« 2020年4月 | トップページ

2020年5月25日 (月)

面白かった。

  Tokyo Weekender Lockdown Party Instagram Live楽しかったですね。
司会の方がDJをしながら大いに盛り上がっていらっしゃり静かな部屋で見ていても、参加している気持ちになりました。
これも新しい形の文化なのでしょうね。
高橋ひろちゃんやひとちゃんがリアクション(で、よいのかわかりませんが)をしてくれたのが嬉しかったですね。
また普段お会いしない方々のコメントも頂き楽しかったです。
聴き?見逃された方は私の演奏のみYouTubeにアップしましたので是非、こちらをご覧ください。

 さて本日は親戚のようなお付き合いをさせて頂いているスペアリー家の法事後の食事会に伺いました。
このような時期ですが皆、元気でほっとしました。
その後、家の片付けで出てきたMarkの古いお守りなどを廿日市にある速谷神社に納めにいきました。
Photo_20200525002401

 みなさまの体と心が健やかでありますように。

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

Tokyo Weekender Lockdown Party

 明日午後7時からTokyo Weekender Lockdown Party Instagram Liveが行われます。私も参加し、午後8時ごろに配信される予定です。
よろしければ見てくださ〜い。

https://www.tokyoweekender.com/2020/05/announcing-tw-together/

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

黒ちょうちん

 緊急事態宣言が解除されましたが広島県では、土地柄として常に危機感を持っている人たちが多いのか、浮かれた感じは全くなく、皆マスクをして人同士も、ほどよい距離感が保たれているような気がします。
私は、毎朝、自分で決めた事をこなしテレビをつけます。当然のことながら全ての局で感染について報道しています。
海外の音楽家とも、この話題でメールのやりとり。世の中の全てが変わった、と思います。しかし、ふと見る窓からの景色は、いつもと変わらず穏やか。
私だけがそう思っているわけではないと思いますが、まるでSF映画さながらの状況ですよね。

 週末に家族同然の付き合いをしている友人のお父様の一周忌があり、食事の誘いを受けました。
遠方の家族はこのご時世ですから移動はとりやめて来ないとの事、近くに住んでいる人同士だけで、こじんまりとした一周忌を行うそうです。
でも、考えてみれば飛行機がない頃は、遠方の人は来られない、なんて当たり前でした。
遠方で暮らしている家族は、お正月には来られるの?なんていう会話が昔は普通でした。
現代では、東京からであれば飛行機や夜行バスなどを使って翌日に国内のたいていの所へは行けるようになりました。
随分、自然に逆らって今日の便利を得てきたなぁ、と思うこの頃です。

この緊急事態が収まった暁に、私たちは新しい一歩を踏み出せるのでしょうか。
踏み出さなくては、今の子供たちに大変な思いをさせてしまうのではないか、と思っています。

子供達と言えば愛知県では、高橋の自宅で子供のレッスンのみ再開する事になりました。
私が監修した映画音楽の独奏曲を練習しているとの事だったので、せっかくなので、その曲から始めます。
礼儀を学び、楽しく箏を弾いていってもらいたいです。

大人は東京、愛知県共々、6月から始める予定です。生徒の皆様、もうしばらくお待ちください。
しごきますよ〜。いえいえ、冗談です。


私のLive第一弾は下記になるでしょう。

7月14日(火)

たび重なる異星人の侵略に立ち向かうべく結成された地球防衛隊、その名は...黒ちょうちん!

出演: 中村達也(ドラムス)、八木美知依(エレクトリック21絃箏、エレクトロニクス)、ナスノミツル(エレクトリック・ベース)、中山晃子(アライヴ・ペインティング)
会場: 新宿PIT INN

開場19:30、開演20:00
3500円(税別、1ドリンク付き)

出動できることを祈ります。

Photo_20200519220601
 

 さて、高橋のアレンジレッスン。
今回は、私が書き高橋に弾いてもらいました。17絃箏用です。
愛知県の生徒さんは、殆どの人が17絃箏を持っていますが、この機会に楽器ケースから出して柱をかけてくれると良いなぁ、と思っています。
Photo_20200519221901
 それにしても弘ちゃん、ある現代音楽の調弦を考えてもらいましたが、私が考えたものよりはるかに美しい共鳴がして良かったです。(しかも、ものの数分での返信。)
しかも、想像で前後の曲も考え転調がなるべくないように、との配慮。
ほんと、いつの間にか、ものすごい成長を遂げていて感心しました。
 しかし、そろそろ、この立体感のない人との会話を飽きてきましたが、、。

皆さま、どうぞお体を大切に。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

難波Bears

 難波Bears、山本精一画伯の護符が届きました。
終息後には、延期になった本田珠也さん(ds)とのデュオ「道場」ツアーで伺えたら良いな〜、と思っています。
厄を払い、幸せを呼び込んでもらいま〜す。
私も欲しい!という方はこちらからどうぞ。額は、ついてきませ〜ん。
Bears
 何もしていないのにキッチンに置いてあった蘭がどんどん花を咲かせています。
1_20200513205201
2_20200513205201
3_20200513205201
 根のつきかたからして、これも欄のように見え受けられます。
庭には、鶯、モズ、メジロ、スズメ、山鳩、そして一昨夜は、なんとタヌキが来ました。
地味に動植物園です。

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

疲れ

 本日は、このところの疲労が重なり、ひろちゃんとのミーティング以外何もできませんでした。
Photo_20200509205701
 アレンジ曲は某TV番組の主題歌でした。
13本の糸で、曲の意図を最大限に表すのは、ちょっとしたテクが要りました。

さて、私の長所でもあり短所。ものごとの限度がわからない、ということでしょうか。

先日、庭に生えた竹の子を近所のおじさんに切ってもらいましたが、一昨日また数本の竹の子を発見。大きくなる前に切らなくてはいけません。それで、自分で掘ってみました。見よう見まねで。

意外にも、上手くいき根から綺麗にサクッと切れました。もちろん現在、筋肉痛。
Photo_20200509210701
 スーパーでいりぬかを買い、さっそく茹で
1_20200509210801
 鮑ご飯、タケノコのお吸い物、煮豚。
Photo_20200509211001
煮豚を作った残りのスープを使ってラーメンを作りました。支那竹代わりの味付けなしの竹の子も登場させました。
そしてピーナッツバターとマーマレードのケーキ。この他にもバナナケーキも。
Photo_20200509211201
Photo_20200509211301
 なんと、庭にあった枇杷の木でお茶づくりも。洗って綿毛をとったり、やってみたら結構時間がかかりました。でも、当然のことながら無農薬。飲んでみるのが楽しみです。


Photo_20200509211401
 呉市で見つけた、美味しいチーズケーキを出すYAGI CAFEさんで一息。

とまぁ、これらはほんの一部。

この調子で日々過ごしていたら、どっと疲れが。なので、Markにステーキを焼いてもらいました。270g。
Photo_20200509211901
 これを食べ、よく寝て、明日は復活したいです。
今日は、少し冷えましたからね。皆様も、慣れない難しいリズムでお過ごしの方もいらっしゃる事と思います。
収束後に、あんなこともあった、こんなこともあった、と笑い話になるようにしたい、と思っています。

Photo_20200509213101
 蘭が満開になりました。


| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

謎の侵略者の行く末

 エイリアンのように我が家に迫っていた筍。
ご近所さんが全て掘ってくださいました。
Photo_20200504140001
 その中でも柔らかそうなものを見つくろって米ぬかも頂いたので茹でました。

2_20200504141001
3_20200504140001 
 ものすごく柔らかくて美味しかったです。このような時世でなければ味わえないものでした。

 そして、生徒さん用箏独奏曲の第2弾も完成し、近々にリクエストしてくれた生徒に送ることになっています。
E0⃣0⃣ILさんの曲を弾いてみたかった生徒さん、楽しんでくれるといいなぁ、と思っています。
写真は、高橋弘子。編曲中を自宅にいらっしゃるご主人が撮ってくれました。仲が良くて微笑ましいです。ひろちゃんにとっても私にとっても、この時世のありがたい1枚です。
Photo_20200504142501
 さて自粛生活で外食頼りだった私は、初めて竹の子も茹でましたし、パンもケーキも焼いて、ほぼ三食作るようになりました。家の整理も少しずつしています。
しかも高橋と始めた新しいプロジェクトの他、もう一つ進行させているので、ほぼ家の中で過ごしているものの以前と変わらず忙しくしております。

ただパンやお菓子を作りすぎて「食べグセ」がついてしまい、顎の下がふっくらしたような。

そのような中、ほったらかしにしてあった蘭に花が咲きました。しかも、まだ沢山、蕾がついています。
亡義母からのプレゼントでしょうか。
これも、このご時世だからこそ、さらにありがたく思います。
Photo_20200504145101






| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ