« 愛知レッスン | トップページ | kong tong »

2020年2月10日 (月)

愛知レッスン&Tortoise

 高橋ひろちゃんは、現在三木稔作曲「竜田の曲」に挑戦中ですが、レッスン後半10分に即興にも挑戦してもらいました。
それが数年前とは別人と思うほどの魅力的な演奏で驚きました。
演奏活動だけでなく結構、指導にも力を入れている私。
書き譜演奏も即興演奏も共に実力のある人はでないものだなぁ、と思っていましたがひろちゃんのこのところの即興演奏は私を十分に勇気付けるものでした。
2日後も同じ形態でのレッスンでしたが、私が若干調弦にトリックを入れました。その音を避けたり、入れたりもでき、しかも10分の演奏でと言ったら10分2秒。
感情的でありながらも冷静。単純に聴き手としてすごいなぁ、と思いました。とにかく努力を継続させていけば実るものだと実感しました。

2月9日(日)
レッスンの後、 シカゴのインストバンドToetoiseを聴きにブルーノートへ。
このところ我が家で流行っているJeff Parkerもメンバー。

20代をシカゴで過ごしたドラマー、田中徳崇さんの友人たちのバンドでもあります。
 田中ノリくんと言えば、ブラインドフォールド・テストをしたら録音マイクの機種まで当ててしまという..................超オタク💧
その友達なんだから、またもや超オタク音楽のようにも思えますが、一見テクノのようで、アンビエントようで、リズミカルでメロディックで、いたって聴きやすい。
 97年の傑作アルバム『TNT』の再演(再現?)を引っさげての来日でしたが、このアルバルの作り方が当時としてはやっぱりオタクでした。いち早くハードディスク・レコーディングを採用。演奏した音をテープに録音せず、初めからハード・ディスクに記憶した音像をパソコンで編集、と今では当たりまえですが、当時はまだ画期的。
 生演奏と比べると、アルバムの音はちょっと不自然な感じ。ミックスの時点でパート毎に小節変換などもして編集してるので、あるパートのあるはずのサステインがなかったり、ドラマーとして絶対にやらない演奏などがあるらしい。
 『TNT』の再現はゲストも含めて総勢10名。
 即興は殆どなく、 CDとして作り上げた音楽を楽譜にし記憶した演奏が進みます。6拍子の曲の場合、メロディーは、それで進んでいくのにドラミングは考えられない音の束がそこかしこに。しかし、実際に聴くと、アルバムやyou tubeで見るよりも遥かに面白いです。
 後でノリくんに聞きましたが、ドラマーのジョン・マッケンタイヤーやジョン・ハーンドンは、違うバンドや即興でも6拍子になるとこのようなドラミングをするようになっているとか。
 本当に面白いバンドでした。
 ノリくんは現在、福岡県に住んでいますが、東京にいる頃よりも電話で話したり会ったりできています。不思議だね〜。
 





Photo_20200210182401
Tortoiseのメンバーと田中徳崇くんと。
私が座っている場所では後ろ姿しか見えなかったのですが、波多野敦子さん(vl)が1st setで参加されていました。
2_20200210182901
 また演奏しましょう〜、と盛り上がりました。


若い人でいっぱ〜〜〜い。(ブルーノートにしては、珍しいと思う。)満席どころか立ち見も大勢。
アルバムの作り方からいって踊れそうで踊れませんが熱気ムンムンでした。

私の次のLiveは2月16日(日)
『中村達也 サンデーセッション Vol.1 feat. 八木美知依』
Tatsuya Nakamura Sunday Session Vol.1 feat. Michiyo Yagi
2.16 sun. @kong tong
16:00開場/17:00開演
*All standing
東京都世田谷区池尻3-30-10
三旺ビル5F TEL.03-5431-7329
前売¥3500(w/1 drink)、当日¥4000(w/1 drink)
チケット予約 https://www.quartet-online.net/ticket/sundaysession
 至近距離です。

Photo_20200203000401

 そしてもう一つ: 須川崇志さんに推薦してもらった高校生ドラマー、中村海斗くんが八木美知依トリオに参加してくれます。海斗くんのお父様はなんとデヴィッド・ボウイやロイ・エイヤーズのドラマーだった故デニス・デイヴィスさん。放課後に来てくれるそうです。楽しみ〜。

2月28日(金)
『八木美知依トリオ』
出演: 八木美知依(21絃箏、17絃箏、エレクトロニクス、voc)、須川崇志(b,cello)、中村海斗(ds)
会場: 公園通りクラシックス
開場19:30、開演20:00
予約3000円、当日3500

 さらに以下も要チェック。内橋さんとひっさしぶりに duo。かつて「彩弦」という名前までつけて共演させて頂いていました。是非、お越しください!

3月1日(日)
『八木美知依&内橋和久 デュオ』
出演: 八木美知依(21絃箏、エレクトロニクス)、内橋和久(g、エレクトロニクス)
会場: 下北沢 Lady Jane
開場19:00、開演19:30

料金: 予約3000円、当日3500円+ドリンク代

 そして満を持して「道場」がプチ・ツアーをします。ご予約をお待ちしております!

4月23日(木)名古屋Valentine Drive
出演: 道場〜八木美知依: エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、voc)、本田珠也(ドラムス)
料金:予約3500円、当日4000円
開場19:30、開演20:00

4月24日(金)甲府 桜座
出演: 道場〜八木美知依: エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、voc)、本田珠也(ドラムス)
料金:前売り3000円、当日3500円(ドリンク別)
開場19:00、開演19:30

4月25日(土)公演通りクラシックス
出演: 道場〜八木美知依: エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、voc)、本田珠也(ドラムス)
料金:前売り3000円、当日3500円(ドリンク別)
開場19:00、開演19:30

 愛知県、山梨県、近郊の皆様、そしてもちろん東京でも、生「道場」是非!

 そしてそしてついに...

5月10日(日)
『八木美知依ダブル・トリオ』
会場: 新宿PIT INN
出演: 八木美知依(エレクトリック21絃箏、17絃ベース箏、エレクトロニクス、voc)、須川崇志(コントラバス、チェロ)、Marty Holoubeck(コントラバス)、本田珠也(ドラムス)、Christopher Hardy(パーカッション、ドラムス)

 八木美知依ダブル・トリオ...何故ダブルトリオと名付けたかといいますと、性質、音域の異なる21絃箏と17絃箏を一人でたくみに使い、曲と即興においてもそれらを交差させたい、と思ったからです。ドラマーもベースも性質が異なる二人にお願いしました。
 今回、もの凄い贅沢なメンバーと演奏できます。ああ、幸せ。この幸せを皆さまとわかちあいたいです。

 お待ちしています。

 

|

コメント

コメントを書く






« 愛知レッスン | トップページ | kong tong »