« 面白かった。 | トップページ | 黒ちょうちん時間変更 »

2020年6月 1日 (月)

6月になりました。

 みなさま6月に入りました。
昨年末コロナ感染の噂が始まり、それが現実のものとなり今年も半分が過ぎようとしています。
緊急事態宣言は解除されましましたが、政府の言うことをどこまで信用していいのやら。とは言うものの自粛ばかりでは、さすがに鬱気味、気分も落ち込みます。
 毎日、何かしらの責任をこなしてきた私にとって、それがすべて不必要になる自由は初めて経験する苦しい日々でした。
友人のサックス奏者 Ken Vandermarkから「真に音楽家として試されている時がきた。」というメールをもらいましたが頭ではわかっていても気持ちがついていかない、という状況でした。それで、とにかく以前から着手したいと思っていた作曲に取り組み新曲を50曲
書きました。そのほかに生徒の為の課題曲も高橋と共に多く編曲しました。
これらは、今月に入ってもまだ続きます。
考えてみれば音楽家らしい日々を過ごさせてもらっております



編曲は足枷のある作曲といっても過言ではありません。
特にイントロやアウトロなど。曲の全体像を知り箏という楽器の特性を知り、自分の音楽性も身につけていかなければいけません。
課題曲をたくさん与えられて練習にあけくれている生徒もいるかとは思いますが、高橋はいつも以上に楽器の前に座っていたのではないか、と想像しています。(尋ねていませんが)
その甲斐あり毎回、毎回、編曲の腕を上げ、常のレッスンよりも多くのことを伝えられたような気がします。
私自身、限りある命、いつ何があっても悔いがないよう伝え残していきたい、という気持ちも強くなり良い取り組みだったと思っています。





現在は、9月25日、26日に東京芸術劇場で行われるボンクリフェスティヴァルで演奏する曲を書いています。
3日間、最初の数分の書き直しばかりで、この後、自分のイメージにたどり着けるのか、そしてそれが実際に演奏できるのかも含め実験中というところでしょうか。
公演が第二波などの影響を受けないことを祈っています。一人でも多くの皆様に聴いて頂きたいと思っております。
初日が箏カルテット、2日目がアイビン・オーセット(g)とのデュオです。

ぜひ、ご予定にいれてください。
Photo_20200601215501
 
1_20200601215701
 写真は、ひろちゃんが書いた曲のレッスン件ミーティングです。完璧に弾きこなしてくるので聴いていて楽しいですね。

そして話変わって毎日、後片付けもしている私。
今日は、広島粗大ゴミセンターへ行ってきました。
まるで近未来的な設備。
簡単な書類を提出して 本棚、机、古い掃除機2台、電灯の大きなカバーなど車いっぱいに積んだ荷物を無料で引き取ってもらえます。
世田谷区もこうなったら良いのにと思いました。
Jpg
 車で処理現場に向かい決められた番号の場所で捨てられますが係の人も手伝ってくれとても簡単でした。
2_20200601220401
 気持ちもスッキリしました。
この作業も、まだまだ続きますが気軽にできることがわかり安心しました。

皆様の心と体がすこやかでありますよう。

 

|

コメント

コメントを書く






« 面白かった。 | トップページ | 黒ちょうちん時間変更 »