰っているクリストファーさん。とても楽しみです。私とクリストファーさんを結びつけてくれた関口さんに感謝いたします。

Photo_20190710195801

 さて、その関口義人さんが書かれた「越境する音楽家たちの対話」が先週出版されました。ご興味のある方は是非、読んでみてください。

Photo_20190710195501

 そして下記ですが、チケットはまだ余裕があります(なにせ大ホールですので)。この機会にぜひ現代に生きづいている箏の世界を聴きにいらしてください。

Photo_20190710195901

|

コメント

コメントを書く






« 八木美知依ソロ II | トップページ | 第14回 八木美知依箏曲研究室演奏会  VIII »