« 愛知稽古場の休みについて | トップページ | 八木美知依ダブルトリオ公演延期 »

2020年4月14日 (火)

がんす

 正しくは広島県呉市の広のお惣菜「がんす」。三宅水産さんが元祖。
 安価なので古い油で揚げていたらいやだなぁ、と思っていましたが、「ここはいなげなことはしよらん」とMarkの(根拠のない)言葉に背中を押され買いました。
1_20200413230901
 テレビニュースを添付しました。お時間がある方はこちら見てみてくださ〜い。
 これをこのまま封から開けて食べるというソウルフードですが、私は裏書きに「このままでも、もしくはトースターで焼いても」とあったのでキッチンペーパーを敷いてトースターで焼いて頂きました。
 基本的に魚の練り物を揚げたものですが、玉ねぎも入っているのでほんのり甘く、その後唐辛子の辛さがうっすら残ります。
 B級の美味さです。
 いわゆる蒲鉾の味がついていますが、少しワサビ醤油をつけても、またテレビでも言っていますが紫蘇を巻いて頂いても美味しいかと思いました。
2_20200413232501

 昨夜は世田谷に住む友人と電話。
 渋谷、六本木、銀座は人が減ってるけど、世田谷はいつもより人が多いよ〜、と。ジョギングしようと思い外に出たら、あまりの人の多さにそのまま自分の部屋に戻ったとのこと。
 ちょっと帰京する事が恐いです。

 ここでは、あまり政治的な話はしたくないのですが、この国の首相。私の、あなたの代弁者、私たちの代表者という気がしますか?
 
テレビを見ているとヨーロッパのいろいろな国の首相と国民の関係は近い、と思います。昨年、演奏に行ったパリでは、週末は習慣的にデモをして常に政治に物申すという態度を明らかにしていましたし。どの国でも自分の声を国会で生かしてもらう為に選んだ人、自分の税金で雇っている、という政治家よりも上に立った意識を感じます。私は、音楽活動を全する事で広く政治を批判物したり、物申す事に繋がると思っていました。が、それもこの調子ではどれだけできるかわかりません。
 
これから生まれてくる子供達が生きることに失望しないよう、つたない言葉であっても発信していかないといけない、と思うこの頃です。

 皆さま、どうぞ気をつけてお過ごしください。

 

 

|

コメント

コメントを書く






« 愛知稽古場の休みについて | トップページ | 八木美知依ダブルトリオ公演延期 »