« 2019年10月 | トップページ

2019年11月14日 (木)

箏の顚末Vo.10

 松山シネマルナティックにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。大勢の人たちが一つのスクリーンを見て笑ったり、手を叩いたり。映像も皆さんの音楽も素晴らしいけれど、その光景そのものに胸が熱くなりました。

 私は、山本精一(g)さんと「吸血鬼ノスフェラトゥ」、坂田明大将との「キートンの探偵学入門」を演奏しました。コメディを箏でダサくなく45分演奏する事に、いろいろ考えましたが大将の万人を魅了する音、声。始まる直前に思いついた調弦とちょっとした工夫で弾いていても楽しいものになりました。そして大友さんと山本さんの148分に及ぶ「メトロポリス」。圧巻でした。終演後、映画にも音楽家のエネルギー、そして企画した田中さん、すべてのものに感謝する拍手で会場が一つになりました。映画館も満員御礼の賑わい、てんやわんやで楽しそう。「さすがに長時間、映画見るとお腹すくね〜。」と受付で売っているクラッカーにサラダを乗せたおつまみを買って話し込む方々。幸せな気分になりました。もっと松山にいたい気持ちになりました。

本当に皆さま、ありがとうございました。
Photo_20191114225001
 私の曲「朝露」でサウンドチェック中。大友さんの危ない美しいギターが、、。


2_20191114225001
 
Photo_20191114224901
 自撮りが下手ですみません。山本精一さん(g)と。
山本さん、「大きな音を出すことが僕の人生の目標ですが、今日は違いますから。」と仰っていました。
あまり信用していませんでしたが本当に繊細な音の移り変わり、思慮に感動しました。

3_20191114225001
 

 そして、明日は朗読の松浦このみさんと「箏の顚末Vo.10」会場は、今月頻繁に
お世話になる渋谷、公園通りクラシックス。作品は、松尾芭蕉「奥の細道」、恩田陸「カタツムリ注意報」です。このみさんが現代に通じる松尾芭蕉の心情を読み解いていきます。本当に素敵ですよ。是非、日本の旅情を楽しみにいらしてください。
2019vol10_20191114225801
11月15日(金)

箏の顚末 vol.10

出演: 松浦このみ(朗読)、八木美知依(17絃箏、21絃箏、エレクトロニクス)

作品: 恩田陸 作「かたつむり注意報」、松尾芭蕉作「おくのほそ道」より

八木美知依ソロ演奏有り
開場: 19時、開演: 19時30分

会場: 公園通りクラシックス Tel:03-6310-8871
予約: 3,000円、当日: 3,500円
ご予約はhttp://www.gusuto-de-piro.com/もしくは、info@gusuto-piro.com  yagiquery@yahoo.co.jp



 

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

第2回 生演奏付 松山無声映画上映会 II

 明日から2日間、生演奏付 松山無声映画上映会が愛媛県松山市のシネマルナティックで行われます。
映画の内容はおおよそ把握したものの何と言ってもデュオでの即興演奏。どのようになるのか、観客の皆様と共に楽しみたいと思います。

11月9日

第2回 生演奏付 松山無声映画上映会18時30分開場、19時開演
吸血鬼ノスフェラトゥ」染色復元版 95分
監督:  F.W.ムルナウ 主演: マックス・シュレック

演奏: 八木美知依(箏、エレクトロニクス)+山本精一(ギター、エレクトロニクス)


山猫リュシュカ
監督: エルンスト・ルビッチ
主演: ポーラ・ネグリ
演奏: 大友良英(ギター他)+坂田明(アルトサックス他)

会場・お問い合わせ シネマルナティック 松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F Tel 0829-933-9240
http://cinemalunatic.sx3jp1日券 前売り2,500円、当日3,000円(高校生以下1,000円)

11月10日(日)

第2回 生演奏付 松山無声映画上映会
15時開場、15時30分開演
キートンの探偵学入門
監督・主演: バスター・キートン
演奏: 坂田明(アルトサックス他)+八木美知依(箏、エレクトロニクス)

メトロポリス」復元版
監督: フリッツ・ラング
主演: ブリギッテ・ヘルム
演奏: 山本精一(ギター、エレクトロニクス)+大友良英(ギター他)

会場・お問い合わせ シネマルナティック 松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F Tel 0829-933-9240
http://cinemalunatic.sx3jp

1日券 前売り2,500円、当日3,000円(高校生以下1,000円)2日間通し券(前売りのみ)3,500円
両日とも全自由席(2本立て入れ替えなし)  
Photo_20191108224601
Photo_20191108224602
愛媛新聞の記事も参考になさってください。
Online
 お待ちしております。



 

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

邦楽即興プロジェクト2019と第2回 生演奏付 松山無声映画上映会

 

 邦楽即興プロジェクトに参加させて頂きました。
小濱 明人さん(尺八)と初共演。尺八とのデュオでスティーブ・ライヒ的といいますか、自作曲の Monsoonのような展開にもなったのは新鮮でした。桜井真樹子さん(白拍子)、中村仁美さん(篳篥)中山晃子さん(プロジェクター)にも久しぶりにお会いでき嬉しかったです。

Photo_20191107165801
写真: 小山ひとみ
2_20191107165801
 写真: 小山ひとみ
3_20191107165901
4_20191107170001
 さて、明後日は愛媛県松山市に伺います。
無声映画の音楽を担当します。
バスター・キートンの探偵学入門は、1921年に製作されたにも関わらず今見ても新鮮。もちろんCGなどない時代なのに手に汗握る見事なコメディーアクションを決め、特撮までやっているという貴重な映像です。こちらは、坂田明さん(s、cl)とデュオで。
そして「吸血鬼ノスフェラトゥ」は山本精一さん(g)とデュオでお聴きいただきます。背筋が凍るような音楽になったら、と思っております。

Photo_20191107171801

第2回 生演奏付 松山無声映画上映会
11月9日(土)

18時30分開場、19時開演
吸血鬼ノスフェラトゥ」染色復元版 95分
監督:  F.W.ムルナウ 主演: マックス・シュレック

演奏: 八木美知依(箏、エレクトロニクス)+山本精一(ギター、エレクトロニクス)

山猫リュシュカ
監督: エルンスト・ルビッチ
主演: ポーラ・ネグリ
演奏: 大友良英(ギター他)+坂田明(アルトサックス他)

会場・お問い合わせ シネマルナティック 松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F Tel 0829-933-9240
http://cinemalunatic.sx3jp



第2回 生演奏付 松山無声映画上映会
11月10日(日)

15時開場、15時30分開演
キートンの探偵学入門
監督・主演: バスター・キートン
演奏: 坂田明(アルトサックス他)+八木美知依(箏、エレクトロニクス)

メトロポリス」復元版
監督: フリッツ・ラング
主演: ブリギッテ・ヘルム
演奏: 山本精一(ギター、エレクトロニクス)+大友良英(ギター他)

会場・お問い合わせ シネマルナティック 松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2F Tel 0829-933-9240
http://cinemalunatic.sx3jp

 

1日券 前売り2,500円、当日3,000円(高校生以下1,000円)

2日間通し券(前売りのみ)3,500円
両日とも全自由席(2本立て入れ替えなし)  

お近くの方は是非、遠方の方も貴重な週末になると思います。
お待ちしております。


 

 

 

 



 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

邦楽即興プロジェクト2019

 11月2日落合 Soup、3日公園通りクラシックスにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。両日とも楽しかったです。そして明日は、邦楽即興プロジェクトに出演させて頂きます。こちらも、楽しみです。どうぞ、お越しください。
11月5日(火)
邦楽即興プロジェクト2019
開演: 18:30、開演: 19:00
前売: ¥3500、当日: ¥4000
場所:ハーフムーンホール(下北沢)
予約: sukotojordan@gmail.com
(又はfacebookのイベントページ)


演奏家:

八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)
小濱明人(尺八)

中村仁美(篳篥)
桜井真樹子(白拍子)
辻祐(太鼓)

鶴山欣也(舞踏)
中山晃子(alive painting)
今井尋也(小鼓)
大塚惇平(笙)
今西紅雪(箏)
石引康子(琵琶)
Andre van Rensburg(尺八)
Scott Jordan(三味線)
Hogakusokkyo2019sample_20191104182701
Photo_20191104182701
カール・ストーンさん(ラップトップ)と池田陽子さん(vl)
1_20191104182701
 私は吉田達也さん(ds)とデュオで出演。吉田さんの美しい歌声ものりのりで楽しかったです。
Photo_20191104182703
Billyjpg
 もう一つキットがあったらツインドラムスになったかも。
Photo_20191104182702
 Nicolas Fieldさん(ds),Gregor Vidic さん(s)
1_20191104182801

 明日も、素敵な1日にしたいと思います。皆様、ぜひお越しくださいませ。

 

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

明日、明後日

 早いもので今年もあと2ケ月になりました。
まずは明日、明後日。
明日は、和ルインズ?(図々しいでしょうか?)久しぶりに吉田達也さん(ds)とデュオで出演します。
他の出演者も興味深い方々ばかりで聴かせていただくのも楽しみです。

11月2日(土)

The Tone Presents
SIGNALS DOWN

出演:  Carl Stone(コンピューター)ソロ、  Carl Stone、池田陽子( vl,va)デュオ

Gregor Vidic(s)、Cal Lyall(g)、Nicolas Field(ds)トリオ

八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス)吉田達也(ds)デュオ

DJ: BEERMAIKE(SUPERDELUXE)
会場: 落合soup
料金: 2,000円(1ドリンク付)

開場: 19時、開演: 19時30分
Photo_20191101202701


11月3日(日)
『Field-Vidic Duo + Michiyo Yagi』
出演: ニコラス・フィールド(ドラムス)、グレゴール・ヴィディッチ(サックス)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス)
会場: 公園通りクラシックス

開場19:30、開演20:00
チャージ: 予約¥3000、当日¥3500(+ドリンク代)
東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F
Tel: 03-6310-8871
http://koendoriclassics.com/

 伝統的なフリー・ジャズ奏法にコンテンポラリーな実験的音楽の要素を自由に取り入れるニコラス・フィールドとグレゴール・ヴィディッチは、互いの文化的多様性を反映した密度の濃い即興演奏を聴かせるデュオである。
 75年にイギリスで生まれ、オランダで音楽を学び、母の出身地スイスを拠点として選んだフィールドは欧州前衛ジャズ・シーンで名を挙げ、Alexandre Babelとのドラムス・デュオButtercup Metal Polish、Stephen O'MalleyやDaniel O'Sullivanらが結成したアヴァン・メタル・プロジェクトAethenor、さらにオランダの凶暴インプロ・トリオCactus Truckらと共演しながら、ヴィジュアル・アーツや舞台劇の世界でも活躍。親日家のフィールドは過去に数回来日しており、坂田明、坂田明、秋山徹次、灰野敬二、大友良英、高良久美子ら数多くの日本人アーティストとの共演歴がある。
 ヴィディッチは84年、旧ユーゴ時代のスロヴェニア生まれ。7歳からスイスに移り住み、ギター、ドラムスを経て18歳からクラシック・サックスを学ぶ。プロ育成ジャズ学院として定評のあるジュネーヴのAMR-CPMジャズ・スクール卒業後は活発なスイスの即興音楽シーンを土俵とし、4年前からField-Vidic Duoを活動の核としている。
 2人が公演通りクラシックスで共演するのはハイパー箏(こと)奏者、八木美知依。あらゆるジャンルでその超絶技巧ぶりを発揮している八木が特に得意としているのがフリー・インプロ。ハイ・エナジーなField-Vidic Duoとの共演はきっとエキサイティングなものとなるだろう。乞うご期待!
Photo_20191101203001

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ